ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

Q&A

【ゆめ風基金】の趣旨を簡単に説明してください。

簡単には二つあります。

  • 自然災害で家や作業所を失った障害者市民を長期にわたり支援し続けること。
  • いつ、どこで、大災害が起こるかもしれません。その時、その地域の障害市民に基金をそっくり活用してもらうこと。今回の震災で速効性のあるお金が必要だ、と痛感しました。この二つの目的に向けて、10億円の基金を目標とし、被災障害者を支援しつつ(現在の金利は最悪状態。一日も早く基金を増やさねば…)、元金の基金には手を付けず、いつ起こるかわからない大災害の備えにします(大自然への畏敬をこめて)。
基金って?今すぐ必要ではないんですか?

そう、大災害にはすぐにお金が必要です。でも長期にわたる支援金も必要です。阪神淡路大震災や東日本大震災では、被災地の障害者が中心になり、ネットワークを活用し、すぐに「障害者救援本部」を設置しました。そして全国の仲間に呼びかけてカンパを募り、当座の避難所暮らしの費用やプレハブ設置に活用しました。ところがご承知のように、こうした熱気は冷めやすいものです。

「被災地の障害者仲間を、ずーっと応援する」。これが【ゆめ風基金】のモットーです。

この運動に参加したいのですが…どうすればいいの?
会員になられたら10年かけて1万円(1年では1,000円)を提供してほしいのです。送金は郵便振替をご利用ください(郵便振替口座=00980-7-40043)。会員が10万人集まると10年間で10億円がプールできる、というわけです。
10万人を集めるって!ほんとうに可能なんですか?
正直いって、わかりません。ゆめ半分かもしれません。でも、何としても10万人集めたい!心意気です。そのために参加しやすい方法を選んでいただけるよう、二つの会員の形をつくりました。●呼びかけ人●賛助会員で構成します。
「呼びかけ人」って?
友人や家族に「こんなのあるよ」と趣旨を伝えてくださる人。こうして輪を広げてほしいのです(ひとりが10人に呼びかけると…呼びかけ人代表、小室等さんはあちこちでPRしてくださっています)。
「呼びかけ人」と「賛助会員」はどうちがうのですか?
どちらも10年間で1万円を提供していただく点は変わらないのですが、「賛助会員」とは、自分は参加できるが他者に呼びかけるのはちょっとムリ…と、おっしゃる人のこと(谷川俊太郎さん、笑福亭仁鶴さん、吉永小百合さんなどが「賛助会員」です)。
一時的なカンパでも、いいんですか?
大歓迎です。催しや行事の機会に【ゆめ風基金】を呼びかけて、一時的なカンパをしてくださる個人・団体の方もけっこうおられます。コンサート、講演会、シンポジウム、展示会…の折りに、よろしくお願いします。
個人ではなく、団体の参加でもかまいませんか?
もちろん個人・団体を問いません。二つの会員の形、どの場合でもご自由に。もっともも参加しやすい形を選んでいただければ…。とにかく一日でも早く目標を達成したいのが、正直な気持ちです。

10年かけて…は忘れそう

10年分の1万円を一度あるいは数回で送金したい…?

これも大歓迎!でもこちらからのニューズレター「ゆめごよみ風だより」はずーっとお届けします。
ボーナス時に…など、不定期な送金でもいいですか?
もちろん結構です。ご自由にお考え下さい。
送金方法は?

ご送金いただく窓口は郵便振替口座に一本化させていただいてます。

郵便振替口座=00980-7-40043をよろしくお願いします。

なぜ、送金方法は郵便振替だけなの?ほかに方法は?

この運動にご協力いただけるなら、どのような送金方法でも構いませんが、できれば郵便振替をご利用ください。理由は三つあります。

  • 貴重なお金を預かるので、一本化して1円の不明金もださないため。
  • 郵便振替用紙の「通信欄」を活用し、送金の明細はもとより会員からのご意見や苦情に使える。
  • 郵便振替用紙の半券で領収書に代えさせていただく(10万人をめざすので、その都度の領収書の発行・送料だけでも莫大な金額になるので節約させてください)。1年間まとめての領収書は下記のように、毎年1月末にゆめごよみと一緒にお届けいたします。
でも、やはり領収書が欲しいけれど?
友人のお金を預かっていただいた時など、その都度の領収書が必要な場合は、事務局までお申し出ください。すぐに領収書をお送りいたします。それとは別に、毎年1月末には年間の領収書をお送りします。確定申告にお使いください。ゆめ風基金へのご寄付、賛助会費は寄付金控除の対象となります。
では、お金の使いみちは?

災害が起きたときには、【ゆめ風ネット】と連携して被災地の障害者の情報を集め、緊急理事会で救援先や救援方法を決めます。

長期にわたる復興支援策や防災のための支援策については、年に4〜5回開催される理事会で決定されます。

【ゆめ風基金】事務局の運営費はどこから?
寄せられました賛助会費、ご寄付、そして、書籍・CD・Tシャツの販売、講演料など事業収入から、事務所の諸経費、リーフレットの制作費、郵送料、電話料、事務局員の給料に使わせていただいています。貴重なお金です。節約して大切に!を旨としています。会計報告は常に公開しています。
今後、イベントなどの計画はあるの?

毎年、様々な催しを開催、ホームページやブログでお知らせしています。

これからも【ゆめ風基金】を忘れられないためにPRと資金集めを兼ねたイベントを打ち続けたいと思っています。全国のいろんな地域でイベントを催したいので、各地域のさまざまな催しと共催でイベントを企画してくださることを願っています。

現在の基金は?
現在(2016年9月末)で総額264,749,637円です

20年間で2億6千万円ですか…

10億円はやっぱり「ゆめ」かな…?

でも、失望していません。被災地の障害者たちの復興への心意気に感じ、励まされ、突き動かされての【ゆめ風基金】運動ですから、火をともし続けていれば、きっと燃え立つ時がきます。
いま、会員は何人くらいいるのですか?
2016年9月末現在で登録会員14768名です。

©ゆめ風基金