ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.802017年9月18日発行

「生まれてくるのが1人なら、死んでいくのも1人」……おっ、カッコいい! ホントに? 代表理事 牧口一二

ゆめ風基金の活動を始めるきっかけになった阪神淡路大震災。その一年後の1996年1月13日のA新聞「論壇」に、ボクは「共生社会の底力 実感したい」と題して次のような文章を書いている。ゆめ風基金の募金活動を始めて半年ほどの頃である。

九死に一生を得た障害者はすこぶるタフに仲間の安否確認に奔走した。それに続いて、助け合いネットワークから届いた救援物資を活用して豚汁や弁当を作り、寒さにふるえる地域の被災者や独居の高齢者に配り始めた、というファクスが舞い込んできた。この情報に私は小躍りした。仲間よ、やってくれるなぁ……と強烈な勇気を与えられた。障害者が地域社会で障害をもたない人との共生をめざして二十余年、この運動は決してムダではなかったと実感したのだった。普段は大きな課題のひとつである介助者不足も、この時ばかりはボランティアがあふれていたし、助け合いが日常の障害者はかえって非常事態には強かった。

ところが、月日が経つにつれ、義援金が急カーブで落ち込んでいったように、あの頃の熱気もまた急速に冷めていった。それぞれがハイな状態から我に返り、障害者が取り残され始めたのだ。いま、貧富の差や社会的立場の有無が露骨に表われ、共生とはまったく逆の世界を生み出しつつある。売り手市場の不動産業は障害者には家を貸さない。金融機関も社会的立場を持ち得ない(つまり人権が確立していない)障害者には金を貸さない。こうしてまた、人は自分しか信じられなくなり、殻に閉じこもった人生を歩んでいくのだろうか。地域での共生を求め、それこそが最も人間らしく、幅広いダイナミックな生き方なのだと提唱してきた障害者市民運動は、いま危機的状況を迎えている。

二十余年かけて少しずつ培ってきた共生社会をなんとしても逆行させてはならないと、障害者仲間は決意を新たにしているところだ。少し口はばったい表現になるかもしれないが、すべての人を人間として生きていけるよう救い出す市民運動なのだから。

掲載された文章の前後をカットしたほぼ半分なのだが、20年ほど経ったいま、恥ずかしくも再現させてもらったのは、ゆめ風基金活動を始めた頃の熱気を思い起こしたかったのと、どういうのだろう……いまの社会の閉塞状況と似ていると思えたからだ。

いまから一年前の、あの相模原において19人もの障害者仲間が殺され、27人が重軽傷を負わされるという、なんとも理不尽な出来事が起きた。しかも殺人者は正義を実行したと思い込んでいる、とのこと。救いようのない無念さを覚えたと同時に、この犯人ほど極端な殺人行為にまでいかなくても似たような心情を抱いている人たちが、この世には相当数存在しているように感じられて背筋が寒くなったり、身の置き所に戸惑ったりしていた。

なぜ、世間には障害者を邪魔者、迷惑者(このように思う人も結構いるようだが)、そこまで思わなくても可哀想、気の毒と思い込んでいる人が多いのだろう。ほとんどが負のイメージである。でもまぁ、長年障害者をやってきた立場から観ると健常者たちの思いも分らなくはない。人は他者と親しくなりたくて、その人について考える。理解しようと思えばその人と自分とを比べて……その人が障害者なら「できないもの」があるが自分は「それができる」。自分もできなくなれば「大変だ」と思い、「気の毒に」感じてしまう。この流れは極めて自然だ。だが、よく考えてみると我ら人間は生身のいきものであり、当然のことながら病気にかかるし事故にも遭う。生きるとはそういうことだ。こちらの極めて自然な流れのほうは不思議なことに分っていない人が結構多いように感じる。ボクが想像するより遙かに多いのではないだろうか(ふと、安倍政権の支持率が高かった頃の不思議と重なった)。

ボクは50年ほど障害者市民運動に参加し続け、世の障害者観を変えるのを命題にしてきたけれど、なかなかこの強固な壁は崩せなかった。多くの人が、つい自分に置き換えて理解しようとする(よく言われることだが、最大のネック)からだと思う。人間社会では存在して当たり前の障害者のことを考えるなら、いっそのこと次元を変えた観点から眺めてはどうだろう。宇宙から地球を見つめるように……(おっ、この視座から地球温暖化、原発大事故、戦争にも一石を投じられそう)。

加えて、人間は独りで生きていく「いきもの」ではない。「生まれてくるのが一人なら死んでいくのも一人」って言われることがよくある。この言葉を世間では、潔くカッコいいと感じる向きもあるようだが、ボクには強がりや見栄を張っているとしか感じ取れない。なぜ、そこまで頑なに寂しく生きなければならないのか。もっと柔らかく、しなやかに生きたいと思う。「自立」とは他者に頼らず自分一人で生きることではない。他者に頼るのを恥ずかしいと思っていませんか。他者を頼りに生きるのを具現化しているのが障害者です。ほんとうの自立とは他者に助けられ、他者を助ける二つの実体験をもつこと。その広がりが共生社会というものだし、人としてもっとも人間らしいダイナミックな(宇宙から地球を見つめるような)生き方につながる、とボクは思っている。

©ゆめ風基金