ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.772016年12月6日発行

「どっこい生きとるぞォ〜」を発信し続けることがどんな緊急事態でも生き抜ける力になるかも 代表理事 牧口 一二

四月十四日、十六日と震度7強が二度も襲った熊本地震に続いて、十月二十一日には鳥取で震度6弱の地震が起きて、新聞報道によれば三日目に入っても二〇〇回以上揺れ続けている、という。熊本と鳥取の地震はボクが過去に認識している地震と違って、大小の揺れが何日も続いて、この頃の激しく極端な気象の変化現象を地球温暖化とも関連していると指摘されて久しいが、地球の地下深くにも異変が起きているのだろうか?

被災地の人たちは不安この上なく落ち着かない日々を過ごされていることだろう。ゆめ風事務局では、ネット島根の太田さんはじめ近辺の知人などに連絡を取っているところだけれど、詳しい状況を把握できるには少し時間がかかりそうだ。

熊本も半年が経過した現在、いまだに手が付けられず放置されたままの所もあるようだ。阪神淡路大震災から二十一年、完璧に復興(以前より良くなった)とまではいかないだろうが一応落ち着いている。熊本や鳥取も一日も早い復活を(さらに活き活きと甦るよう)願わずにはいられない。

先日(十月九日)、大阪市中央会館において「大規模災害…いつまで続く、取り残される障害者」をテーマに、講演とパネルディスカッションの集いを催した。当初は出演者のラインアップから入場制限も考えなければとも思ったが、日が近づくにつれ不安が出てきて、あちこちに参加を呼びかけた結果、当初の思惑どおり会場はほぼ満席の参加が得られて関心の高さを反映したのだった。

講演は、同志社大教授で障害者・高齢者の避難について研究されている立木茂雄さんにお願いした。立木さんはパワーポイントを使って分りやすく話された。

例えば、ことし四月から施行された「障害者差別解消法」によく出てくる「合理的配慮」の説明では、塀の外からグラウンドの中を観ようとしている背丈が違う三人の子どもの絵が二枚あり、一枚は「公平・平等」と題して、三人とも同じ高さの踏み台に乗っている。ゆえに、いちばん背の高い子はゆうゆうと、二番目の子はぎりぎりに中を観られるのだが、背の低い子は塀のほうが高くて観られない。単に平等ではダメの図。二枚目の絵は「平衡」と題して、いちばん背の高い子は踏み台なし、二番目の子は踏み台が一つ、さらに低い子は踏み台が二つ。これで三人ともグラウンドの中を観ることができたわけ。つまり、それぞれ平等に同じものを使うだけでは解決にならず、背の低い子には二段分の踏み台を用意して目の高さを同じにすることを「合理的配慮」という、との説明があった。ほんとうに公平・平等であるためには、まずバリア(障壁)を取り除く必要がある、ということ。個人の差を埋め合わせて、同じように目的を達成できるようにすること。誰でも解かる「合理的配慮」のわかりやすい説明をしてもらった(だけどボクは長年、障害者ゆえ不合理の利点を探しながら生きてきて「いまさら「合理的」なんて言われてもなぁ……の感。ついでに「配慮」という上から目線は違うよね)。

思わず横道にそれてしまったが、パネラーには、東日本大震災で避難所を立ち上げ、熊本地震の時は、避難所の障害者支援を行った石巻からの鈴木徳和さん、仙台市障害者福祉協会会長の阿部一彦さん、熊本学園大講師の吉村千恵さん、ヒューマンネットワーク熊本の植田洋平さんの四名に来ていただき、立木さんには助言者をお願いした。おもに福祉避難所のあるべき姿が話し合われた。その論点は、必要か要らないのかを問うよりも、話し合いの基本ベースを地域の一次避難所におき、そこに福祉エリアというか個別のニーズに応えていける備えが必要とのこと。

安易に「それは福祉避難所で」と分けてしまうと、障害者自身による障害者市民運動が発足した時からコツコツ積み上げてきた「地域で生きる」が徒労に終わってしまう。つまり、社会にはさまざまな人々が生きていて、「ともに生きる」とはそこで巻き起こるあれやこれや、そこからこそもっとも人間らしい価値が生み出される(相模原事件の犯人になんとしても伝えたい)。ほとんどの物事はプラス面マイナス面ほぼ相半ばしているとボクは思う。マイナス面にも価値があると……幼い価値、障害の価値、老いの価値etc。

ふと思い出したことがある。かってアメリカにおいて黒人差別が横行していた頃、どのような人も平等に、と叫ばれ始めた。が、しかし、黒人も白人もバスを利用できるようになったが、黒人専用のバスと白人専用のバス、そして(露骨にも)白人優先バスまで走り出した、という。あるとき勇気ある黒人女性が、あとで乗ってきた白人に、運転手に促されても席を譲らなかった。そして逮捕される。この事件が公民権運動に発展したという。単にバスに乗れるようになった、同じ機会を得られただけでは差別は無くならない、実例。互いに交流できてこそ「ともに生きる」ということだ。

パネルディスカッションに戻るが、ボクに強く響いてきたのは、熊本学園大の吉村千恵さんの端的で歯切れのいい二つの指摘だった。①障害者よ、遠慮などせず、どんな方法でもいいから「助けてェ?!」を発信しよう(目立とう)。②緊急時は特別な方法よりも日頃よく使っている伝達方法を駆使しよう。メールならメールで。ラインならラインで。この二点が緊急時に障害者が後回しにされないキーワードかな。もちろん、ふだんから「どっこい生きとるぞォ〜」との自己PRをお忘れなきように。とくにメールやラインが好みに合わない人たちは(ボクもラインは知りません)、大声でもバケツを叩くでも何でもけっこう、「生きとるよ」を示しつつ生き続けてください(障害者に限らず、すべての人に)。

©ゆめ風基金