ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.762016年9月11日発行

心静かに、永六輔さんとのあれもこれもを偲びつつ…
心かき乱される、相模原の事件が起きて…

代表理事 牧口 一二

アーァ、ついに永六輔さんが逝ってしまった。私たちのバックボーンであり続けてくれた永さん。本気の本気で骨身を惜しまず支えてくれた永さん。少し心を落ち着けて、永さんへの追悼を書きたいと思った矢先、とても無視できない相模原の事件が起こってしまった。

残忍な事件でまず直観したのは、施設ではなく、それぞれ家族と一緒に暮らせていたら、それが当たり前の社会になっていたら、あんな短時間に障害ある仲間たちが十九人も殺され、二十六人も重軽傷を負うことはなかった、と無念でならない。新聞やテレビの報道が事実ならば、障害者施設で働いていた容疑者は園長に「ずっと車いすなどに縛られて(障害者たちは)幸せなのか。周りを不幸にするだけだ」と言い、園長に「その考えはヒトラーと同じだ」と指摘されても「そう取られてもいい、自分は正しい」と譲らなかった、という。かって脳性まひ者集団・青い芝の会の人たちが主張していた「愛と正義を否定する」という、キリスト者のボクが解釈に悩み続けつつも触発された言葉を具現化したような事件だった(まるで予見していたように)。

どうも容疑者の彼は、そうした考えから障害者を殺すのが正義で平和への道(愛)と思ったようだ。で、衆議院議長に賛同が得られるものと手紙を書いていた、とのこと。彼がそう思ってしまう世相がヘイトスピーチなどに表れている。それは強者の論理、1%の強者のために99%を犠牲にする社会のことだ。真逆だよ、キミ。今の世が辛うじて滅び切らないでいるのは、我ら丸腰の(抵抗できない)障害者とその生き方に共感している障害なき人たちがいるからだ。その人間らしいゆたかさが戦争の広がりを必死で喰い止めているのだ。

そして事件後の対応だが、十数年前の大阪教育大付属池田小学校事件を思い出した。あの時、全国の学校は校門に鍵をかけ、防犯カメラを設置した。世の中には、そうしないと許さない空気があったからで、「これで再発は防げる」と信じた教師が何人いただろうか。ほんとうに安心できるのは常にいろんな人が見ていること、そんな空気が流れていることだ。障害者施設もしかり。守り、閉じ籠るのではなく、真逆のできるだけオープンにすること、外からの空気が漂い続けることこそ凶悪な犯罪から守られるのだと考える。

さて、謹んで永六輔さんを天国へお見送りする言葉。

永さん、ほんとうに二十一年間ありがとうございました。思い返しても、永さんとの出会いがなかったら「ゆめ風基金」は立ち上がっていなかったかもしれません。ここまで大禍なく続けてこられたのも永さん、小室さんあってのこと。つねに私たちのバックボーンでありました。お二人をはじめ多くの著名人の顔に泥を塗るわけにはいかない、との思いが私たちスタッフを引き締めていたのだと思います。

永さんはありとあらゆるところで言の葉を発してこられて、いまさらご本や歌詞のことをボクが申すことではないのですが、周りの近しい人たちにも触発や刺激を与える言葉をそれぞれに発してこられたに違いありません。その一つ、ボクに向かって発せられた言葉は、ゆめ風が発足し、永さんに呼びかけ人代表を引き受けてもらって間なしの頃でした。「牧口の顔をホンモノの笑顔に変えてやる」と。

ボク自身はゴマカシ笑いも作り笑いをした覚えがありません。とつぜん永さんからそういわれて、一瞬ムッとしましたが、自分が気づいていなかっただけかも、と思いました。そうかぁ、ボクは障害者の笑顔をしているんだと思ったんです。つまり障害者面です。そう思うとイヤな気分は消え、この世の中で障害者として生きているのだから障害者面は正直に生きている顔なのだと、むしろ誇りさえ感じたしだいでした。おそらく、永さんの思いや願いは障害のあるなしに関わらず、ボクに人間としての笑顔を取り戻させてやりたいとの「うれしいおせっかい」だったと思います。ゆめ風基金が活動を始めて二十一年、いまボクはどのような笑顔を、ホンモノの笑顔を取り戻しているでしょうか?

ふつう著名な方に名前をお借りするだけで嬉しくて有りがたいのに、永さんは「もっと著名人の名前が要るんだろ」と、多くの方々に声をかけてくださり、その上、関西の著名人から「お声を拝借」して、ゆめ風基金をPRするテープを作ろうとの企画を出してくださり、おかげで人見知り傾向のけっこう強いボクは冷や汗かきかき、米朝さんはじめ多くの方々にマイクを向けてお声を頂戴して回ったことでした。永さんが亡くなられて数日後、事務局で「お声拝借テープ」を聞かせてもらって、発足当時の無我夢中ぶりが蘇ったしだいです。

永さん、どうぞ天国でゆっくり好きなことを楽しんでくださいますように。「そんなことシャバでもそうだったよ。お世話になったと本気で思っているなら、もっと気の利いたオシャレな言葉を言えよ」と言われそうですが、粋で、鯔背で、カッコよい、法被姿がよく似合う永さんとは程遠いところでのたりのたりと生きるボクには気の利いた言葉は絞り出しても出てきそうにありません。一緒に舞台から挨拶する折、よく「のたのたしゃべるな!」と叱咤されたことを懐かしく思い出しています。

でも、ご安心ください。小室等さんが永さんから呼びかけ人代表をバトンタッチされて早や十一年、頼りがいある我らの二代目バックボーンになってくださっています。あっ、永さんはそれをご確認された上で「これで死んでも死に切れる」と旅立たれたのでしょう。天国でお待ちの昌子さんと共に「ゆめ風基金」をいつまでも見守ってくださいますように。

©ゆめ風基金