ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.752016年6月5日発行

熊本学園大学に設けられたインクルーシブ避難所

次の世代に残したいもの、
残したくないもの

代表理事 牧口 一二

地球が激しく揺れています。世の中全体が大騒ぎになると、さまざまな面で後回しにされてしまう障害者仲間をなんとか支援したくて、混乱のない時期にコツコツお金をプールしておき、いざっ!という時に活用してもらって一日も早く(以前より良く)復興・復活してほしいとの思いから発足した「ゆめ風基金」、永六輔さんが「十年かける計画に惚れた」と、初代呼びかけ人代表を引き受けてくださって10年、2代目を小室等さんに引き継いでもらって早や11年、発足から21年が経過しました。

そして18年前には北関東集中豪雨、16年前に有珠山噴火、15年前に鳥取地震、14年前に十勝沖地震、13年前に北陸豪雨・新潟中越地震、12年前に福岡沖地震、10年前に能登地震、9年前に岩手宮城内陸地震と続いて、5年前の東日本地震と津波そして原発事故。この間に2つの台風が日本列島に多くの傷跡を残して通り過ぎました。

海外でも10数回の大災害が起こり、その被害にも、ゆめ風基金はとても他人事とは思えず、その地の障害者たちにささやかながらお見舞金を届けました。そして現在進行形で、息をつく間もなく熊本から大分にかけて震度7を最高に2週間を過ぎてもなお1日30回を超える地震が続いている状況です。いま九州にはゆめ風ネットが福岡、佐賀、長崎、諫早、熊本、大分、宇佐、宮崎、鹿児島にあり、状況把握をしてもらっています。

この21年、天候異変は激しすぎます。春なのに寒い日がやってきたり次の日が真夏日だったり。前の日との気温差が10℃を超える日が時々あり、あと1年強で80代に入るボクは寒暖の調整に戸惑うばかり。この激しい自然界のエネルギーを体感しつつ、ほんとうに原発は大丈夫なのでしょうか。再稼働なんて背筋が寒くなります。次の世代に放射能のツケは絶対に残してはならないはずなのに。

ところで、話はゴロッと変わりますが、ボクが阪神タイガース・ファンゆえ、普段は観ないBS4で対読売ジャイアンツ戦にチャンネルを合わすと、攻守交替の間にCMが入りナント「小室等と六文銭を迎えて」と予告しているではありませんか。えっ!? 慌てて録画とダビングの段取り。何ともステキな番組でした。

冒頭に、谷村新司さんが「きょうのゲストは日本フォーク界のレジェンド、ボクらの師匠。吉田拓郎、井上陽水、泉谷しげるの先生でもある小室等さん」と紹介されました。親しくしてもらっているボクはもうビックリ。1966年に小室さんは日本初のギターの教則本を創られたそうで、それはフォークシンガーをめざす多くの若者にとって聖書のごとき存在だったとか。

放映日は2016年4月16日で、「歌があれば地球は劇場になる、それが地球劇場」、とデッカイ。そして「歌は国を超え、世代を超え、時を超えて100年後の君に届いていく、それが地球劇場」、とカッコイイ。どうも谷村新司さんがメインで総合司会をしつつ、毎回ゲストを呼んで、その人となりに触れながら歌とトークを展開する2時間番組。今回のゲストは小室さんと六文銭。ゆめ風の立場からいうと、呼びかけ人代表の小室さんはもとより六文銭のメンバーである及川恒平さん、四角佳子さん、こむろゆいさん、みんなゆめ風の呼びかけ人。なんとも愉快な気分になりました。毎年恒例の東京・カタログハウスとの共催イベントでは、ボランティア出演してくださる面々。テーマは「100年後の君に聴かせたい歌」となっていました。つまり100年後に残したい歌。

小室さんは1968年に第1期の六文銭を結成。1971年に小室さんと及川さんは第2回歌謡フェスティバルでグランプリを獲得。その曲は、小室さんがスカウトされた上條恒彦と六文銭による♪さぁいま、銀河の向こうに飛んでいけぇ〜の「出発(たびだち)の歌」(作詞:及川恒平・作曲:小室等)。おかげで全国を飛び回る存在に。及川さんが「こんなのイヤだ」、小室さんも同調し、第1期の六文銭は解散に。そんなエピソードが谷村さんと現在の六文銭メンバー4人で語られる。ボクは及川恒平さんの少し斜に構えた姿にすごく共感しました。

次から次へとゆめ風イベントで歌ってくださる「雨が空から降れば」や「死んだ男の残したものは」のほかに、琵琶湖畔にある障害者たちのワークショップと小室さんは長年付き合っていて、谷川俊太郎さん(ゆめ風の賛助会員)と一緒に訪ねられた時に作られた歌「ほほえむちから」を、次の世代に残したい歌として紹介したいと思います。

♪いまここにいきるわたしは/あなたがいないといきてゆけない/うまれたてのいのちのように/わたしはひかり あなたをてらす/それぞれのおいたちいきて/くるしむわたし くじけるあなた/でもほほえむちから こころにひめて/もどかしいからだ とぎれることば/でもいるだけで いるだけで かがやくいのち♪

もう一度、話を戻します。ニュースの宿命なのでしょうか、いくら大きな事件でも、そのあとに別の事件が起きると、前のニュースは忘れられたような扱いになってしまいます。阪神淡路大震災の時(1月)がそうでした。その年の3月にオウム真理教のサリン事件が起こって、あの大震災はあまり語られなくなりました。被害を受けた人たちは今も昨日の出来事のように語れるのに。

東日本大震災の東北支援もまだ第2段階に入ったところです。まだまだ支援が必要です。

©ゆめ風基金