ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.732016年1月31日発行

11・23交流祭で挨拶する牧口さん

なんとイヤ〜な世の中になってしまったのだろう。
だが、多くの人たちが励ましてくれている。

代表 牧口一二

きのう(この稿を書いている12月17日の前日)恒例になってきた「今年の漢字」が発表されて2015年は「安」とか。「安倍首相ごり押しの安保関連法案に不安」となれば、頷けるけれど、なんだかコジツケの感がつよい。「安」の一字からは「安全・安心・安らぎ」が連想され負や陰の意があまりない。ことしのイメージは「安」とは真逆の「不安」だろうと筆者は思う。

不安は今年に始まったことではない。十年ほど前からオレオレ詐欺が話題になった。振り込め詐欺の被害額がことしは過去最高で380億円弱で被害件数は11,000件強という。一件当たり平均340万円となる。そんなにお金を持っている人がいたのかと疑問視されがちだが、詐欺師たちが人を騙すことにますます巧妙になり、幾重にも手の込んだ騙し方をしているからに違いない。つまり、ごく当たり前の、できるだけ人を信じたい、人に親切でありたいと願っている人たちは騙されやすいということ。

じっくり考えてみると、これほど恐ろしいことはない。騙されないぞと構えるほど他者を信じられなくなり、人に親切ができなくなってしまう。我々は詐欺師という悪魔はいつ、どこに、どのような面で現れるか分らないから(捕まえられないゆえに)、被害に遭った人間らしい人々を(親しいゆえに愛するゆえに)攻めてしまうことになる。あーこれぞ地獄。

そんなことを欝々と考えていたが、又もや驚くニュースがあった。若者を中心に広く使われているスマートフォンが「スマホ乗り換え、一括0円、キャッシュバック付き」とかで、契約会社をどんどん乗り換え、しかもお金を受け取っている人がいるという。そのお金は会社の宣伝費からと思いきや、長く同じ会社の携帯を使っている人(高齢者が多い、ボクもその1人)の料金から捻出しているとのことだった。

なにかが違う、違ってきた。何もかも「お金」なのだ。誤解を恐れず言えば、いまの日本、いや日本だけではなさそうだ。世界中がおかしいようだ。これではあまりに悲しい。

そんな折、事務局から「まもなく、発足以来いただいた募金の総額が8億5000万円になります」と報告してきた。すぐに21年前、被災地神戸に辿り着くや「マキさん、えらいことになっとる。とりあえず、すぐ金あつめよ。10億円は要るでぇ」と叫んだ河野秀忠(副代表)のあの時の声が、わが耳元で蘇った。これもお金の話。

「億」なんて今まで全く縁のない金額。いったい「0」がいくつ並ぶのか……と数えていくとナント「0」が8つで1億、10億円集めるには9つの0が要るのだ。夢のまた夢、とてつもない金額だった。単なる目標としても、どうして集めるか計画を立てなければ前に進まない。目標は大きくてもまぁ許されよう。全国に呼びかけるわけだからインパクトが必要だ。というわけで、発足時からしばらくは「ゆめ風10億円基金」と名のっていた。

しばらく間借り事務所状態が続いたが、七年目に入ってようやくビル一階の一室を借りることができ、さぁ表札を掲げてPR活動と思ったが、時が経過した段階になっての「10億円」が気になり出した。なにもない発足時なら「目標額」でよかったが、数年の募金活動を経た後では「10億円」の意味が違ってくる。専従者は二名、名前を表記して襲われないかと心配になり「ゆめ風基金」と改名したのだった。

そんなあれこれを思い出しつつ、ボクは正直なところ、億単位のお金がそう簡単に集まるとは思っていなかった。とくに、こうした募金集めは時が経過するにしたがって右下がりに減っていくのが世の常。しかし、阪神淡路大震災が社会に与えたインパクトは強かったのだろう、右下がりの下降線は緩やかなものだった。それに加えて、阪神淡路大震災以降、海外も含めて自然災害が頻発し、救援金をお届けすることも多かったが、その度にご寄付が寄せられたのだった。

そして、発足16年目の東日本大震災・大津波・原発大事故の2011年3月11日には、手元に2億円が残っていた。急きょ理事会にて2億円をそっくり東日本の障害者市民に活用してもらうことを決議したのは言うまでもない。

発足からの20年が走馬灯のように頭の中をクルクル回る。ボクが「夢」と思っていた「0」が9つ並ぶ10億円にまもなく届こうとしている。この世の中には、荒唐無稽な夢もあるが、実現に向けて歩みを続けていれば、手の届きそうなところに近づく夢もあるのではないか。ボクは普段からなんとなくそう思っていて、ゆめ風基金運動を始めてからも中学生たちに、「このゆめ風基金は、10年ほどカンパを続けてくれれば、実現できる夢もあるんだなぁと知ることになるよ」と語りかけてきた。それはウソでもハッタリでもなく着実に実現しようとしている。我々の活動に力を貸し与えてくださっている多くの人々とともに、澄み切った青空を取り戻したいと心から思う。

ゆめ風交流ブース。のぼり「東北の障害者仲間が元気になれる日までしつこく応援します」が見える

©ゆめ風基金