ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.722015年12月11日発行

盛土工事が進む南三陸旧防災対策庁舎周辺

壮絶な継続しつつある現実

副代表 河野秀忠

ボクが住まいする大阪北部の街、箕面市には「人権啓発推進協議会」という難しい名前の団体があり、日常的に人権問題関連の課題に取り組んでいる。ボクも長年役員を務め、現在は、副会長ということになっている。

この「略称・人権協」は、阪神淡路大震災時に設立したゆめ風基金の当初の頃から、4年半前の東日本大震災発災時からも、時に応じて寄付金を募り、寄付を続けてくれている。3年前から、東北被災地とつながることなく人権の課題を語ることはできないと、被災地を訪ねる義援活動を始め、今年で4年目を迎えた。今年は17名の参加者があり、福島県、宮城県、岩手県3県の沿岸部をバスで縦断して、折々の話を聞いた。

10月24日から26日の3日間、強行に次ぐ強行で日程を重ねた。さすがに今年73歳の年齢になってしまったボクには、ちと辛い行程ではあったが。

24日 大阪伊丹空港から仙台空港へ。バス移動。南相馬市の「子育て応援カフェ・37カフェ」で、障害を持つ子どもを含めた、子育ての現状と課題を、昼食をとりながら、南相馬市市会議員でもある岡崎さんからの報告と交流。バスにて、小高地区などを視察。石巻市宿泊地へ。箕面市から2年半、石巻で活動を続けている中村さんと、大川小学校の関係者、佐藤さんとの交流。

25日 津波被害を受けた大川小学校と、石巻市内の日和山などを視察。南三陸町防災庁舎へ向かう。防災庁舎で津波から避難を呼びかける放送を続けた女性のお父さん、お母さんが開いた「民宿未希の家」でご両親との懇談。陸前高田市へ向かう。陸前高田市旧道の駅、高田松原・高田地区海岸線などを視察し、宿泊地八瀬の森に到着。月岡小学校から、各民泊へ分宿。

26日 八瀬の森出発、気仙沼の「海の市」で、商工会議所の熊谷理事から、気仙沼の復興状況などのお話を聞く。

市内とスーパー堤防などを見学。海の市、シャークミユージアムなどを見学。仙台空港へ向かい帰阪。

盛土の連続

どんな道を通っても、人影はあまりなく、盛土が連なるばかり。行き交うのは、数えることも不可能なダンプカーの行列で、夕方になれば、道路がダンプカーで渋滞するとのこと。その街道を分け入って進むと、石巻市立大川小学校の建つ川べりに着く。訪れたのは2度目だが、人家があった地域は、奇麗に整地されており、昨年に訪れたときには無かった立派な慰霊碑が建立されており、津波に流されて亡くなった児童と先生たち80名余の名前が刻まれていた。ボクたちは、ここでも声を失い、言葉が行方不明になり、ただひたすらに手を合わすしかなかった。

どこの被災地を訪ねても、語ってくれる人たちの言葉に耳を傾け、頷き続けるばかり。考えてみれば、震災、津波、原発事故で街そのものを失い、山を切り崩して土盛はしても、新しい街への距離は、あまりにも遠い。戦争のごとき、自然との対峙。ボクたちは、瞳をこらしてその行く末を見届けるしかあるまい。その行為こそが、「ひととしてのつながり」であろうと。来年も訪れたいと腹をくくって、東北を離れた。

救援本部4年間の報告集 差し上げます

JIL、DPI、ゆめ風ほか8障害者ネットワークが連携して取り組んだ東北関東大震災障害者救援本部の活動報告集ができました。A4版48ページ。わかりやすくまとめられ活動の写真も豊富です。ご希望の方に1冊無料で差し上げます。お電話、ファクス、メール、お葉書いずれかでお申し込みください。

©ゆめ風基金