ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.712015年10月2日発行

ゆめ風20年に、しみじみ思う……ありえないこととあってはならないこと

代表 牧口一二

わォー、ゆめ風基金二十年の大阪中之島・中央公会堂での三人によるコラボ、すごかったなぁ! フィナーレで小室さんに、来場されたお客へのお礼を述べるよう突然に促されて、猛暑の中を来てくださった1000人を超える方々に、とっさのことで思わず実感のまま「東京のときは鳥肌が立ったけど、今回は涙が出てきました。本物の芸に接したというか、お三方それぞれのいっぱいいっぱいの生き方に胸が詰まり、うそ偽りが蔓延する今、安倍首相にぜひ聴いてほしかった」と言ったのだった。

「太鼓の林英哲さん、サックスの坂田明さん、ギターの小室等さんが一つの曲であんなにコラボされるなんて! これはイケる、スゴイです」と、すぐに言ってきた古くからの友。そのほか圧倒的な激賞の声。家路に向かわれる顔・かお・(^◇^) のほとんどが、「きょうは聴けてよかった! またこのようなイベントに呼んでください」と満足気だった。懸命に準備を進めてきたスタッフ一同それぞれが、どれほど癒されたことだろう。

最近、小室さんが「ゆめ風基金では“ありえない”ことがよく起こる」と言われる。その一例としてゆめ風応援歌の、あの永六輔さんとあの谷川俊太郎さん合作の作詞なんてフツウは“ありえない”ことを挙げられる。なぜ、そんなことが可能になったかは、ときに語ったり書いたり、応援歌のCDでも紹介しているので省かせてもらうが、二十年経ってもまだ「ゆめ風」の何たるかを知らない人が圧倒的に多い(だろう)世にあって、小さな障害者団体が七億円を超えるお金を多くの方から寄せてもらっていることも“ありえない”一つだろう。

そしてまた、今回の三人によるコラボもフツウなら“ありえない”ことだった。

“ありえない”によく似た言葉に“あってはならない”がある。“ありえない”ことは、予測できない奇跡のような驚くべき佳きことで使われる場合が多いけれど、“あってはならない”ことは、その逆で悪しきことに使われることがほとんどだ。

“あってはならない”は、障害者が市民運動を始める黎明期(1970年に入ってすぐ)、そのキーワードになった言葉だ。脳性まひ者たち(とくに青い芝の会の人たち)は、その障害の状態ゆえに(多くの場合、身体が揺れる、発音が不明瞭など)世間から多くの誤解を受け、それゆえ自分たちは世の中から“あってはならない”存在として認識されているのではと悩み苦しんだ。その苦しみから新たなエネルギーが噴出して、全国に障害者の障害者による障害者のための市民運動が燃え立ちのぼったのだった。

そして今、やっかいな“あってはならない”ことが起こりつつある。人が人を殺すということ、つまり戦争だ。障害者ほど戦争ギライな人類は他にないだろう。なぜって、戦争になれば「役立たず」と蔑まれ、「ムダメシ食い」と責められる。兵隊(戦力)になれないから「役立たず」は、むしろ人殺しをしなくて済むことで、それはうれしく大歓迎だが、人間社会は単純にはいかない。戦力になれないゆえに「ムダメシ食い」と言われるのはチトつらい、いや、生きておれなくなるから大いに困るわけだ。

いま「抑止力」という言葉を耳にすることが多くなったが、ほとんどの障害者には発想できない「力」だと思う。それは強者の論理だからだ。力ある者が自分を正当化するためによく使う言葉である。障害者は抵抗できる何の手段も持たないで生きている。丸腰なのだ。国会で「丸腰の自衛隊員と武器を持つ自衛隊員とどちらがリスクが高いか」が議論され、安倍内閣は「無関係だ」とか「そりゃあ武器を持っておればリスクは低い」なんて言い、外国から「金だけでなく、日本も血を流すべき」と言われて「もっともだ」と思っている為政者は多い。撃たれる側のことが念頭にないからだ。武器を持っていないと分かれば、おそらく、そのほうこそ撃たれるリスクは少ないだろう。肝心なのは武器を持たない日本を全世界に広く知ってもらうことだ。持たない、使わない、作らないことだ。

©ゆめ風基金