ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.692015年5月18日発行

20年……20年……20年

副代表理事 河野 秀忠

桜前線に背中を押されるようにして、この3月28日と29日、仙台市に向かった。阪神・淡路大震災直後に設立した「被災障害者支援・認定NPO法人ゆめ風基金」の第14回定時総会開催のためにである。

28日は、総会と交流会。29日は、場所を変えてJR仙台駅近くの仙台シルバーセンターで、仙台市に拠点を構え、4年前の東日本大震災発災時に東北3県の中軸になって、被災障害者支援に奮闘した「CILたすけっと」が奇しくも、設立20周年を迎えて、その記念イベントとして、ゆめ風基金と共催するシンポジウムを開いたのだ。

阪神淡路大震災から20年。ゆめ風基金設立から20年。CILたすけっと設立から20年。この3つの20年が重なった2日間になった。ちなみに、ゆめ風基金の20年記念イベントは、「希望は、つながり」として、今年の8月16日に、大阪市中之島中央公会堂で、ゆめ風基金呼びかけ人代表の歌手小室等さんを中心に、サックス奏者の坂田明さん、和太鼓奏者の林英哲さんという、そうそうたるメンバーでの記念コンサートを準備中である。

28日のゆめ風基金定時総会には、事務局メンバー全員が参加し、牧口代表を始め、理事の皆さんも参加、全国のゆめ風ネットワークからもたくさんの代表者がおいでになった。

総会場に到着するまでには、ちょっとしたハプニングもあって、開会が1時間程遅れるということがあった。それは、大阪伊丹空港で飛行機に乗り込む際、車イス使用者が4名いたため、飛行機用車イスに乗り換える手続きや手数が予想以上にかかり、時間ギリギリで、結局少し遅れての離陸になり、結果として、連絡電車に乗り遅れ、総会会場には、1時間遅刻。参加者のみなさんには、平身低頭、お詫びするばかり。でもよくよく考えると、航空会社の不手際のせいで遅れたのだから、なんとも辛いことだと、遅れたメンバーは顔を見合わせるばかりだった。

29日のシンポジウムには、被災3県の障害者拠点の代表が現れ、「映画・逃げ遅れる人々…その後」と題して、積極的な発言を披露した。パネラーは、鈴木絹江さん(田村市のNPOゆうとぴあ)、長谷川秀雄さん(CILいわき)、青田由幸さん(南相馬市のNPOさぽーとセンターぴあ)、小野和佳さん(元CILいわき、現在、神奈川県自立生活センター)、飯田基晴さん(映画「逃げ遅れる人々」監督)の面々。

面白かったこと

29日の午前中に持たれた「たすけっとの若い仲間と、ゆめ風基金代表の牧口との言いたい放題」。震災後にたすけっとに参加した3人の若者が、思い通りの気持ちと、これから先に至る道筋について、気持ちのいい、自分の言葉で語ったのだ。会場には温かい笑いと共感のウンウンが満ち、後のシンポジウムに流れを作っていった。

さて、2日間の予定を無事に終え、仙台空港から帰りの飛行機の中、所在なげに窓から、まだ雪が残る山並が、夕暮れの闇に沈んで行くのを見ていたのだが、心のどこかで、ああやっぱり20年が過ぎていっているのだなとつぶやいていた。それもただの時間の経過ではなく、嬉しいこと、悲しいこと、物思いの衣をまとった時間なのだと。そんな旅路を20年続けてきたのだと。

ボクたちの旅路は、ひとびとと一緒の旅路

阪神淡路大震災直後に、ゆめ風基金を立ち上げたとはいえ、当初は、ゆめ風基金代表理事の牧口とボクのふたりっきり。「基金」と名乗るのもおこがましい状況で、1円のお金もなかった。こんなふたりが唱える基金運動に誰がお金を寄せてくれるのか、皆目解らずに走り出した。無名のふたりの呼びかけでは心もとないと、少しのつながりをアテにして、一番最初は、作家の山田太一さんにお声かけさせてもらった。山田さんは、ボクたちの話に耳を傾けられ、快く「呼びかけ人」を引き受けてくださった。その席で、山田さんが差し出された6万円のお金が、ゆめ風基金の第一号の基金になった。その他にも、永六輔さんをはじめとして、有名な方々にお会いするために、ボクらなりの東奔西走。永さんには、ゆめ風基金呼びかけ人代表になっていただいた。お陰で少しずつ名前が知られるようになり、新聞や放送に取り上げられて、全国各地に呼応していただく賛助会員がジワリ、ジワリと広がっていった。

多くの名も知らない方々から寄せられるお金に背中を押され、被災して亡くなられたひとたちに腕を引っ張られ、20年間を歩いてきたと確信できる。文字通り「希望は、つながり」の道程だった。その結果、東日本大震災以前には、ほとんど障害者市民の拠点が無かった東北各県に、支援拠点ができたのだ。

「情けは、他人のためならず」スピリッツ

古人いわくのことわざは、これから先を見るために必要だとボクは想う。日本のどこに住んでも、大災害とは無縁ではいられない。何か起これば、みんな被災者になる。明日はわが身だと想って、みんなとこれからの20年に、視線を投げ続けたい。でもまぁ、自然災害が起こらないことを願いつつ。

希望はつながり[第14回定時総会ご報告]

ゆめ風基金事務局長 橘高 千秋

3月28日、仙台市内で13ネット30人、個人会員9人、オブザーバー7人の出席を得て定時総会を開催し、2014年度の活動報告と決算報告について承認をいただきました。ゆめ風ネットを担ってくださる障害者団体、仙台、石巻、南三陸、いわき被災障害者からの報告や意見が相次ぎ熱気に満ちた総会でした。

被災障害者は「津波で家をなくし0からの出発だったが、かけつけてくれた多くの人の出会いで立ち上がることができた。被災地障害者センターの活動を続ける中で、地域の障害者、支援者とつながることができた。障害者が暮らせる地域になるように活動を続けていきたい」と話されました。いわき自立生活センターの方からは「希望が見えない中で、虐待ケースが増えている気がする。障害者の緊急避難所を確保したい」と報告があり、今も「被災中」であり緊急支援が必要であることが伝わりました。国は来年で集中復興期間終了としますが、すべての被災者の生活が再建されるまで延長する必要があるといえます。

ゆめ風基金は、今後も東北を中心に引き続き救援活動を続けるともに、次の災害に備える防災活動に当事者の視点でしっかり取り組んでいくことを確認しました。それぞれの活動報告は次のとおりです。

被災障害者救援

ゆめ風基金では東北関東大震災障害者救援本部(加盟8障害者ネットワーク)と連携して、岩手、宮城、福島の7被災地障害者センターをはじめとする救援活動のサポートに取り組んできました。各センターとも制度利用を模索、センター宮古は生活介護、大船渡はB型就労継続支援、南三陸は放課後児童デイ、日中一時支援。連携拠点であるセンター釜石は、日中一時支援事業所として活動中です。石巻、福島は相談支援と、交流活動を続けています。

2014年の救援金総額は15,179,080円で、内訳は福島の障害者避難支援(田村市)、原発事故で避難した障害者作業所の新設(二本松市)、コピー機(南相馬市)、放課後デイ送迎用車両(陸前高田市)、当事者派遣事業(南相馬市)、災害時移動送迎活動への支援です。

障害者防災活動として、障害者と中学生の避難体験「中学生プロジェクト」、小学校での避難所運営ゲーム、防災助成金7団体に64万円の助成、防災提言集などの書籍販売、講演、ワークショップ、BCP(事業継続)研究などを実施しました。 被災障害者支援を広く訴える活動として、ゆめごよみ季刊発行のほか、災害と障害者をテーマにした催しを障害者団体や市民グループと共に行いました。小室等さん、道上洋三さん、清水哲さんをお招きし、近畿ろうきんサポートV報告会を行いました。

近畿ろうきん提携融資制度「ゆめのたね」については、4つのNPO法人に総額1350万円の融資を実施。これまでの融資総額は39団体、一億3千690万円にのぼります。

以上のような活動が可能となりますのは、みなさまが支えてくださるからこそと、心より感謝申し上げます。これからも誠実に被災障害者救援、防災、情報発信などの活動を続けてまいります。8月の集いでは「20年の歩み」パネル展もいたします。ぜひおこしください(活動報告書、決算書をご希望の方はお知らせくださいますように)。

©ゆめ風基金