ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.682015年2月1日発行

あっという間の20年、
さまざまな自然災害がありました
だけど、原発事故は許せない

代表理事 牧口 一二

1995年1月 神戸市長田区

阪神淡路大震災から二〇年も経ってしまったのか、とても速かった気がする。被災でなければ祝二〇周年記念だろうが、ゆめ風では二〇年。だが、あの時、ボクのイヤな想像に反して被災地の障害者仲間は元気だった。寒さに震える地域の人々に、「いつもお世話になってま〜す」と温かな豚汁を配り回っていた、という。電話は不通だったがファクスが機能して、大阪のボクたちに姫路の大賀重太郎(二年前に惜しまれつつ星になる)からファクス第二報が入ったのだった。この「仲間たち、やってくれるなぁ」の朗報に、どれだけ励まされたことか。

ファクス第一報は、古いけれどやっと家が見つかり自立生活を始めた女性障害者が落ちてきた屋根の下敷きになって即死、の情報。それだけに第二報はボクたちに奮い立つ勇気を与えた。何かをしたい、の思いが、ファクス第二報に背中を押されて、ゆめ風基金につながったのだった。

この二〇年間には様々な災害が起こった。とくに上半期の一〇年は国内・海外とも集中豪雨、大地震、噴火、台風と頻繁に地球が揺れに揺れて、ゆめ風事務局は大忙しだった。下半期には東北大地震・大津波そして許せぬ人災の福島原発大事故、その他もろもろの自然災害。

1997年5月 被災地尼崎の集いで手話を披露する永六輔さん。毎年、被災地に駆けつけてくださった。

阪神大震災の直後、大阪と神戸をつなぐ三本の電車も不通で、リュックを担いでレール上を被災地へ向かう人の群れが続いた。その頃、障害者たちの安否を知りたいと、のちにゆめ風基金の副代表を担う河野秀忠(障害者問題総合誌『そよ風のように街に出よう』編集長)がレールを踏みしめて神戸に向かう。辿り着くなり電話してきた。「どえらいことになってる。まず金や、早よお金を集めなアカン」と。「どれぐらい?」と聞くと、「ざっと一〇億円やな」「えっ!? せめて五億円にしおうや」。とっさの問答にしても募金目標額を値切るなんて、せこいボク。河野との人間のスケールが現れたようだ。ボクは近畿一円でのお金集めを想定し、河野は全国からお金を集める心意気のようだった。

億単位のお金をどうして集めようか。残念ながら、お金を託すには障害者はあまり信頼されにくい感がある。そこで信頼度の高い著名人の方々にお名前をお借りして、呼びかけ人になってもらうことに。まず、いままでに何らかの交流がある人たち……永六輔さん、小室等さん、山田太一さん、落合恵子さん、筑紫哲也さんたちの名前が挙がった。たまたま永さんと山田さんが立て続けに関西に講演で来られて、河野とボクは控室を訪ねて願い事を伝え、それぞれ快く引き受けてくださった。また、以前から河野とボクが親しくしてもらっていた小室等さん、落合恵子さんからは郵送で快諾の返事が届いた。特筆すべきは永さん。楽屋をオロオロ訪ねた河野とボクに、「もっと著名人の名前が要るんだろう」と言われ、東京に帰られるや、仲間の人たちに声をかけてくださったようで、おすぎさん、ピーコさん、中山千夏さん、内海好江さん(故人)、伊奈かっぺいさん、さとう宗幸さんたちから「永さんから聞きました。呼びかけ人になりますよ」と電話をいただいたのだ。この時、われらスタッフは永さんの本気・やる気に触れて身体がふるえた。いまはご高齢で呼びかけ人を辞されている桂米朝さんも永さんとの繋がりからだ。これらが「ゆめ風基金」発足当初の忘れられない記憶。

永さんは「一〇年かけての運動がとてもいい」と呼びかけ人代表を引き受けてくださって一〇年、小室等さんにバトンタッチされた。小室さんも早、呼びかけ人代表一〇年になる。

いま思い返せば、少し迷いつつではあったが、よくぞ著名人を頼りにしたことよ、と思う。バックボーンになってくださっている多くの著名人のおかげで、募金してくださる大勢の方々に安心してもらえているし、カタログハウス社や近畿ろうきんからの多額のご支援も「ゆめ風」への信頼度ゆえに生じたのであろう。そしてもっとも大きいのは、われらスタッフの気持ちが引き締まっていることだ。ボクたちが少しでもズサンなお金の扱いをしたならば、それは呼びかけ人のお名前にかけて絶対に許されない。このことを肝に銘じているからだ。問題なく二〇年を迎えられ、約束通り、支援金総額三億二千万円強を手渡すごとく確実に被災地の障害者に届けてきたことをご報告し、ここに心をこめて感謝いたします。

さて、ことしが二〇年とのことで、二年前から秘かに準備を進めてきたことがある。三年前の夏に、呼びかけ人代表をしてくださっている小室等さんの、音楽生活五〇年を記念してのライブが新宿・全労済ホールで開かれた。その多彩なプログラムの中で、音楽の良し悪しがまるで分かっていないボクの五臓六腑にビンビンと響いてきて、「鳥肌が」本当に「立った」のが、サックスの坂田明さん、和太鼓の林英哲さん、そして小室等さん、三名によるコラボレーションだった。思わず、大阪の人々にも味わってほしいなぁ、と思った。

そして小室さんのお力添えもあって夢がナント実現することになった。そのうえ、坂田明さんも林英哲さんも呼びかけ人になってくださり、ボランティア出演が決まったのだ。8月16日(日)中之島・中央公会堂です。ぜひ、この機会をお見逃しなく。

©ゆめ風基金