ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.672014年12月21日発行

揺れ続けて20年……

副代表理事 河野 秀忠

陸前高田奇跡の一本松と巨大ベルトコンベアー/写真提供:箕面市人権啓発推進協議会

今年も、昨年に引き続いて、ボクの住まいする街の「箕面市人権啓発推進協議会」が主催する「東日本大震災義援活動」に参加してきた。10月28日から2泊3日の日程で、参加した市民は15名の集団だった。

昨年は、福島県南相馬市から、仙台、石巻市、気仙沼市への縦断の旅だったが、今年は、気仙沼市を中心に、気仙沼湾に浮かぶ大島での被災当時の状況の聞き取りと見学交流になった。相変わらずの強行スケジュールで、「歳には逆らえない」のを実感させられた。

28日には、南三陸町防災対策庁舎から、最後まで津波からの避難を呼びかけ続けて、津波に流されて亡くなった、町職員の遠藤美希さんのご両親が開かれた、「民宿・美希の家」をお訪ねさせてもらい、次に、特別養護老人ホーム「春圃園」。発災当初、定員60名のところに、最大2倍の介護を必要とする被災者を受け入れたとのこと。いろいろと示唆のあるお話が聞けた。

夜は、フェリーに乗り、大島に移動。宿泊民宿の被災された女将さんから、「被災したと言っても、千人の被災者がいれば、千通りの被災がある」と語ってもらい、震災と津波で、石油タンクが流され、湾内が火の海になった光景を説明してもらった。

29日は、カキの養殖場を、沢山のひとたちの支援を受けて再建に踏み切った「牡蠣の処理場」の見学と交流。昼には、気仙沼市に戻り、「シャークミュージアム」で、発災当時の映像を見学。続いて、障害者の自立生活支援「ケアホームめぐみ」を運営する親の会のみなさんと交流。震災後、3年半を越えるのに、知的障害を持つ子どもたちの感性が普通に戻っていないことなどを話してもらった。

また、NPO法人ネットワークオレンジでは、職員の方々に「障がいのある人も、ない人も、みんながまちづくりの主人公だ」を話してもらい、放課後デイサービスなどを見学をさせてもらった。夜は、昨年通り、気仙沼市八瀬で民泊、分宿。この他にも、いろいろな拠点、事業所と交流をした。誰もが話を聞いてもらうだけで助かりますといわれ、こちらが恐縮してしまう。

30日は、陸前高田市の「奇跡の1本松」及び、スーパー堤防の見学、「道の駅の廃墟」の説明を受ける。巨大な土運びローラに唖然とする。

東北3県の沿岸部では、どこに行っても、ダンプカーと重機が走り回っているが、住民の生活復興が進んでいるようには見えないのが、実態のように感じられた。

最後に飛び込んできたのが、帰りの飛行機の時間が迫ってきた頃のこと。「石巻市の大川小学校見学」だった。ボクは、チビで、からだが小さい。そのボクが大川小学校の校庭から見ても、堤防越しの川面は、眼の高さにある。ほとんど天井川といってもいい位の川のほとりに学校はあった。もちろん海は見えない。

慰霊碑には、70名以上の子どもたちや先生が津波に流されて亡くなったと記されている。中には、子どもを抱きしめたまま亡くなっていた先生もいたと。誰も説明をしてくれないで、無言の悲しみだけがひたひたと迫ってきた。ただ、ただ、はらはらと気持ちが揺れた。 そして、大阪に帰ってきた。

揺れたといえば、「被災障害者支援ゆめ風基金」設立当初から、理事を務めていただいた楠敏雄(視覚障害者)さんが、今年2月16日に亡くなられた。享年69歳。この訃報に接して、ボクたちの想いは、激震のように揺れた。

楠さんは、ゆめ風基金の代表理事、牧口やボクを仲間に1970年代始め頃から、日本の障害者市民解放運動の中心を担い続け、多くの市民活動をつないできた人物に他ならない。とても気さくなひとで、様々な事柄で困っている障害者がいれば、何はともあれ、その現場に駆けつけるようなひとだった。

多くのひとの気持ちの揺れの中で、この10月1日に大阪市内で「偲ぶ会」が開催された。多くは語りますまい。偲ぶ会参加者が、700名を越えていたことが、その偉業の全てを語り尽くしている。

牧口も、ボクも、力及ばずながら、楠さんが辿ってきた思い出の一端を語らせてもらった。未だに気持ちが揺れているけれど……。

阪神淡路大震災を機に設立された「被災障害者支援ゆめ風基金」は、揺れ続けた20年間といっても過言ではない。来年の8月には、その揺れの歴史を記念するイベントも企画されており、その準備もそろそろと始められている。

阪神淡路大震災発災時、神戸の被災地では、やはりというか、日常の市民社会に埋もれていた「差別事象」が噴出していた。高齢者や病人、障害者市民の救済は後回しにされ、避難所生活もままならなかった。東日本大震災にも繰り返された光景でもある。

取りあえずは、お金がいると、ゆめ風基金は立ち上がったけれど、どのような人が基金をしてくれるのか、皆目目算が立たないまま、ゆらゆら揺れながら、旗を掲げた。永六輔さんや小室等さん、山田太一さんなどと、揺れながら相談し続けた記憶が鮮明にある。

確固たる理念を持たないゆめ風基金は、これからも引き起こされるであろう、自然災害の只中で、揺らぎつつ、多くの皆さんとの相談を基礎に、忘れないように、ゆらゆらと歩み続けて行きたいと念願しています。

去る七月十二日、大阪で初めての第一回「ゆめ風であいましょう」イベントを近畿ろうきんの大阪駅近くの肥後橋・ろうきんホールを提供してもらって開催できた。我らが呼びかけ人代表の小室 等さんをはじめ、関西では「ABCおはようパーソナリティ」で超ご多忙の道上洋三さんに加えて、高校時代にPL学園の桑田・清原両選手の一年先輩でホームランバッターだった清水 哲さんのトーク(どちらもゆめ風呼びかけ人)。そして、こむろゆいさんと小室等さんの歌とトーク……タイガースの「六甲おろし」を全員で合唱しつつ、こちらもゆったりした楽しいひとときを過ごすことができた。ぜひ恒例化したいの声。

その舞台で、小室さんが「ゆめ風では在り得ないことがよく起こる」と言われて、その一例として「永六輔と谷川俊太郎合作の作詞は在り得ない」と、「ゆめ風応援歌」の二曲を紹介された。ホントにそうで、ことの成り行きは思わぬほうに転がっていく。永さんと谷川さん、お二人の心の広さを有難く嬉しく受けとめるしかなかった(ことの成り行きは省きますが、応援歌のCDで説明しています。が、決して押し売りはしません。念のため)。

それにしても、お二人のお言葉をごちゃごちゃに切り離して、またまたつなぎ合わせて、二つの応援歌を作曲してしまう……小室等さんも不思議な魔力の持ち主ではある。

©ゆめ風基金