ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.662014年9月25日発行

むかし「世界の七不思議」に
ワクワクドキドキ。
いまの「不思議」はドキッにご用心。

代表理事 牧口 一二

少年の頃だったか、遊び仲間たちと「世界の七不思議」をワクワクドキドキ時を忘れて語り合っていた。エジプトのピラミッドやらイタリアのピサの斜塔とか。

いったい「七つ」って何だったっけ、とインターネットを開くと、ナント「七不思議」といっても、古代の・中世の・現代の、と分れていたり、自然界の・建造物の・ミステリーの、で分類されていて単純ではなさそうだ。でもまぁ、確かにピラミッドは古代の七不思議に入っていて現代に残る唯一とのこと。ほかの六つは地震や破壊で消滅し、いくつか遺跡を留めているらしい。また、ピラミットといっても三つ並んだエジプト・カイロの大小ピラミットは古代だけで、メキシコのマヤ遺跡として残るチチェン・イッツァのピラミッドが現代の・新世界の・ミステリーの三分野で選ばれ、興味深い。ピサの斜塔は中世の七不思議に入っていた。

こんなに様々な七不思議があるなら、ボクも考えてみたいと思った。ペルーのナスカの地上絵、イースター島のモアイ像は入れたいなぁ。

本来なら、あれだけ底知れぬ人災を引き起こした放射能、その反省も責任もないままに再稼働をもくろむ安倍政権の、その不思議さの証しに広島・長崎の「原爆遺跡」と福島の「原発建屋」をボクは挙げたい。

ところで、ゆめ風基金としては現代の不思議に東京本社の「カタログハウス社」と「近畿ろうきん」を登録したい。

カタログハウス社は、ゆめ風が発足して間なしの阪神淡路大震災の災害状況が生々しい頃、どれほどの支援金が集まるか不安いっぱいの中、わざわざ訪ねてくださったのだ。聞けば、カタログハウス社の季刊誌『通販生活』に(つまり客である読者に)、ゆめ風基金へのカンパを呼びかける郵便払込取扱票を綴じ込んでくださる、という。まさに、ゆめが風にのってやってきたのだ。それから毎月、多額のカンパが振り込まれることになる。まだ助走段階だったゆめ風基金がどれだけ励まされたことか、あの頃の感謝感激をどう表現できようか。その言葉が見つからないまま、まもなく二十年を迎えるゆめ風基金なのだ。毎年の暮れに本社の地下ホールを提供してもらって、「ゆめ風であいましょう」の東京イベントを開催し、永さん小室さんはもとより関東在住の全国区の呼びかけ人をゲストにボランティア出演してもらって贅沢なひとときを市民に提供できてきた。

近畿ろうきん(近畿労働金庫)は、多くの方々のお蔭で国内海外の被災地の支援をしながらやっと億単位の基金がプールできた頃、多額のお金を抱えたまま活用しないのはもったいなくて、近畿ろうきんとタッグを組んで障害者団体への貸付制度を始めた。申請者との関係はゆめ風が、返済診断はプロの近畿ろうきんが責任を担う「ゆめのたね」融資制度をスタートさせた。現在まで三八件の融資総額は一億三千五〇〇万円、おかげさまで一件の焦げ付きもない。一方で東日本大災害に遭遇することになる。近畿ろうきんでは定期預金「サポートV」を立ち上げ、復興支援への呼びかけを行う(つまり客である預金者に)。定期預金は五年もの・七年もの・十年ものがあり、その金利に近畿ろうきんが二倍にして、被災障害者支援のゆめ風基金と震災遺児支援のあしなが育英会を通して被災地の復興支援を行おうというもの。

この二つの会社は、一円でも儲ければ褒め称えられる資本主義社会にあって堂々と君臨しつつ、しかも社会貢献へも情熱を注いで、その上に自社の客に当たる市民へも協力を呼びかけている点が共通していて心から敬意を表したい。現代の不思議といえる。

近畿ろうきんさんに感謝状をお渡ししました

去る七月十二日、大阪で初めての第一回「ゆめ風であいましょう」イベントを近畿ろうきんの大阪駅近くの肥後橋・ろうきんホールを提供してもらって開催できた。我らが呼びかけ人代表の小室 等さんをはじめ、関西では「ABCおはようパーソナリティ」で超ご多忙の道上洋三さんに加えて、高校時代にPL学園の桑田・清原両選手の一年先輩でホームランバッターだった清水 哲さんのトーク(どちらもゆめ風呼びかけ人)。そして、こむろゆいさんと小室等さんの歌とトーク……タイガースの「六甲おろし」を全員で合唱しつつ、こちらもゆったりした楽しいひとときを過ごすことができた。ぜひ恒例化したいの声。

その舞台で、小室さんが「ゆめ風では在り得ないことがよく起こる」と言われて、その一例として「永六輔と谷川俊太郎合作の作詞は在り得ない」と、「ゆめ風応援歌」の二曲を紹介された。ホントにそうで、ことの成り行きは思わぬほうに転がっていく。永さんと谷川さん、お二人の心の広さを有難く嬉しく受けとめるしかなかった(ことの成り行きは省きますが、応援歌のCDで説明しています。が、決して押し売りはしません。念のため)。

それにしても、お二人のお言葉をごちゃごちゃに切り離して、またまたつなぎ合わせて、二つの応援歌を作曲してしまう……小室等さんも不思議な魔力の持ち主ではある。

にこまる48:奏海の杜の子どもたちとスタッフによるダンス

「みちのくにょっきりフェスタin石巻」を終えて

被災地障がい者センター石巻 箕田 朗子

気持よい青空が広がった7月27日(日)、石巻市の中瀬公園自由広場で、「みちのくにょっきりフェスタin石巻」が開催されました。時折吹く強風で、屋台のお好み焼きや焼きそばの鉄板の火が消える、ステージの譜面台が倒れるといったトラブルもありましたが、大勢の方々に来ていただき、盛況のうちに終えることができました。

このイベント開催のきっかけは、2011年から毎年大阪市で開かれている「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」です。その祭りでの「障がいのある人・ない人が集まって、一緒に楽しむ」光景をぜひ石巻でも見たいと思っていました。そこに「ポジ祭」実行委員から、「今度は石巻でも何かイベントやってみたら」という提案の声。「自分たちに何ができるんだろう?」と不安を抱えつつも、「とにかく、やってみよう」と決心しました。

それから、被災地障がい者センター石巻が事務局となり、仙台市のCILたすけっと、麦の会、南三陸町の奏海の杜などの元々関係のあった団体のメンバーと実行委員会を立ち上げたのは、2月末のこと。その後、石巻市内の障害者福祉関連の団体や街づくりの団体等のメンバーが加わり、最終的に実行委員会のメンバーは30名ほどになりました。

イベントの準備にあたっては、わからないこと・慣れないことだらけで、正直大変でした。それでも、たくさんの方々のご協力のおかげで、なんとか当日を迎えることができました。

イベントでは、ステージでのダンスや演奏、障がい者プロレス、お好み焼きや石巻焼きそば、ピザなどの飲食物や小物の販売、障がいのある子どもたちの活動紹介や防災グッズの展示を行いました。

障がい者プロレスでは、仙台の団体ODAZUNAと石巻のモハメド・アベ、ビッグマウス・イシモリの対戦など、照りつける日差しの中、まさにアツイ戦いが繰り広げられました。障がい者プロレスを初めて観る人も多く、みな興味津々だったようです。

ステージには、石巻や南三陸町の子供達、大阪市在住の加藤さん(ベリーダンス)、たすけっとの高橋さん(HMというユニットで歌を披露)といった障がい当事者に加え、元ドリフターズ(アメリカのソウルグループ。あのドリフではありません)のメンバーで石巻市在住のレイ・ドロシーさん、被災地障がい者センターみやぎのボランティアだった西村茂樹さん率いる西村組、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬さんというプロのミュージシャンにも出演していただきました。レイさんの歌に合わせてノリノリに踊り、「満月の夕」で大合唱。楽しい時間でした。

来場者数、推定500名。こんなに多くの来場者があるとは思っていませんでした。関西など遠方からのお客様も多く、センターみやぎのボランティア同士の再会も多かったようです。「楽しかったです」「また来年も」との声をいただき、感激です。これも、イベント開催にご協力いただいた皆さんのおかげです。ありがとうございました。いくら感謝してもしきれません。このイベントを通じてできたつながりを大切にしながら、センター石巻の活動を進めていきたいと思っています。

屋台:どこの屋台も行列ができました/プロレス:石巻の阿部と石森の登場

©ゆめ風基金