ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.652014年5月28日発行

記憶の行方

副代表理事 河野秀忠

ボクが子どもの頃、当時は、テレビがなくいろいろな情報は、ラジオ放送で伝えられていた。そんな時期に一本の連続ラジオドラマが評判になった。タイトルは「君の名は」だった。

その放送が始まると、街の銭湯の女湯がカラッポになったという伝説も巷間に流れた。そのドラマの冒頭に流れたナレーションに、「忘却とは、忘れ去ることなり」というセリフがあった。まだ小学生低学年だったボクには、その意味が理解できないでいたが、「忘却」という言葉は、脳にすり込まれた。まだ戦争の空襲跡地が広がっていた大阪市内の光景と、それは、ボクの脳を住み家としてしまった。あの時代のボクの記憶だった。

ワケあって、十五歳の頃、大阪市淀川区の十三という街で、酒屋の住み込み店員として働くようになった。朝は六時から、夜は十二時まで働かされた。当時の大学新卒者の初任給が「一万三千八百円♪」と歌われていたが、さすがに過重労働だったから、ボクの月給は、三万円、ボーナス無しだった。

酒屋店員の仕事は、午前中に得意先を回り、注文を受け、午後、注文品を届ける。夜は、十三が繁華街だったので、呑み屋さんを回り、アルコールの受注と配達だった。休みは、月1回。その午前中の注文取りの得意先のひとで、「太平洋戦争の特攻隊の生き残り」を名乗るひとがいた。ボクをつかまえては、戦時中の軍隊のことを話す。そのひとは、朝から酒を呑み、ほとんどアルコール依存症の様相で、軍隊時代のあれは面白かった、これは楽しかったという話ばかりをボクに聞かせた。他のひとたちは、戦争時代の苦労話をするのに。

大人直前のボクの脳は、それなりに、その状態を分析した。大人たちは、その経験の楽しい部分は、繰り返して語るけれど、辛い話は、自動的に脳から排除するのだなと。おとな直前時代のボクの記憶になった。

そして、今、現在から十九年前、阪神淡路大震災が、神戸地帯を襲って、多くのひとびとの「いのちと夢」を奪った。そして、ひとびとの懸命な復興への作業に寄り添いながら、ゆめ風基金も誕生した。だから、来年は、ゆめ風基金設立二十周年ということとなる。

今に至っても、神戸の街のあちこちに、大震災の傷は残されている。被災したひとびとの心にも、その時の記憶は、クッキリとあるはずだと、大阪から被災障害者支援をし続けた記憶が、ボクの今に囁きかけてくる。

当時、被災地に出入りしながら、実に沢山のひとたちと話し合ったことを想い出す。そして、必ず話されたのが、「この大震災のことを、そこで想いを抱きしめて生き続けている私たちのことを忘れないで欲しい」との言葉だった。支援に駆けつけた多くのひとたちも、そのひとつひとつの言葉と心を、己が脳の記憶としてうなずいたハズだった。

しかし、時が移ろい、時代が変遷するに従って、神戸の街の復活とともに、ボクたちの記憶から、神戸の街のひとたちの記憶が、静かに姿を消しつつあるのも事実ではあるまいか。

それ以後、国内だけではなくて、世界の各地で自然災害による被災が起き、力及ばずともゆめ風基金は、救援、支援の手を、被災した時に、一番手が届きにくくなる被災障害者に差し延べてきた。そして、三年前の東日本大震災。地震、津波、原子力発電所事故と、規模や深さでは、阪神淡路大震災を越える形で、「いのちと夢」が失われ、ボクたちの目前で展開し続けている。

復興の進行は、遅々として進んでおらず、東北地方のひとびとの「心と夢」は、ボロボロになったままで、停止しているようにさえ感じられる。オリンピック招致に舞い上がり、復興工事費が倍増するのもおかまいなし。原発事故は完全にコントロールされているとのタワゴトをまき散らかしてばかりいる只中で。

ゆめ風基金も、小さいけれども、持てるチカラを総動員して、被災地のひとびとと交流し、つながろうとしてはいるのだが。まだまだ先は長いというのが実のところではあるだろう。

東北の被災地のひとびとが語る言葉は、十九年前の神戸のひとびととウリふたつなのだ。「ここで起こったこと、ここで生き続けている私たちのことを忘れないで欲しい」と。ボクの脳の記憶が鳴動して、「忘却」という響きを放つ。またまた忘れるんじゃないかと、心が揺れてしまう。

ゆめ風基金には、想いを同じくする全国各地からの記憶と言葉が届く。そのひとつに次のような言葉があった。

「私は、年金生活なので、大したことはできませんが、年金の中から、少額ですが寄付を送ります。そして、細く、長く、送り続けます。それが私にできるつながりと、忘れない記憶です」とありました。

ひとびとの記憶は、つながっている。忘れない想いは、確実に「にんげんの世界」にあり、記憶の行方は広がっているのです。

20周年ロゴマークができました。

ゆめ風基金は来年発足20年を迎えます。長きにわたるご支援本当にありがとうございます。今年1年間、これまでの歩みを検証し、何を継承していくのかをしっかり議論していこうと話し合っています。

「ゆめ風20年」を若い人がデザインしてくれました。協賛の催しにお使いください。(ゆめ風基金一同)

©ゆめ風基金