ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.642014年1月27日発行

「まっすぐ生きる、はっきり話す、しっかりつかむ」から…いまの世相を想う

代表理事 牧口 一二

副代表の河野秀忠と交互に担当しているこの巻頭言、そのNo.62号(前々号)で、ボクは東北で語られている、津波がきたら「周りを気にせずテンデバラバラ一目散に高台へ逃げろ」と、まずは自分を守ろう、と呼びかけている「津波てんでんこ」について、障害者の立場からボクの想いを書いた。

あの東北大震災のとき、釜石小学校の全校生184名は昼すぎに下校し、海岸や海に近い公園などでテンデバラバラ遊んでいたという。事前に津波のことや「まずは自分」を学んでいて、津波が来ると感じ取るや、その場にいた仲間と話し合い、周りの家族や知人・高齢者にも「早く逃げて」と声かけをしながらテンデバラバラ高台に急いだ、とのこと。そして184人全員が生き残って話題になり、「釜石の奇跡」として語られたのだった。

その後、インターネットで知ったのだが……「逃げることの大切さ」を伝えようとした釜石市立唐丹(とうに)中学校3年生の言葉が、津波記憶石として碑になったとのこと。その石碑には「100回逃げて、100回来なくても101回目も必ず逃げて!」「津波なんかに負けない、仲間がいるから」などが刻まれている、という。

この石碑の言葉に、夏休みに釜石市を訪れた三重県尾鷲市の小学校教諭が「これこそ、体験した人たちの言葉!」と感銘し、低学年向けにアレンジして「てんでんこ」と題した詞を作られた。

「100かいにげても からふりばかり それでも こんどもにげるんだ じぶんのいのちは じぶんでまもる つなみなんかに まけないぞ おとなになつてもわすれない みんなのえがおが たからもの てんでんこ てんでんこ てんでんこ」

心に響く言葉は、時をこえて距離をこえて広がっていくんだなぁ……とボクの心にも響いてきた矢先、12月14日のことだった。

じつはこの日、恒例イベント「ゆめ風であい(出会い)ましょう」を東京・新宿のカタログハウスで催したのだが、この日のゲストに精神神経科医きたやまおさむさんをお招きし、常連の永六輔さん、小室等さんに加えて、朴慶南さん、松島トモ子さん、こむろゆいさん、外山惠理さんの特別出演もあって(すべてボランティア出演)、いつものカタログハウス地下ホール(ここも無料提供)は事情ありで使えなかったが、ご厚意で7階食堂(客席は半分に減って『通信生活』読者優先)での催しとなったけれど……。

催しの中で小室等さんとこむろゆいさんが歌われた釜石小学校の校歌(あの『ひょっこりひょうたん島』の<波をちゃぶちゃぶ掻き分けてぇ〜雲をすいすい追い抜いてぇ〜>の井上ひさし作詞・宇野誠一郎作曲コンビが作られた校歌だった)は、井上ひさしさんが釜石小学校から校歌を依頼されたとき、「一字一句、変更しないと約束してくださるなら」と言われて、釜石小学校はその約束を守ったという、その歌詞は……

いきいき生きる いきいき生きる/ひとりで立って まっすぐ生きる/困ったときは 目をあげて/星を目あてに まっすぐ生きる/息あるうちは いきいき生きる

はっきり話す はっきり話す/びくびくせずに はっきり話す/困ったときは あわてずに/人間についてよく考える/考えたなら はっきり話す

しっかりつかむ しっかりつかむ/まことの智恵を しっかりつかむ/困ったときは 手を出して/ともだちの手を しっかりつかむ/手と手をつないで しっかり生きる

ボクが知らなかっただけで、すでに大変な評判らしい。184人の子どもたち全員が助かったのは、この詞を歌いながら逃げたので別の力が湧いてきた、とのウワサもあるほど。

おふたりの歌を聴いていて、ホント、生き抜く力がむくむくと湧き上がってくるのを感じて目頭が熱くなった。

この校歌の存在を知られた永六輔さんと小室等さんが期せずして、「これを日本の国歌にすればいい」と言われたそうで、ボクもゆめ風基金の風に乗せて、とくに今の世相の日本の隅々に伝わり広がってほしい……と願わずにはいられない。

ほんとうは国歌や国旗という崇め奉るものはないほうがいいと思うのだけれど。

©ゆめ風基金