ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.632013年12月17日発行

言葉を失うってコト、
大震災から2年半の時間を使って

副代表理事 河野 秀忠

ボクが事務局長を務める「箕面市人権啓発推進協議会」が、東日本大震災の被災地を訪ねて、意見交換・交流のツアーを実践することになった。

10月19日から3日間、総勢23名の老若男女の団体様である。19日早朝に、伊丹空港を立ち、仙台空港に。

仙台空港に到着したときには、ボクの脳裏に、震災当日の津波によって、沢山の飛行機が流されていた画面がチラリと流れたけれど、実際には、空港は奇麗に片付けされていた。それでも、営業しているのは、空港ターミナルの半分で、電気がまだ回復していない。空港内の電源は、自家発電機で凌いでいるとのことだった。

さて、ここからが本番。ボク個人としては、被災3県を8回位訪ねたことはあったけれど、それはいずれも「点の訪問」だった。例えば、福島県の郡山市を訪れても、大阪と郡山市を往復するだけで、いわゆる「線」とか「面」の訪れにはならなかった。

今回は、団体だし、その上、観光バスでの移動。訪問計画では、仙台空港―南相馬市―小高地区―仙台市―南三陸―気仙沼市―石巻市―仙台空港と、分秒刻みの行程で、訪ねた各地で地元の支援団体との意見交換・交流会を持つので、まるで修学旅行なみの込み込み日程で、仙台空港から南相馬市へ。その後は、沿岸部をひたすら走り、岩手県の手前、気仙沼市に至るのだ。まさに「線」的ツアーなのだ。

しかしである、ボクもそうだったが、「物見高い観光旅行と思われまいか」と心の底にジクジクするものがあった。ところが各地の人たちは、異口同音に、「こうして訪れてもらって、とても嬉しい。被災地を忘れないようにしてほしい。私たちの言葉を聞いて欲しい。おみやげを一杯買ってくださいよ。地元の商店が活気づきますから。」と話してくださり、「また何度でも来て下さいよ。待ってますから。」と、送ってくれた。なんだかホッとした心もちがした。

南相馬市小高区で撮影

最初に訪れたのは、南相馬市だが、案内をしてくださったのは、NPO法人「つながっぺ南相馬」理事長の今野由喜さん。今野さんは、南相馬市小高区の住民で、現在は、原発事故の結果、放射線量が高く、小高区が立ち入ることは出来るが、泊まることも、住む事も出来ない区域に指定されているために、地区住民とともに南相馬市の仮設住宅に避難されている。

その今野さんがバスに同乗して、小高地区を見学させてもらった。バス内で今野さんは、「これから行く所は、非常に放射線量の高い所だから、被ばくがいやなひとは、バスを降りないでください。降りたひとも、アスファルトの道は歩いてもらってもいいが、草地や土道は歩かないように。」と言われたが、もちろん、ツアー全員は、バスを降りて見学することを選んだ。

周辺から、小高地区の町に入り、中心部の小高駅前に向かったが、町のどの通りにも人影はない。全ての家屋、お店が空っぽ。道路を走る車もない。交通信号だけが点滅していて、切ない。やはり町には、ひとがいないとなぁと、ボクは、ため息が出た。町の駅には電車が走っていない。線路は津波で寸断したまま。誰も引き取り手のない、自転車置き場の山のような自転車は、雑草に埋もれていた。なんとも言えない感情が沸いて、言葉がボロボロと姿を消した。

ひとびとの記憶や暮らしを失った町。目に見えない、匂いもしない放射線に覆われ、占領されてしまった町。いつになったら帰れるのか不明の希望の去った町。

帰り道、田んぼが広がる場所では、津波によって流されてきたナンバープレートを付けたままの自動車がゴロゴロと転がっている光景が車窓に流れた。もう震災から2年半の時間を使ったのにと、またまた、言葉を失った。

この町でも、原発事故当時、住民が各々避難する中、高齢者、障害者、その家族が避難から取り残され、安否確認すらなされずに、困難な生活に陥ったことを、次の訪問先、南相馬市の「さぽーとセンターぴあ」の青田代表に話していただいた。こうして、氾濫怒濤のようなツアー第1日目は、夜を迎え、バスは、仙台市に向かって疾走したが、車中のひとたちは、あまり会話ができず、夜の闇に沈む沿岸部の風景に目線を放つばかりだった。

まあ、この3日間ツアーは、正味疲れたぁ。後の2日間の記憶は、何かの機会に書き留めておこうと考えている。71歳のからだには、年は争えないと通告されてしまったのだから…。

©ゆめ風基金