ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.622013年9月27日発行

障害者の立場から「津波てんでんこ」を
じっくり考えてみると…

代表理事 牧口 一二

東北大震災のあと、「津波てんでんこ」という言葉がよく聞かれるようになった。「命てんでんこ」とも言うようだ。「地震や海底噴火で津波が来ると察知したら、取るものも取りあえず、家族や親しい人の安否を気にせず、まずは自分、てんでんばらばら一目散に高台へ逃げろ」という意味だという。この言葉とその意味に出合ったとき、障害者のボクが直感したのは、何度も何度も津波の辛酸をなめてきた東北の人々が、その恐ろしさと辛く悲しい出来事を繰り返さないために後世の人たちに言い伝えようと、単純明快に「まずは自分の命を守れ」と言ったのだ、と感じた。それゆえ、まだ障害者は例外扱いの時代で、社会全体を語るとき障害者のことはほとんど念頭になかった頃の言い伝えだと感じ取った。

だけど少しずつ分かってきたことは、古くからの言い伝えだったかもしれないが広く世間で語られるようになったのは意外に新しく、1993年の北海道・奥尻島のある家族の悲劇が発端らしい。ある母子3人が手をつないで高台に避難する途中、祖母も一緒に逃げようと少し寄り道をしたため、そのわずかな時間差で逃げ遅れて3人とも津波に呑まれてしまう。が、祖母はすでに避難していたのだった、という悲劇。この痛ましい出来事を教訓に、その後の2003年十勝沖地震の被害が重なり、「まずは自分の命を守れ」が強調され始めたようで、すでに障害者の地域での暮らしは広く認知されている頃である。

となると、障害者の立場からはムムッとなるのだが、ふと、古くから言われてきた「生まれてきたのが独りなら、死んでいくのも独りだよ」という言葉が頭に浮かんだ。この「結局は独りぼっち」という言葉…サバサバしていて潔いというか、ドライな響きに胸を突かれるけれど、どこか寂しい響きを持っている。「津波てんでんこ」が言おうとしている考え方とよく似ていると思った。

そんなことを思っていて、障害者市民運動が40年かけて築いた金字塔「重度障害者の自立生活」と「従来の自立観」の違いを思った。つまり、障害者を念頭にしない従来の自立観は「他者の力を借りないで全ての面で1人で生活できるようになる」ことだった。「一人前」ということ。ゆえに自立できない障害者は肩身の狭い思いをするしかなかった。しかし、障害者自身が市民運動を始めて、人権意識に目覚め、新たな自立観を創出したのだ。できない部分を他者の力によって補うことで親から離れて自らの生活を営む生き方だった。

ひるがえって障害者を念頭にしない従来の自立観は、子どもの頃は周りのさまざまな人の力を借りて成長していくが、大人に近づくにつれて他者の力を借りることを恥ずかしく感じて、なんとか自分独りでやり切ろうと努力しながら大人に成っていく。それを望ましいと考えがちな社会は、こうして「自立」ならぬ「孤立」する人々を育ててきたのではないか。しかし人間は孤立しては生きられない。

「津波てんでんこ」は、命こそ大事、共倒れするな! との願いを端的に合理的に伝えようとしたのだろうが、人は周りの人(まして親きょうだい、親しい友)を気遣うことなく1人で逃げられるものだろうか。必死に「共に助かろう」とするのが人間であって、これは「自己犠牲」とは違う。「共倒れ」は「共に助かろう」とした(不幸な)結果なのではないか。よく不幸なニュースで、年下のきょうだいが川で溺れ、助けようとした年上が共に流されて帰らぬ人になる、との事実はよく耳にする。逆に、年下が年上を助けようとして共に溺れてしまった場合もある。こんな痛ましい悲しいことは言葉が出ないほど辛いけれど極めて人間らしい行為だとも言える。これは決して自己犠牲を賛美することではない。仮に溺れた弟を助けようとした兄が(泳ぎが得意でも)怖くて、きょうだいを見殺しにしてしまった、というのも極めて人間らしい行為であり、誰も責めることはできない。心に傷をもってしまった兄を「あなただけでも助かってよかった」と慰めるのが、命を大事にする周りの人たちのとても大切な行為だと思う。

よく知られることになった「釜石の奇跡」では、ほとんどが津波にやられてしまった地域の子どもたちで、全校生184名があの日、昼すぎに下校し、周辺や海岸でテンデバラバラ遊んでいたらしい。それまでの授業で「津波てんでんこ」の意味も教えられていたという。そこで、テンデバラバラ逃げたのだったが、そこは人間、1人で逃げたというよりグループやきょうだいが助け合って逃げたようで全員が1人の犠牲者も出さず、周りにいた家族や高齢者たちにも「早く逃げて」と声かけしながら高台へ急いだ、という。すべてが好い方向に進んだらしく、「奇跡」といわれる所以はそこにあるのだろう。

ともすれば利己主義にとられかねない「津波てんでんこ」をもう一度じっくり考えてみて、あらためて人は何かの出来事に遭遇した場合、何を思い、何に向かって動くものなのか、人と人とのつながりの深さと不思議な力をつくづく思い知ることになった。

©ゆめ風基金