ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.592012年12月21日発行

似て非なるもの、
祈りと希望は何に宿るのか

NPO法人ゆめ風基金副代表理事 河野秀忠

郡山駅前のモニタリングポスト

東日本大震災後、2度目の冬を間近にした、10月の18、19日の両日、ボクは、ゆめ風基金の新しいスタッフ、長崎圭子さん「障害当事者」、特別養護老人施設に勤めるS君の3人で、震災原発事故による放射能被害に、多分、揺れているだろう、福島県郡山市を訪ねた。目的は、「JDF被災障害者支援センターふくしま」の代表、白石清春さんと、「あいえるの会」の宮下美起子さんにお会いして、震災その後と、これから先の事柄を聞かせてもらうためにである。

何度訪れても、車窓からの東北の自然は美しい。ボクのような都会暮らしの人間にも、やさしく、日本の原風景を感じさせてくれる。郡山駅に降り立つと、しっとりと落ち着いた町並みが迎えてくれた。一見、普通の街のように感じられ、ひとびとの顔も落ち着いている。ところがである、目的地に向かう道中で妙な光景に出合った。駅前、学校、公園、公共の建物群のいたるところに、高さ150センチ位の、お地蔵さまのようなモノがあるのだ。案内をしてくれていたひとに聞くと、「ああ、あれですか。あれは、放射線量を自動測定しているモニタリング・ポストですよ。」と教えてくれた。なんにしてもと、車を停めてもらいジロジロのぞき込むと、なるほど線量数値がリアルタイムに表示されている。ボクたちのような素人目にも、数値の高さが分かる。しかし、それとは別に、その姿なのだ。ポストの上部には、小型のソーラーパネルがあり、ボクたちが子どもの頃から親しんできた「笠をかぶったお地蔵さま」そっくりのたたずまいがなんとも言えない。

お地蔵さまといえば、日本の各地、町、村にある古くからの子どもに対する祈りの風景である。ひとびとは、障害のある無しに関わらず、生まれ出た命、子どもたちを、自分たちの未来と定め、健やかに育てと願い、祈ってきた。ボクのような信仰を持たない人間でも、幼い息子たちと手をつなぎ、お地蔵さまにお参りした記憶を持つ。

人間の歴史は、太陽「核」の歴史に比べれば、とても超短い。それは人間の限界として、昔からひとびとは本能的に感じ、諦念としてきたのではあるまいか。だからこそ人間は、ささやかではあっても、社会を創り、子どもたちを未来につながる存在として、慈しみ、愛し、お地蔵さまに祈り続けてきたのだと想う。ひるがえって、モニタリング・ポストはどうか。誰もポストなんかに祈らない。それは、似て非なる存在だからだ。原発事故放射線を監視するとして、除染したところに建てられたポスト。子どもたちの命になんらの責任を持たない存在。そんなお地蔵さまもどきを、子どもたちを守ってきたお地蔵さまは、どんな想いで見ておられるのであろうか。

白石さんたちは、語ってくれた。
「原発事故によって、福島から希望は去った。放射能に対して、どうしたらいいのか分からない、不安の中で生きるしかないけれど、社会の底辺に位置する障害者として、障害者だからこそ、希望を取り戻すために、声を上げ、つながりを求め、もがき、前に進むんだ。」と。

まさしく、人間としての熱い叫びがその言動の中にあり、心と魂が、激しく、激しく、共鳴させられた。原発事故の最終収束には、何万年かの時間を必要とすると言われている。類としての人間がその時間の悠久さに耐えられるかどうかは、誰にも分からない。現下の被害には責任が伴うのはもちろんだが、去っていった「人間の希望」に向かうのは、誰にも求められる「人間の営み」であるはずだ。まだ間に合う。つながるチカラ、祈るチカラは、ひととしての人間に宿るはずだ。白石さんたちの「福島の魂・ひととしての魂」の叫びに、呼応しよう。これからの時代を、これからの世界を、つながる社会にしよう。それが、ボクたちにできる唯一で、無二のひととしての生きる方法なのではありますまいか。あなたとボクたちが暮らす場所、働く場所、学ぶ場所で、つながるチカラを広げ、確かめよう!

©ゆめ風基金