ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.582012年10月1日発行

「あしたを考える力」という
人間の底力を発揮するとき

NPO法人ゆめ風基金代表理事 牧口一二

ある日ある時、ある中学校にて。ボクは語り始めた。「地球上にはさまざまな動物が生きているんだけど、ボクはその動物たちのことをあまりよく知らないので間違っているかもしれないけれど、どうも人間だけが持ってる能力があるように思えるんだ。ボクがどんな能力をイメージしているか分かってくれる人はいるかなぁ」と中学生たちに向かって、こんな挨拶で切り出した。

とつぜん少し変わった挨拶から始めたものだから、このおっちゃん(いや、おじいちゃんだよな)、何を訳の分かんないこと言い出すんだ、という空気が多目的室に漂った。と、その時、前列のボクから少し離れた左側で胡坐を組んでいた男の子が「あしたのことを考える力やろう」と、けっこう大きな声で呟くように言った。一瞬、空気が止まったように静かになって、感嘆とも共感ともとれる呻きがあちこちから起こった。「あっ、それええなぁ、とてもええ表現やなぁ」とボクも叫んでいた。

その時、ボクがイメージしていたのは「想像力」だった。ところが、ひとりの中学生が「あしたを考える力」と表現してくれたのだ。そう、この言葉のほうがずうーっといい。その日、とてもとてもすがすがしい気分で帰宅したのだった。

奇跡の一本松

それから一週間後の昼下がり、野田首相が「国民生活を守るために……大飯原発を再稼働します」と言い出した。一瞬、ボクは自分の耳を疑った。国民生活を守る、という言葉をそう長くないメッセージの中で何度か使った。次代を担う子どもたちのためにも、という言葉も使った。そうなら全く逆の結論が出ていいのではないか。福島では一年以上もあしたが見えない人々が多くおられる状況の中で、住み慣れた土地を奪われ、家族をバラバラにされ、仕事を奪われ、周りの環境が放射能で汚染され、山も林も道も田畑も川も海もそして大気も……あらゆる暮らしの小道具一つさえも汚されてしまって、除染、除染というけれど、消すことのできない放射能は行き場がなくて長ーい歳月にわたって留まり続けるという。 この福島の現実、そのほとんどが解決されていない。悲しく辛いことだが多大の犠牲を出してしまった、この福島の現実はわれわれ日本人への教訓だった。そこから肝に銘じて、真摯に真剣に学ぶしかないはずだ。

もし野田首相に「あしたを考える力」があったなら、「人間の英知では制御できない怪物に頼り切ってしまう間違いを犯し、その結果、福島をはじめ多くの方々に取り返しのつかない犠牲を強いてしまいました。被害に遭われた方々が一日でも早い復興できますよう政府は全力を傾けます。全力で償ってまいります。そしてこれからは平和利用といえども原子力には頼らず、全世界に向けて謙虚に慎ましく、じっくり腰を据えた日々の暮らしを大切にする生き方を選ぶことをここに宣言します。その日が一日も早く実現するために、全国のみなさん、節電にご協力ください。そして環境を汚さない新しいエネルギーの開発に英知を結集して取り組みたいと考えます。どうぞみなさん、お力を貸してください。よろしくお願いいたします」とメッセージしたら、どうなるだろう。

基本的にはまじめにコツコツと生きることを由とする私たちではないだろうか。ボクは本気になって節電に取り組むと確信する。また、自然に恵まれた環境のもとでクリーンなエネルギーを開発する底力を発揮することだろう。その分野で国際平和に貢献できるのではないか、と思うのだ。

いまさら言うことではないけれど、ゆめ風基金に提供されてくるお金は、自然災害に遭って困ることになった全国の(世界の)障害者に届けられる、様々な立場の多くの人々から「そんな人たちに活用されたし」との趣旨に寄せられた心のこもったお金だ。届ける側と受ける側の間にはエラブル側とヘリクダル側なんて関係は一切ない。ともすれば、金がすべてに思われている世の中で、つい互いに間違った態度になりがちだけれど、ゆめ風基金事務局ではつねに互いに戒め合っていきたいと語り合っている。

©ゆめ風基金