ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.552011年11月12日発行

太陽の子どもとして、
ひととしての荷物を分け持とう

副代表理事 河野秀忠

ひとの歴史は、自然災害に抗する歴史でもあった。ひとはすぐに、そのことを忘れるが、少しずつではあっても、智恵は、積み上げられ、ふたつのひととしての原則がなんとなく語られてきた。そのひとつは、ひとは、どんなに偉大なひとでも、どんなにつまらないと思われるひとでも、必ず食事を摂る。その食事は、ひとのチカラでは、作れない。太陽のエネルギィという恩恵がなければ、作物も家畜も、魚類もできない。つまり、ひとという生き物は、等しく、太陽の子であり、生きていることだけで意味がある生き物なのだ。もうひとつは、自然災害に抗するには、ひとのつながりが必要だということである。このふたつの原則というよりも、ひとの掟は、永い時間をかけて、社会作りと、政治や経済の営みとして、広げられ、具現してきた。しかしながら、ひとは愚かなもうひとつの掟も併せ持つ。それは、国家という組織活動であり、経済活動の果てしない膨張であり、地球上のあらゆる事柄をコントロールできるという思い上りである。いつの頃からか、国家組織は、階級を作り、平等の名でひとびとを抑圧するようになり、経済活動は、ひとの豊かさを標榜しながら、肥大化して、自然エネルギィ(これらも、太陽エネルギィの恵み、遺産である)に貨幣価値を与えて、取り引きし、貧困や格差、その果ての戦争までをも生起させた。

そのような時代風景の中に、2011年3月11日、東日本大震災が襲来した。その自然エネルギィの規模は、ひとの想像力を、遥かな距離で凌駕するものとしてあり、広く深い。大地震や、大津波で、多くのひとたちの生命が奪われ、ひとの暮らしの基礎である、家屋や仕事が失われ、街が壊滅した。その悲しみの悲嘆は、あまりの深さゆえに、言葉にすることさえ、躊躇れる。それでも自然災害であれば、ひととしての原則、ひとのつながりを発動して、例えようのない、ひとの努力と時間を使って、悲しみを迎え撃つことが、わずかにでもできる。しかし、福島第一原発事故については、怒りが沸き起こるばかりなのだ。回復不能な放射能被害は、地球上のあらゆるものをコントロールできるとする、人間の思い上がりが、人間のチカラでは、コントロールできない、核分裂に破れた人災だからだ。太陽の子どもである、類としての人間は、太陽にはなれないし、太陽の恩恵の枠内でしか、ひととしての営みができないことを、思い知らされた。

その膨大な被災の中で、被災障害者市民救援を、獅子奮迅の想いで続けている「被災地障がい者センター・みやぎ」を、代表の牧口と、季刊障害者問題総合誌「そよ風のように街に出よう」編集長としての河野が、老々介護&へろへろコンビを組み、9月22日から、3日間、訪ねた。そよ風誌の特集取材と、救援活動の現場を語ってもらうためだった。訪ねた仙台市と、被害が甚大な石巻市では、実に沢山の障害当事者、被災者、救援ボランティアの方々から、生身の、本音の言葉をいただいた。感謝あるのみだった。

その中の、ひとつの言葉に強く魅かれた。それは、「被災地の避難所や、仮設住宅では、みんな疲れているし、我慢している。頑張れって言ってほしくない。もう、ギリギリまで頑張っているのだ。被災者や支援しているいろんなひとたちも、自身が被災者なのに、踏ん張って、疲れの限界を抱えて活動している。そのようなひとたちの肩にのっている、ひととしての荷物の荷下ろしをし、分け合うのも大切な救援ではないか」というものだった。そうなのだと合点した。悲しみを抱えているひとや、我慢しているひとには、なるべく小さな荷物を。そうではなく、元気なひと、余力のまだ比較的あるひとは、大きな荷物を引き受ける、分け合い持つ、つながりのひとの掟が発動されなくてはなりますまい。ゆめ風基金は、その窓口になり、なるべく、大きなひととしての荷物を引き受ける覚悟と責任があると、強く想った。なんといっても、ゆめ風基金のお金は、全国の「私はこれくらいなら、ひととしての荷物を引き受けますよ」と想っておられるひとたちが、届けてくださった、真心のお金なのだから。

©ゆめ風基金