ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.532011年5月29日発行

復旧ではなく復活をめざして。

2011年 ゆめ風基金事務局

地震から2ヶ月が経ちました。

被災地はまだがれきの山が続き、粉塵が舞っています。

変わり果てた光景に言葉を失います。たくさんの人の生活が日々営まれてきたふるさとの変貌に胸ふさがる思いです。

呼びかけ人の一人である伊奈かっぺいさんから「ふるさとがふるさとであるために。ふるさとにふるさとでいてもらうために」という言葉が寄せられました。

ゆめ風基金が被災地の障害者自立生活センターと共に設立した被災地障害者センターは、精力的に障害者救援活動を行ってきました。

避難所にも行けず、自宅に取り残され動きがとれない障害者、高齢者家庭に食料、水などの緊急救援物資、介護衛生用品、消毒液を届けたり、介護ヘルパーを派遣したり、困りごとの相談を受けたり、入浴介助をしたり、福祉医療サービスにつないだりと、目の前の、困り果て命の危機に直面する要援護者の救援をしてきました。自ら被災しながらも、いちはやく救援活動に取り組んだ仙台の「たすけっと」、福島、岩手の自立生活センターのみなさんに心から敬意を表したいと思います。

地震以来、ゆめ風事務所では支援を申し出てくださる方からのお問い合わせの電話が鳴り続け、5000人(そのうち新しく会員になってくださった方が半分)を超える方々が救援金を届けてくださり、2ヶ月間で総額が1億1000万円に達しました。この間、膨大な仕事量の助っ人として、ゆめ風事務所にも、のべ100人にのぼる助っ人が応援してくださっています。みなさまに支えられるゆめ風基金であることに感謝の気持ちでいっぱいです。

いただきました救援金は、既にお預かりする2億円基金とともに関東東北大震災の被災障害者救援活動に大切に使わせていただきます。

被災地では、長引く避難生活が本当に厳しい状況です。

当初見つからないとされていた障害者も、何度も訪問活動を続け、活動が広がるにつれ多くの出会いがあり、ニーズも増大してきています。宮城県・岩手県内に緊急避難所を3カ所確保し、事業所設立やヘルパー養成といった長期的視野に立って、活動を続けています。

福島県からの避難障害者受け入れも重要課題となっており、新潟の自立生活センターをはじめ、全国の障害者ネットワークが受け入れ体制を整えつつあります。

ゆめ風基金は、これからも全国の障害者支援ネットワークと手をつなぎ、懸命に救援活動を続けていきます。どうかご支援ください。現地ボランティアも引き続き募集しています。

新しいリーフレットができました
ご活用ください!

石井彰さん・オオタスセリ・鎌田實さん・きたやまおさむさん・林英哲さん・松島トモ子さん・本橋成一さん・森達也さん・光野有次さんがあらたに呼びかけ人になって下さいました。

リーフレットを無料でお送りしますのでゆめ風基金までお申し込みください。

©ゆめ風基金