ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.522011年3月4日発行

案ずる生き物、にんげん

2011年2月 副代表理事 河野秀忠

2011年に入って、自然の脅威と自然災害が続いている。鹿児島県と宮崎県の境にある霧島連山のひとつ、新燃岳が強い噴火を続け、幸いにも死者は出ていないものの、爆発的噴火と、空振や、火山灰、噴煙による農作物被害。振動でガラスが割れたり、その二次被害のけが人も出始めている。

また日本海方面では、昨年末から降り続いている雪が、止むことなく降り続けて、交通路や、ひとびとの生活域に降り積もり、高齢者の雪降ろし作業の困難性が、メディアによって報道され続けてもいる。中でも福井県を襲った「福井豪雪」は、道路上に、ニッチもサッチも行かない自動車の閉じ込め行列状態を作り出し、JRの幹線路線でも、運行中止で乗客の車中泊の場面が、テレビで写し出された。

今さらながらに感じることではあるが、自然が持つエネルギィの巨大さには圧倒させられてしまう。その巨大な脅威の前には、にんげんの非力さが晒されてしまうのだ。そして、ボクも含めた、ひとびとは、あの噴煙の下で暮らすひとたち、特に自由に動けないであろう、高齢者や障害者市民は、どうしているのだろうかと。また、豪雪の中で、デイサービスなどを利用しているひとの元には、送迎車が無事に配車されているのだろうかと、案じるばかり。障害者市民の移動や閉じ込め状態は、解消されているのか。特に、ゆめ風基金のネットワークを引き受けていただいている、障害者作業所などの運営に支障はあるまいかと、遠く離れた空の下から、あまり役に立たない気持ちを、冬空の風に乗せるばかりなのだ。

案じるとは、なにか

そのように案じるばかりでのボクたちではあるけれど、にんげんにとって、この案じる気持ちこそが、にんげんがにんげんであることを証明する想いであることを、自然災害に出合うたびに感じてしまう。

にんげんが、この地球という星に現れてから、今日に至るまで、にんげんは、絶えず自然の脅威と対峙し続けてきた。その中には、愚かなにんげんが作り出す戦争という脅威もあるけれど、それはまぁ横に置くとして。先に書いたように、自然のエネルギィは、まさに巨大であり、にんげんのか弱い力では、太刀打ち出来ないほどに圧倒的なのだ。だからひとびとは、災害が起きた場所やその地のひとびとのことを案じる。にんげんは、自然の脅威に出合うごとに、ひとびとのことを案じ、支え、支えられ、つながることをもって、自然の脅威を切り抜けてきた。案じるとは、想像力の働きなのだと想う。

ネコやイヌ、もしくは他の動物とにんげんの違いは、その想像力にあるだろう。ネコやイヌは、新燃岳の麓にいるであろう、ネコやイヌのことを案じたりはすまい。ところが、にんげんだけは、長い自然の脅威との対峙の歴史から学び、他者を案じることで、にんげんのつながり、絆を実感する。この案じる気持ちは、すでににんげんの本性にまでなっているのではあるまいか。今の時代、メディアも発達しており、様々な情報媒体が飛び交っていても、ひとびとは案じる気持ちを持つ。いろいろな生活をガードするセーフティネットが組織され、安心のための仕組みが社会的に構築されていても、ひとびとは、他者のことを案じる。

その動機は、自然の脅威との対峙を切り抜けるにんげんの、知恵としてのつながりのもうひとつの一面を経験則的に知っているからに他ならない。どのように完璧なつながりであったとしても、そのつながりから、落ち零れてしまうひとたちのいることを、ひとびとは知っているのだ。どんなに精密な機械であっても、必ず故障する。にんげんも、成功もするけれども、必ず失敗もする。それは、古今と洋の東西を問わず、にんげんの歴史が証明してくれている。今日に至るまでに、ひとびとのためにとの大義名分を掲げて組織された、社会、国家、権力組織、様々なひと的組織に、パーフェクトなものがひとつもなかったことが、それを示している。だからこそ、ひとびとは、案じることをもって、様々な組織やセーフティネットの隙間を埋め、零れ落ちるひとたちに、手を差し延べ、にんげんの社会を保ってきたのではと想う。

翻って、ボクたちのゆめ風基金のことを考えてみた。阪神淡路大震災の後、ゆめ風基金も動き出したが、国を上げて、地方自治体を上げて、大きな防災組織が構築されてきた。しかしまた、ひとびとのもう一つの知恵の裏側の経験則が働く。防災訓練と称して、大掛かりな訓練が各地で開催されるのだが、それらを担っているのは、屈強な警察や自衛隊、役所のひとたちなのだ。多くの場合、高齢者や障害者市民、からだを自由に動かせないひとたちの姿は、そこには見当たらない。だから、ボクたちは、案じるのだ。ゆめ風基金に寄せられる、ひとびとの合力のひとつひとつは、極めて小さい。小さい案じる気持ちをたゆみなく積み上げ、案じるにんげんの本性を形にして、希望と元気を届けるために、必ず零れ落ちるであろうひとたちとつながつていくのが、ゆめ風基金なのだ。そして、ゆめ風基金独自の、小さな防災努力もする。

ゆめ風基金は、ゆっくりではあるだろうけれど、案じる心を忘れずに、キチンと、にんげんのこととして、自然の脅威と向き合い続けたいと、念願するばかりの、2011年の始まりではある。

©ゆめ風基金