ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.512010年11月24日発行

社会的に弱い立場の人々が後回しになるのは仕方ない、とする社会はグロテスク

代表理事 牧口一二

世界中のマスコミが大々的に取り上げたニュースを、われらがミニコミで話題にするのはちょっと恥ずかしい、というか少しシャクなのだが、チリ北部鉱山の落盤事故はとても気にかかるニュースだった。

落盤後、17日も経って生き埋めになった33人が全員無事とわかったのだ。地下700メートルにシェルターが備えてあり、地上とは直径10センチほどの空気抗で繋がっていた、という。その小さな穴とシェルターが33人の命を繋ぎとめたのだ。みんな生きているとわかって、世界中が沸いた。ところが、すぐ後に助け出すには4か月もかかる、という。この時ほど4か月がとてつもなく長く感じられたことはない。そして世界中で固唾を飲む大ニュースになった。

ボクはよくぞ地下700メートルに33人も入れるシェルターが備えてあったことぞ、と思った。就職できずにいたボクが、やっと学友の助けで社会に出られた頃、三井・三池炭鉱で大きな事故があり、多くの犠牲者が出た、と記憶の片隅にあったが、当時、避難所はあったのだろうか、と条件反射のように疑問が頭をもたげた。

それと、少しずつ地下の様子が小さな穴から伝わってきて、リーダー的存在の人がいたり(あとで、船長のように最後の救出を希望したルイス・ウルスワさんと判明)、トイレの位置なども決められたそうだ。それぞれ役割分担されて、そのチームワークが全員を救った。

そのルイス・ウルスワさん、最後にカプセルから出てくるや、駆けよる大統領に「こんな事故が2度と起こらぬように」と釘を刺した。全員が救出されて沸き立つ雰囲気の中、なかなか出来ることではない。どんな場面に直面しても冷静さを見失わない、その判断力が奇跡的ともいえる生き埋めから70日前後の全員救出につながった、と思える。

ひるがえって「ゆめ風基金」運動は丸15年、この間に『障害者市民防災提言集』(2006年8月刊)と『こんなんええやん!』障害者・高齢者など市民の防災ハンドブック(2010年3月刊)を出版してきたが、そこで得た概ねの結論は「災害時よりも普段からいかに日常生活での付き合いができているか否かが生死を分ける」となり、あらためて地域社会を見直すことになった。

その1つが「中学生プロジェクト」で、昼の間、力持ちで判断力があり、障害者や高齢者そして子どもたちの頼りになるのは誰か?高校生以上の年かさは遠くの学校や会社に行っていることから、「頼りになるのは中学生」となり、いくつかの中学校の協力も得られて、3階の教室あたりから体育館までの避難訓練を実施してきた。その時の記録映像もプロに協力を得て全国の中学校で買ってもらおうと準備を進めてきたが、少し問題が残り、いまはお蔵入り状態で、1日でも早く完成させたいと思っている。

それはそうと、どうすれば地域の人々が普段から付き合いの輪を広げられるか、絆をより深めることができるか、が最大の問題で、正直なところ、親しい障害者の仲間にも「いざっという緊急時にはあきらめざるを得ないだろう」と悲観的に言う人もいるのが現状の社会だった。そのところのチリの鉱山事故、普段の訓練や冷静な判断がいかに大切かをあらためて感じさせてくれたのだった。

少し前になるが、われら運動の呼びかけ人のお1人、シナリオライターの山田太一さんにイベントで協力をお願いした時、ボクとの雑談の折に「弱い立場の人々が後回しになっても仕方ない、とする社会はグロテスクです」と言われた言葉が忘れられない。

「人の力を借りたら何でもできる」一人ではムリでも 友達の力を借りると いろんなことができるかもね

言葉・牧口一二/デザイン・朝倉靖介/書・熊原恵洲

©ゆめ風基金