ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.482010年3月3日発行

比べてはいけないものが、
この世には確かにあります

副代表理事 河野秀忠

以下の文章は、大阪北部の小さな街、箕面市に住いするボクが、ちまちまと代表を務める、障害者市民の働く事業所の発行している機関紙に掲載するべく、これまた、ちまちまと紙を汚したものです。

今年もみんな、つながっていきます

少し遅くなりましたが、2010年、新年明けましておめでとうございます!

毎年、心柔らかく、広い視点で、障害者市民の働く事業所、ワークランドグループを支えてくださっている、たくさんの市民のみなさまに、心からのお慶びを申し上げます!新しい年への船出にあたり、新型インフルエンザで寝込んでしまったお正月に、まどろみながら、しばし考えた事柄を述べ、ご挨拶と致します!

にんげんのからだは、数え切れないくらいの細胞で出来ています。その細胞のひとつひとつの中には、遺伝子というものがあって、自分が、だれかとつながっていることを知らせています。細胞は一日に、何億個も、からだの外に排出されます。そして、新しい細胞と交代するのです。そのたびに、何億個の遺伝子は、ものすごいスピードで、コピーされて、新しい細胞のなかで生きつづけます。

年末もお正月も関係ありません。にんげんが眠っているときも、勉強しているときも、働いているときも、細胞と遺伝子の交代は、とまらないのです。。あなたの遺伝子には、あなたのお母さん、お父さんの思い出がギッシリつまっていて、お母さんやお父さんの遺伝子には、おじいさん、おばあさんの思い出がつまっている。そのまた、おじいさん、おばあさんの遺伝子には…。

それは、障害、年令、病気、男女に関係なくつながっているのです。こうして、にんげんは、ずぅうっと遺伝子をリレーして、つながり、つなげるのです。そして、命はつづくのですから、あなたは、あなたひとりではありません。みんな、つながっているのです。スゴイことです。

また、植物でも、ひとつぶの麦の根っこには、大きな根、小さな根、目には見えないような毛根などが、ビッシリとはえています。その根の全部の長さをはかったひとがいるのですが、おどろいたことに、根っこをつなげた長さは、1万キロメートル以上もあったそうです。ひとつぶの麦の命は、その長い根っこにまもられているんですね。パンハウスは、その麦から「命」をもらい、美味しいパンを焼き、いろいろなひとたちとつながるために、今年も踏ん張りつづけます。

と、ここまで書いていたらば、ドーンとやってきたのです。そうです、「ハイチ大地震」がです。遠いカリブ海のこととはいえ、想定されている「死者20万人以上」の数値には、息を呑みます。ゆめ風基金としても、何らかの行動が求められてはいるのでしょうが、その数値がボクの脳を占拠して、どうすればいいのかの答えを押し止めてしまうのです。もちろん、現在的には、ハイチの国際的環境(米軍による占領時代があった)もあるのでしょう、アメリカを始めとする、支援外交合戦の様相にあり、原子力空母まで、救援に投入されているとのことです。そのような巨大な国家の支援に比べて、ゆめ風基金救援は、なんと小さなことでしょうか。

しかし、「答えは、いつも自分の中にある」のです。小さな救援の営みであっても、ボクたちには、すぐに、ただちにの被災障害者市民救援15年の歴史があります。メディアもそうですが、大状況を説明するために、地震、戦争で○○万人の死者、被災者などと表現されるのですが、ひとりのひとの命は、○○万人分の1の命ではありません。かけがえのない、オンリィ・ワンの100%の命なのです。ひとの命を比べてはなりません。そのことを忘れての救援をゆめ風基金は、とりません。ひとりであろうと、困っている被災障害者市民がいれば、そのひとに寄り添って、ゆめ風基金はあり続けます。皆さんがたの視線とひとを愛するパッションのチカラを、歴史と時代が求めています。一緒につながり、つなげて、「にんげんを解き放つ大道」に歩をすすめましょう!2010年が、そのような年の扉でありますように!

「一人ひとり 特別扱い」だれ一人として特別扱いしないで 一人ひとりを特別扱いしたい

言葉・牧口一二/デザイン・朝倉靖介/書・熊原恵洲

©ゆめ風基金