ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.472009年12月3日発行

行けなかったのに、けっこう味わえた
伊奈かっぺいさん初出演の
「ゆめ風であいましょう」

代表理事 牧口一二

さる9月24日、東京・新宿のカタログハウスで恒例「ゆめ風であいましょう」の催しを開いた。だが、ボクはその前の5連休が始まる前に体調をくずして残念無念ながら東京には行けなかった。その場の報告は4ページをご覧いただくとして、ここでは私事ながら気をもんで大阪でおとなしく寝込んでいたボクの気持ちを書かせてもらいたい。

じつは、「ゆめ風基金」運動の発足当初から永六輔さんが紹介してくださって、伊奈かっぺいさんには呼びかけ人になってもらっていた。何かの機会にお力添えいただこうと(呼びかけ人だけでもお力を借りているのだけれど)考えていたが、青森を拠点に活動されているので、交通費程度しかお渡しできない「ゆめ風」は声をかけにくい存在だった。

だが、思い切って「東京まで交通費だけでご出演いただけませんか」とお願いしてみた。

と、「ゆめ風に、どんな話をすればいいんですか?」と少し戸惑っておられる様子。おそらく障害者問題の何かを語らねば……と思われたのではないだろうか。「いえいえ、いつもあちこちでお話しいただいている内容がうれしいのですが」とお願いして、ありがたいことに快諾していただいたのだった。

そんなわけで、体調をくずしたから東京に行けない、というのは仕方がないことながら、何度も力を貸してもらっている永さんと小室等さんには許してもらえるとしても、初めてご出演いただく伊奈かっぺいさんにはまったく申し訳なく、じっと寝ておれない心境だった。24日当日、副代表の河野秀忠さん、事務局長の橘高千秋さんから「ほぼ満員で、たいへん盛り上がってますよ」「いま、やっと終わりました。伊奈かっぺいさんは、とても素敵な人で、芸風は熱のこもった温かいものでした」「さすが小室さん、『ゆめ風』の説明もバッチリしてくださり、進行も和気あいあいと3人の息もぴったり」「オオタスセリさんがお客としてお金を払って来てくださったんです。しかも永さんの一声で飛び入り出演も。永さんも大喜びでした」と実況放送。ホッとしつつも<行きたかったなぁ>と無念さが込み上げてきた。

後日、カタログハウスの神尾京子さん(ゆめ風の発足まもなくから絶大な支援をくださっている心づよき、そして心やさしい応援団長)から当日の収録音テープを送ってもらい、拝聴すると場内笑いの渦。伊奈かっぺいさんも(ボクの感じ方では)どこか遠慮がちながら、充分に虚をつく話をされて、お客さんに大受けの様子だった。また、当日の参加者からもらったアンケートの結果も知らせていただき、驚いたことに、大変よかった66%・よかった28%・ふつう2%・無記名9%と、圧倒的に好感触だったようだ。また、書いてくださった感想では、「3人の会話を聞いているだけで楽しかった」「もっと硬いお話かと思ってきました。とても元気がもらえました」「初めて来ましたが、このような基金があることを知り、協力したいと思いました」「心の底からこんなに笑ったのは何年ぶりでしょう」「本日ご出演の3人のスマートな笑いに満足です。PART II企画をぜひお願いします」などなど、うれしい感想ばかり書かれている。ただ残念ながら、小室さんが「今日、お出でくださった方で『ゆめ風基金』のことを知らなかった人」と尋ねられると、多くの方が手を挙げられたとか、これは猛反省しなくちゃ。

あまりの大好評で、行けなかったボクはちょっと口惜しく、ちょっくら伊奈かっぺいさんを味わいたくて、インターネットの「伊奈かっぺいの動画」を覗いてみると、「ちいさな悩み」と題した、とてもとてもやさしい話を聞くことができた。やさしい話なのに、会場は大爆笑なのだ。ほんのちょっとご紹介……「思っていることの半分もしゃべれないとお悩みでしょうけれど、言葉がしゃべれない動物がみんな幸せなのかって考えたことありますか」と前置きされて(ただし、津軽弁)、「赤面症の青蛙・失語症のオウム・不妊症のネズミ……」ときて、「近眼のメガネザル・ジンマシンの鯖・チェックの縞蛇・奥目の出目金・シャックリの止まらないカッコウ・猫背のネズミ・色白のカラス・働き者のナマケモノ・ハト派のタカ・キリスト教のホッケ……」などなど、流暢な方言で語られる。伊奈かっぺいさんにまた来ていただきたいなぁ、大阪?神戸?それともアンコールがあった東京?

「別の角度から見るとまったく違ってた」〜らしく、〜のくせに、なんてイヤだな 私は私なんだよね

言葉・牧口一二/デザイン・朝倉靖介/書・熊原恵洲

©ゆめ風基金