ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.462009年9月10日発行

もうひとつのひらかれた扉

副代表理事 河野秀忠

この拙文がみなさんのお手元に届く頃、世の動向がどのような風になびいているのか、憶測の域を出ませんが、麻生総理大臣の手によって敢行された、国会・衆議院「死んだふり解散」によって、この国の総括無き戦後政治の新しい扉が開かれることは、確かな民意の結果として予想されるところです。

ところで、その解散直前に、バタバタと駆け込むように、拙速成立した法律があります。「臓器移植法・改定案」がそれです。たったひとつの法律ですが、その意味するところは、ひとびとの「いのち」に関わることとして、とても重大なことだと感じています。

以下の文章は、衆議院での法採決直前に、衆議院厚生労働委員会に所属する国会議員全員に、ボクの個人名でFAXしたものです。

国会議員のみなさま、厚生労働委員会委員のみなさまへ!

突然に無躾な文書をお送りする失礼をお許しください。

聞き及ぶところによれば、現在、国会の場で議論されている「臓器移植法」改定について、A、B、C、Dの4案が提起されているとのこと。そのことについて、お聞きいただきたいことがあります。特に「一律に脳死をひとの死」とする案があるそうですが、その点については、特に悩ましいのです。

むろん、臓器移植によって助かる「いのち」のあることは、重々承知いたしております。ご本人、ご家族の心労は、いかばかりかと案じるところでもあります。しかしながら、昨今の風潮では、移植を受ける立場は強調されても、臓器を提供させられる側のことについては、あまりに情報がありません。提供される側も「ひとつのいのち」ならば、提供させられる側も「ひとつのいのち」なのです。私の友人の中には、子どもの頃に、医師によって「脳死」「限りなく脳死に近い」と、診断されたにも関わらず、人工呼吸器を利用しながら、何年も元気に過ごし、成長し続けているひとたちが、沢山います。成人になったひと、ストレッチャーに乗り、元気に学校に通ったり、地域生活を送るひともいます。

私の母親は、67歳で糖尿病により他界しましたが、医師によって「脳死」と診断されました。が、それからも3ケ月間、生き続けました。暖かい体温、動いている心臓の音を、今でもはっきりと覚えています。そして、心臓が止まり、冷たくなる母親の手を握りながら、ひとの死を実感したのでした。

どうか、「脳死は、一律にひとの死」などとなりませんように、早急な結論ではなく、根気よく、国民の合意形成、死生観に届くまで、議論を続けてほしいのです。そして、臓器移植医療だけではなく、もっと他の医療技術の向上に力を注いでほしいのです。(現に、長野こども病院では、臓器移植ではない治療技術によって、心臓疾患治療に成功した例が多数あると聞きました。)

万が一、「脳死は、一律にひとの死」との法定がなされた場合、私の友人たちは、「生きている死体」となってしまいます。いまでも「長期脳死」という、珍妙な診断に悩まされているのにです。「死んでいるのだから、臓器提供をしなさい。」とか、「死んでいるのだから、もう治療はしない。」などということがあってはなりません。それだけは、なんとしても避けるべき事柄です。みんな確かに生きているのですから…。

子どもたちの「いのち」は、私達の未来への担保です。そのことに想像力を働かせ、どのような子どもの「いのち」も大切にされる社会、それが実現されるように願い、国政にご多忙なみなさまに、失礼を顧みず、FAXいたしました。どうか、行間の想いをお察しくださり、ご努力、ご熟考いただけますように、伏してお願い申し上げます。

しかしながら、09年7月13日、午後1時。ニホンというこの国の国会は、「脳死は一律にひとの死」という、臓器移植法改悪を、「少数者のことを、多数決で決定する」という、絶対的矛盾を背負いながら、参議院で採択してしまいました。脳死と判定された子どもたちの意志を無視し、家族(?)の承諾のみで、年齢に関係なく臓器提供させられる、悪しき優生思想文化時代の開けてはいけない扉を開いたのです。この動きは、法律や医療の荒廃を招くでしょうし、尊厳死法へと続くのは必至です。「いのちの線引き」つまり、必要ないのち、必要ではないいのちと線引きされれば、ナチス・ドイツの、ユダヤ人大虐殺の前段で、ドイツの知的障害者がガス室で17万人も殺された歴史がよみがえります。

ボクは、とても腹が立っています。個人の「いのち」のことに、法律が手をつけたのです。許されることではありません。「ゆめ風基金」の信念は、どのようないのちにも、生ある限り支援するにあります。「いのちに格差」があるハズもなく、だからこそ、もうひとつの開かれた扉のありようと、障害者市民問題の根幹を成す優生思想文化に、全てのひとびとのこととして、関心を持って欲しいと願います。ボクは、臓器移植そのものに反対です。

「ちがうことこそ ええこっちゃ」いろんな人たちが一緒に笑って楽しく過ごし「ありがとう」を交わすっていいなあ

言葉・牧口一二/デザイン・朝倉靖介/書・熊原恵洲

©ゆめ風基金