ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.442009年2月12日発行

答えは、外からはやってこない

副代表理事 河野秀忠

100年に一度の大恐慌と、政治や経済がわめき、ニッポン国の雇用状況が崩壊の淵で立ち尽くす。世界中が怯えている風景が、遠くに、近くに見えてしまう今があります。ボクたちが、コツコツと営む被災障害者市民基金活動も、否応なく、その激動と鳴動の激浪にさらされ、様々な取り組みに、苦悩の色が深まります。派遣労働者切りもさることながら、障害者市民の働く場、地域拠点を災害から、いち早く支援し、再建への道筋づくりを続けてきたボクたちは、その拠点が、新しい仲間を迎え入れることも出来ず、仕事の見直しまでも、視野に入れなくてはならないかもと、苦闘している姿に、力及ばぬ想いを強くしています。それらの事柄への答えは、外からはやってこない。みずからの内にあらねばならないと、知恵と工夫と脳を働かし、関係者ともども、議論の波を巻き起こそうと、覚悟してはいるのですが。

映画「チェ・ゲバラ〜28才の革命」を観ました。(後編・チェ・ゲバラ「39才、別れの手紙」同時公開中)とても素敵な映像でした。私事になりますが、ボクは、ゲバラとカストロによって成された、キューバ革命の年、1959年に、17才で、いわゆる左側世界に迷い込み、以後10年を経過して、障害者市民の世界にたどり着きました。奇しくもゲバラが南米革命闘争のなかで、殺されてしまった頃にです。

先日、テレビドラマで、1970年闘争のひとつの山場であった、東大安田講堂攻防戦のことが放映されていました。その闘う学生たちのスローガンのひとつに、「ボクのために、きみのために、みんなのために、遠くまで行くんだ」というものがあります。この言葉にも、革命闘争に愛を求めた、ゲバラの深い影を感じます。

そのドラマの最後に、攻防戦のテレビ視聴率が、40%を越える驚異的な結果を受けて、ふたりの警察幹部が二通りのセリフを語る設定がありました。ひとりは、「この攻防戦を全国の学生やひとびとが見ている。このような闘争が全国に広がるのではないか」といいます。もうひとりは、「いや、この闘争を見たひとびとは、『夢や理想のために、からだを張って闘っても、ワリに合わない』と考えるにちがいない」と、語る。

事の是非は別にして、東大安田講堂攻防戦から40年。今の社会のありようは、ふたりのセリフの答えのいずれだろうかと、知らず知らずの内に考えてしまうのです。

ゆめ風基金のよびかけ人のおひとりである、作家の山田太一さんが、これが最後のドラマですよと(ご本人がそう語っておられました)、書かれたテレビドラマ「ありふれた奇跡」が、現在進行形で放送されています。これもまた、自分の人生に責任を負い、外に答えを求めずに生きている、山田さんの、内なる、ひとつの答えなのではないでしょうか。ボクたちの基金運動もまた、「働く場もなく、社会の最底辺を形成している障害者市民」の、災害時において、弱者たらざるをえないことをなんとかして欲しいと主張してはいません。常日頃から社会底辺の住人であることを強いられ、不況になれば例外なく、平等に更に不利益を求められる不条理を糾し、そのような存在を認めてしか成り立たない社会の側のひ弱さ、無力さをこそ、無くせと活動していると、自負しているのです。

それは、ボクたちなりの、ゆめや理想のために、小さくからだを張った歩みです。だから、小さなつぶやきに過ぎないかもしれませんが、発信します!「ボクのために、きみのために、みんなのために、遠くまで行くんだ!」と。愛を求め、夢を求め、理念の赴くままに、社会の正義たらんと。ボクたちは、「内なるにんげんの答え」のために、まだまだ言葉を紡ぎ、ひとをつなぎ、地域を耕し、にんげんの旅を続けなければなりません。

社会が分業としての制度セーフティ・ネットを持つのではなく、にんげんをひとたらしめることのためにこそ、社会が創られたハズなのだから、社会そのものがセーフティ・ネットでなければなりますまい。映画「チェ・ゲバラ〜28才の革命」の中で、ゲバラが語ります。「農民を低く見るな。農民をバカにするな。なぜなら、それは、農民の作るものを食べている自分たちをバカにすることだからだ」と。答えは、外にはありません。小さなボクたちの基金運動の営みだけれど、低く見ることなく、高い希望を持って、ゆっくりとすすんで行きたい。ボクたちの「にんげんの答え」が、その中に必ずあり、それが、ひとびとの歴史と時代になるのだからと・・・。

©ゆめ風基金