ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.432008年12月5日発行

反戦と反差別……筑紫さんの遺志を
しっかり継ぐことを約束します

代表理事 牧口一二

あー、筑紫哲也さんも天国に召されてしまった。岡部伊都子さん、灰谷健次郎さんをお送りして、まだそのつらさ、心根が癒されていない間に。その前には壽岳章子さん、松下竜一さんをお送りした。天国は反戦・反差別のたたかいを貫いてこられた人びとを次々と取り込んでしまう。「ゆめ風」には直接の関わりはなかったが、阪神淡路大震災で「被災者支援法」を市民の力で成立させたリーダーとして大きな仕事をされた小田実さんも最後の最後まで世界平和を希求しておられた。いま後を継ぐ人びとで法の不備な部分を正すたたかいが続けられている。

筑紫哲也さんは強固なまでの反戦の人であるとともに少数者の味方だった。ボクたち障害者に向けられる眼差しは、それはそれはやさしかった。この手のやさしさの中にはともすれば少し上から目線の憐みによるものも少なくないが、ボクは直接何度かお会いしているが(ゆめ風の催しに協力してくださって)、筑紫さんの表情からはそうした上から目線は微塵も感じなかった。ほんものの深みのあるやさしい眼差しがそこにあった。

カタログハウスの『通販生活』誌上で筑紫さんと対談させてもらう機会を与えられたのは、阪神淡路大震災から6年経ったときだった。その中で筑紫さんは「アメリカの大統領選挙で、ブッシュさんは《優しさとか、思いやりのある保守主義》とわざわざ言い出した。(中略)この「コンパッション」という言葉は「憐みをかける」とか、「憐憫の情」とか、そういう英語で、どちらかいうと見下したところはありますね。(さっき牧口さんが「一方通行」って言ったけど)一方通行といえば、神戸で印象的だったのは、応援に来た人が『がんばってください』と言うのに対して、被災者の中の過激な人は『頭に来た、殴ってやろうかと思った』と言うんです。やれるところまでがんばっているのに、まだ『がんばってください』と言うのは、『私は何もしないけど、あなたはがんばれ』という感じですよね。オリックスがユニホームの腕に『がんばろう、神戸』と書いていましたけど、『がんばろう』には『いっしょにやりましょう』という感じがある。ほんのちょっとの違いなんだけれども、じつは天と地ほど自分の置いているポジションが違うんです」とおっしゃっていた。

じつは一昨年、静岡・清水市の障害者グループ「ゆうゆう舎」(ゆめ風ネットの1つ)から、「来年7月7日の設立20周年記念の催しで、ぜひ筑紫哲也さんに講演していただきたいのだが」と相談が入った。その年の9月16日、東京のカタログハウスで「ゆめ風」のイベントを永さん、小室さん、筑紫さん、ピーコさんたちに来ていただいて催すことになっていたので、その折に清水市から来てもらって直接お願いしてもらうことにした。

こんなことになって残念でした。早くから予定を決めるのが癌には悪いと言われましたが、それでも来年の七夕に皆様と会えるといいな、と思ってます。元気にお互い生きましょう

当日、筑紫さんは他の出演者の話や歌は聞かずに1時間以上「ゆうゆう舎」メンバー6名の話を聞いてくださり、来年7月7日の出演を約束してくださったのだった。そして年が明け、7月7日のチラシ『筑紫哲也さんと「ゆうゆう舎」の多事争論』も出来上がった5月、筑紫さんがNEWS23で「初期の肺がんが見つかったので治療に専念します」と告げられた。われわれは驚いた。一刻も早く治療に専念してほしい、と願った。「ゆうゆう舎」のメンバーも同じ思いだったに違いない。20周年記念イベントの延期を決め、筑紫さんにお見舞いの寄せ書きを送った、とのこと。そのとき筑紫さんから自筆の返事がきたという。スタッフの1人は「カタログハウスで1時間も話を聞いてくださり、『ジュースを一緒に飲みましょう』と栓抜きを取りに行ってくださった姿が忘れられません」と語ってくれた。

そして10月に入り、筑紫さんは元気になられテレビに出演される日が多くなった。「ゆうゆう舎」のスタッフも「ことしの7月7日は来てもらえるかもしれない」と希望を抱いた。そして今年、スタッフが筑紫さんの事務所にお見舞いの電話を入れると、「症状がデリケートで7月7日のことは確約できる状況ではありません」とのことだった。私たちはあとで知ったのだが、その頃から7月にかけて筑紫さんは必死でがんとたたかっておられたのだ。そんな時でも我ら障害者のことを気にかけてくださっていた。それが筑紫哲也という人だった。

私は、筑紫さんの遺志をしっかり引き継がなければならない、と心から思う。

筑紫さんを囲んで、車いすの牧口さん、豊能障害者労働センタースタッフ2人
豊能障害者労働センターのTシャツを身につけスタッフにインタビューする筑紫さん(一九九九年 箕面)

©ゆめ風基金