ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.422008年9月5日発行

真夏の夜のゆめ

副代表理事 河野秀忠

今年の夏は、常にも増して酷暑が続いた。まぁ、人間という生き物は、ものすごくエエ加減に出来ているから、昔から「今年は、常になく、暑いですなぁ」とかなんとかブツブツぼやき、歴史を紡いできた実績があるから、どうでもいいことなんだろうけれども。それにしても暑かった。

その暑さの中、この原稿を、8月9日に書いた。そう、63年前に、広島に次いで、長崎に原爆が投下された「原爆の日」にである。

ボクの連れ合いが、昨年の7月30日に、乳癌闘病6年の末に亡くなり、一周忌法要を終え、初盆を迎える時期でもあって、愚息どもと「いのち」の事柄に向き合い、敏感になっていたのか、8.6、8.9「原爆の日」が、それこそ「常になく」気にかかるのだった。もちろん、若く、青臭い時代に、「原水爆禁止運動」に参加して、幾度もこの時期には、広島、長崎に足を運んだ記憶があるから、そのことも後押しするのかも知れない。

ところがである。そんな想いでテレビ・メディアを視ていても、長崎で行なわれていたであろう「慰霊の事柄」が流れてこないのだ。僅かにNHKだけが、短い特番を流したくらいだった。その他は、どのチャンネルを回しても、北京オリンピックと夏の高校野球オン・パレードなのだ。うまく言葉を選ぶことはできないけれど、なんともやるせない気分にならせられた。

そんな気分の脳に、数日前に視たテレビ映像が復活した。それは、行楽に沸く海水浴場で働く、若い救難救助員たちの姿だった。浜辺の沖で溺れたひとのもとに、素早く駆け付け、心肺停止状態を確認するや、骨も折れよと心臓マッサージ、マウスツウマウスの人工呼吸。そして、耳元で怒鳴り、呼びかけるのだ。「帰ってこ〜い!帰ってこ〜い!聞こえますかぁ、聞こえてますかぁ!」と。汗をしたたらせて、必死の形相で呼びかけ続ける、その若者たちの姿に、深く感じ入らせられた。それは、それらの光景の外側から眺めているボクの、個人的で勝手な感想ではあるけれど、いのちを助けようとする必死さが伝わってきた。懸命の救命は続けられたのだが、そこに到着した救急車に患者は引き渡され、去っていく救急車を見送る若者たちの、放心したような表情が美しかった。

暑いから、あまり脳が働いてくれないけれども、ふと想ったのだった。ボクたちがやっている「ゆめ風基金」運動は、救難救助のようなものではあるまいかと。全国津々浦々のひとびとの小さな声を集め、つなぎ、災害にあった被災障害者市民に、素早く、充分ではないだろうけれど、役立つお金を届けること。その後は、公的救援に引き継ぐこと。そして、それらのことを、小さな力だけど、全力を上げて成し遂げるのが、ゆめ風基金の活動スタイルだ。全国のひとびとに「被災障害者市民の声は、聞こえますかぁ、聞こえてますかぁ」と、声を届ける。被災したひとたちには、「帰ってきてください、日々の暮しの場へ」と…。そのために、ゆめ風基金は、ゆっくり、しっかり、確実に歩み続けている。

ひとには、ひとりずつ、平等にひとつのいのちがある。ひとりに、ひとつずつある。だからこそ、そのひとりずつが、ありのまま輝き、豊かで、尊敬されなければならないのだ。それは、どのような社会であれ、その社会の前提の事柄として語られなければなりますまい。だのに、今のボクたちの世の中は、いのちを粗末にし過ぎていると感じるのは、ボクひとりの勘違いだろうか。一方に、助かりたい、助けたいいのちたちがあり、一方に、ワケも分からず死ぬに至るいのちたちがある。63年前、ピカドンにいのち奪われたひとたちがいた。それを忘れないでおこう。そして今、「ニッポン、チャチャチャ!」の大合唱なのだけれど、そんな時代と世界にいても、ひとりひとりが、自分の責任において、ハッキリと言葉にしょう。「死ぬな!殺すな!」と…。そんなゆめを視た、暑い夏の夜。

©ゆめ風基金