ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.412008年5月21日発行

障害者・高齢者を大切にできない国は、
間違いなく滅びるだろう。

代表理事 牧口一二

いま障害者と高齢者は、かってなかったような災害に見舞われている。それも自然災害ではなく日本の政治による人災なのだ。ゆえに苛立つ、腹立つ、いきり立つ。そして哀しく、切なく、情けなく思う。確かに障害者と高齢者は生産力があまりない。消費力も低いだろう。介護と病気で金食い虫と言われても甘んじて受けるしかない。だが、それがどうしたと言うのか。この世からマイナス要因のものを切り捨て、ゴミ箱に放り込む。そんな底の浅い価値しか持てない社会が長続きするわけがない。人間社会は、役に立たないもの、使い物にならないもの、ときには邪魔までするものとナンとかカンとか折り合いをつけて生きてきたはずだ。だからこそ喜怒哀楽の心を育てることができたのではなかったか。

現行の(つい前までの)保険制度では、若い人たちが納めるお金を高齢者が食い潰してしまう、ということで「後期高齢者医療制度」なるものが始まった。その前年に障害者は「障害者自立支援法」というウソばかりの漢字(裏腹)を並べた法律で、政府が恥ずかしげもなく弱者いじめを始め、国会で法制化してしまった。ボクは「孤立支援法」「自立強制法」と皮肉っている。一端を紹介すると、仲間が運営する作業所にしか働く場や生きる場がない障害者たちの多くは、月給が数万円はマシなほうで5〜6千円というところも少なくない。が、昨年からの自立支援法では受けるサービスの対価を支払えと、通所作業所の維持費や器具の使用料、そして食費などを(サービスとは何ぞやを不問にしたまま)利用者が自己負担させられることになった。その結果、さまざまな負担金を合計すると月給を上回る人たちが続出し、作業所に通えない状況になった。当然のこととして低所得の人たちは免除措置があるというが、じつは20歳を超えた障害者でも親や兄弟姉妹の収入を加算しても基準以下の人しか対象にならない、という。どこが「自立支援」なのだろう?一般の勤労者が月給からビルの維持費や器具の使用料を天引きされ、足らなくて持ち出しを要求されたらどうだろう。こんなバカげたことが障害者の世界では罷り通っている。

さて、「後期高齢者医療制度」のことを、わが身を例えに伝えてみたい。ボクはこの8月で71になる。ことしはじめ、とつぜん役所から「あなたは『後期高齢者医療保険制度』の対象者に該当しますが、撤回される場合は前もってお申し出ください」という、よく分からない通知書が舞い込んだ。70になったばかりなのに「後期」とは、そもそも何という血の通わない言葉か、これが高齢者に向かって使う言葉か(ボクはすぐ「末期高齢者」という言葉が頭に浮かんだ)とあきれたが、どのような制度なのかとパンフを読む。ところが保険の掛け金の算出方法らしき表と数字が並んでややこしい。第一、何のためにこんな制度を導入するのか、肝心のことが理解できない。辛うじて、75歳以上を後期高齢者というらしいと解った。ボクは70だが、障害者は65歳から後期高齢者と同じ扱いになるとのことで通知が来たわけだ。

ボクは会社で社会保険に入っている。それとどう違うのか、役所に電話で尋ねてみた。電話口に出た係員は丁寧に説明してくれたが、ボクの頭ではなかなか解らず、結局「そんなに変わるわけないよね。どっちみち75から入るのだったら撤回しないでいいです」と返事した。が、しばらくして再度「撤回するか否か」を問うてきた。そのしつこさに再度尋ねる気になって電話した。今度も時間をかけて丁寧に説明してくれたが、その割にはスコンと腑に落ちない。そこで「具体的に掛け金がどう違ってくるのか」と言ったが、「さまざまなケースがあるので一概には……」とのこと。もっともな話だ、ボクが悪かったと思い、「税金が余計なことに使われて、資金不足になったからこんなことになったんでしょ」とグチってはみたが、まともに返事が返ってくるわけもなく、受話器を置く。やがて『後期高齢者医療保険証』が送られてきた。が、またしても「撤回される方は○月○日までに!」とある。

今度はボクより数字にやや強い連れ合いが問い合わせてくれた。あれこれヤリトリして、撤回する場合としない場合、掛け金の違いを教えてくれた(係員は女性とのこと)。それによるとボクの場合、社会保険は半額を会社が払ってくれるので、「後期高齢者医療制度」に移行すると年間で10万円以上高額になることが分かった。いまはコンピューターで個別データもすぐにわかるらしい。3月半ば、あわてて撤回した。手続きに社会保険事務所と区役所に足を運ばなければならなかった。

障害者や高齢者は若い人たちに助け合い以外の余計な負担をかける気持ちはない。政府は自分たちの政治力のなさを隠すため、そのように宣伝するのだろうが、税金のほんとうの使い道を考えて、使わなくてもいい、使わないほうがいいところに膨大な税金が注ぎ込まれているわけで、そこをしっかり見極めてほしいと切に願う。

あーぁ 岡部伊都子さん逝く

三十年以上前になると思う。キリスト者のボクが自分のエッセイだったかに「イエスよ、奇跡もほどほどにしてください」と、自らの障害を肯定する拙文を書いた。岡部さんはそれに目を留めてくださり、ご自身の著書に引用したいが……と、連絡いただいてからのご縁。それからはご本を出される度に贈ってくださった。憧れの人であった。年齢を重ねるごとにどんどんラジカルになられて、とくに差別を許さない眼差し、弱い立場を強いられた者との共感は日増しに強められていったように思う。「ゆめ風基金」の呼びかけ人も最初からで、機会あるごとに励ましをいただいた。いまは岡部さんがいない。どうぞお任せください、と誓うのみ。

牧口一二

©ゆめ風基金