ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.402008年2月28日発行

初めて言葉が通じ合った!
喜び合う姿がそこにあった。

代表理事 牧口一二

ことしに2月6日、「いのちと防災を考えるゆめ風中学生プロジェクト」の催しを行ったが、協力校の大阪市立柴島(くにじま)中学校でこんなシーンにたまたま出合うことになった。

この中学校では、連続企画の1日を避難訓練に充てられていた。参加した中学生は2年生80名で、6、7名で班をつくり、それぞれのグループに仲間の障害者が1人ずつ加わり、生徒とともに避難する計画で、12のグループが作られた。障害者は車椅子に乗った者、盲導犬を伴った者、そして盲ろう者(目が見えなくて耳が聞こえない人)などが参加してくれた。

まず各班が教室で初めて出会った障害者と話し合い、どのように手伝えばいいか、を尋ねるところから始まった。ボクは盲ろう者の1人と組んだグループをたまたま覗いてみることになったのだが、生徒たちはどんな方法でコミュニケーションを取ったらいいのか、しばらく戸惑っていたが、班長らしい女生徒が「どのようにお手伝いすればいいですか?」と尋ねた。だが、盲ろうの彼には聞こえない。むろん初めてなのでベテランの通訳者が伝えてくれた。

そうこうするうちに、1人の女生徒が盲ろう者の背中に指で文字を書いた。書かれた彼は分からない様子で「ひらがな?カタカナ?」と尋ねた。彼は盲ろうだが話せる人だった。彼女は背中に「ひらがな」と書いたが彼は首を傾げて伝わらない。と、文字が大きすぎると思ったのか、別の女生徒が彼の腕にふれて掌に「カタカナ」と書いた。と、「カタカナ」という声が返ってきた。「ヤッタァ!」と2人の女生徒は大喜び。ボクは目頭が熱くなって教室を後にしたが、それからは間違いなく具体的な避難方法が話し合われたことだろう。

それぞれのグループが車椅子に乗る障害者と階段を下りたり、盲導犬を伴う目の見えない人と行動を共にしたり、盲ろうの人を手引きしてきたり、避難コースの途中に学校を尋ねてきた高齢者も案内しながら避難するとの想定で、それぞれがさまざまな方法で避難場所の体育館にやってきた。非常ベルが鳴ってから5分前後のことだった。

体育館では参加者がそれぞれの立場から感想を出し合った。ボクが印象に残ったのは、先生の中から「生徒たちの動きを見ていて、彼らは力持ち、十分頼りになると改めて思った」という声。参加した障害者から「またこんな機会があったら参加したい」との発言。そして何より嬉しかったのは、前述の盲ろう者とは別の盲ろう者が「若い生徒さんたちと避難のこと以外の話ができたことが何よりの収穫だった」との言葉だった。そのあと日本赤十字社からAED(心臓蘇生器)の使い方を教わり、生徒たちは実際に体験させてもらって1日の行事を終えた。

今回の行事を終えて、ヘレンケラーの映画「奇跡の人」を思い出していた。彼女が、水が勢いよく出ている水道の蛇口に両手を突っ込んで思わず「ウォーター」と叫ぶシーンである。「物事にはすべて名前が付いている」ということを彼女が獲得した瞬間であった。以後、彼女は手当たり次第に触れるものの名前をサリバン先生に尋ねていく。そして、ヘレンケラーの世界はぐんぐん広がった。

あらためて、災害にいちばん有効なのは普段からの付き合いだと確信した。避難訓練も行ったほうがいいのだが、盲ろう者の発言からわかるように、普段の会話がどれだけ意味のあることか。この「いのちと防災を考えるゆめ風中学生プロジェクト」を通して、学校を軸に地域に広がり、その街の交流が活発に展開されていくことを心から願う。

生徒数人で障害者を抱える
障害者と「避難」する生徒たち
生徒と障害者が触手話で話している
触れあってコミュニケート

中学生プロジェクトを終えて

大阪市立柴島中学校
二年生担任・副担任一同

「避難訓練のときにエレベーターを使っているけれど、これでいいのだろうか?」これまでの避難訓練では、車いす・歩行器を使用している生徒たちはエレベーターで降りていました。どの教科も一緒に学習しているのにこの時ばかりは別行動です。「エレベーターが使えない事態に直面した時、どうすればいいのか?」それを子どもたちと一緒に考えることがこの取り組みの出発点でした。

たくさんの方にご協力いただき、聞き取りや避難訓練を実施しました。講習会でAEDを初めて見たという子も多かったです。大地震はどれほどすごいものなのか、その中で人と人とはどのように助け合ったのか。ひときわ大きく感じられる「命」の重さ。多くのことを教えていただきました。何よりも多くの方との出会いそのものが、子どもたちにとって宝となりました。最終回の時、きらきら輝いていた子どもたちの目が忘れられません。「自分も役に立つことができる」という自信につなげたいと、今考えています。

みなさん、どうもありがとうございました。

©ゆめ風基金