ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.392007年11月26日発行

2つの地球ものがたり、
そして中学生プロジェクト

代表理事 牧口一二

いま、この原稿を書いているとき、テレビ画面では月面が映っている。月は雨も風もない。大気もないから雲もない。600キロ先まで鮮明に見えるという。月探査機「かぐや」からの月面ハイビジョン映像、そこから顔を出す地球の出と入り。小さな地球はほんとうに真ん丸だった。とても不思議な感覚におそわれた。そこに60数億の人々がそれぞれに暮らしを営んでいる。宇宙は限りなく広いけれど、いまのところ地球は「いきもの」が棲息する唯一の星だ。誕生まもない頃、他の巨大な星と衝突し、そのカケラが集まって月ができたという説もある。だが、月には「いきもの」はいないようだ。

このニュースの少し前、11月はじめに国の中央防災会議・専門調査会が近畿地方の内陸での直下型地震の被害を想定して発表した。それによると、私の住んでいる大阪の中央部を南北に走る上町断層帯で震度6強以上の地震が起こった場合、97万の家が全壊すると予測し、しかも、それが多くの人が就寝中の冬の朝5時に発生したとするなら、建物の倒壊による死者が最大3万4千人、それに伴う火災による犠牲者を加えると4万2千人が死亡し、負傷者は重軽傷あわせて22万人にのぼるとのこと。こうした予測が発表されるのは、いま起きても何の不思議でもないことから、われら市民に「心構えと具体の備え」を促しているのだろうが、国が何の施策も打ち出さなければ、それは責任逃れになることをお忘れなく。

さて、地域といっても昼のあいだ大人や大学生、高校生はいない、頼りになるのは中学生……と銘打った「いのちと防災を考えるゆめ風・中学生プロジェクト」が、昨年の大阪市立中島中学校(ゆめ風基金のために街頭カンパをしてくれている)に続いて、今年は大阪・淀川区にある市立美津島中学校。先生方から「ゆめ風さんからの丸投げはイヤだから、こちらも企画を出しますので何日か打ち合わせの時をもってくれませんか」と積極的に取り組んでもらえた。そこで障害者仲間にも協力を頼み、打ち合わせの段階から力を発揮してもらった。

共に担ってくださった地域人権教育推進委員会、大阪市教育センター、美津島中学の先生方、そして日本赤十字社とボランティアの方々、盲ろう者友の会「手と手とハウス」と「おおさか行動する障害者応援センター」のみなさん、山本美恵子さん、玉木幸則さんありがとうございました。

さぁ〜て、中学生たちがどのように感じたのか、もっとも気になるところだが、じつは私の手元に先ほど美津島中の先生から「とりあえず生徒のアンケートを集約しましたので」とファクスをいただいた。拝見するとおおむね好評だったようで事務局スタッフはホッ。でも、生徒数143名中、「あまり楽しくなかった」と「楽しくなかった」を合わせると23名いた。だが、「いい経験になったり、新しい知識が身についたか?」という問いには、「良かった」52%、「けっこう良かった」45%となっていた。

また、生徒たちの多い感想では、「困っている人がいたら助けてあげたい」「障がい者の方とうまく接していきたい」「これからは積極的に声をかけたい」「三角巾やAED(心臓蘇生器)をうまく使えるようになりたい」「災害が起こったときの対処法を身につけたい」などがあり、その他の感想として、「この経験を活かして、相手のこと自分のことをわかり合えるようにしたい」「今まで関心がなかったけど、これからは関心を持ちたい」など。ちょっと面白いのは、「お金持ちにできるだけなり、少しでも寄付したい」というのがあった。

先生方と「これ一発で終わらないようにしたい」と話し合っている。

ところで、発足から12年経ち、唐突と思われるかもしれませんが、理事会で話し合い、この12年間にコツコツと(あるいは1度に)ご送金くださった方々に心からの感謝をこめて、今までの「ご入金の記録」をそれぞれ個人宛にご報告することにしました(じつは10年過ぎた頃から長い間にわたり支えてくださったお礼を申したくて、どのような形がいいか考えていました)。どうぞ、お確かめいただくとともに、大切に支出しているか見守っていてください。

車いすの方を囲んで話を聞く

障害者の話を集中して聞きとる生徒たち

生徒たちの前で盲導犬と共に話す

山本美恵子さんと盲導犬ブライディ

盲ろう者同士が手を触れ合って触手話・指点字で会話している

盲ろう者の触手話や指点字の華麗さに生徒たちはくぎづけ!

けが人役の生徒を他の生徒たちで囲んで手作り担架に載せる

手作り担架を作って搬送

AEDを使って救護活動に挑戦する生徒

AEDに初挑戦!

©ゆめ風基金