ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.382007年9月19日発行

「まずは命あっての・・・」
なのでしょうが・・・・・・?

代表理事 牧口一二

いくら声を張り上げてもせんないことですが、ことしの夏は熱かったですねぇ。思わず「暑」より「熱」がふさわしいと思い、そう書いてしまいました。猛暑日が連日続いて、最高気温が40℃を超えたところも出るありさま。あらためて太陽エネルギーのスゴさを感じ入ります。地球を照らす角度のちょっとした違いで、われら人類は蒸発しそうな暑さや凍てつくほどの寒さを体感するのですね。もう少し角度の振幅が大きくなれば、おそらく人類はもとより多くの生物は死滅することでしょう。猛暑と極寒、ギリギリの角度幅の中で人間は生きています、いや生かされているのが実感されます。

きょう9月1日は防災の日。阪神淡路大震災から以降、年ごとに防災・減災が話題にのぼって広く関心を抱かれるようになりました。障害者・高齢者そして子どもたち、緊急の時に助けを必要とする私たちの存在をふだんから考えておこう、という気運が世の中に少しずつ高まっていることは、当事者として心づよいことです。

ですが、ちょっと気になることもあります。緊急時は効率が優先されるためか、ニーズに合わせた設備のせいなのか、すぐに助けを必要とする者ばかりを集めた「福祉避難所」なるものが考えられてしまいがちです。いかにも合理的で支援しやすく、また「命あっての……」の考え方に即しているからでしょう……総理府は、自治体の福祉部が把握している「要援護者」の個人情報を、本人の同意がなくても避難活動に使ってもよいとの通達を出しています。

ちょっと待ってください。すべての当事者が特別扱いを望んでいるとは思えません。特別な配慮を切望する人にはその希望を満たすべきですが、助けを必要とする者たちの多くは地域の人たちと辛いことも嬉しいことも一緒に体験したいはずです(じつは特別な配慮を求める人もほんとうは苦楽を共にしたいのだと思います)。

われら障害者が、まだ「同じ地域で暮らす人々」の範疇に入っていなかったころ、われらは「安全」という大義のもと、人里離れた山深い施設に送り込まれていました。障害者市民運動はこうした社会の考え方に抗することから始まったのです。やっと地域社会の一員になりつつあるいま、「福祉避難所」と「人里離れた施設」が出現する過程をみると、非常に似ているように思えてなりません。予め要援護者の個人情報を知っておく、と言いますが、自然災害の被害を免れる前に、漏れたりすることから詐欺などの(人為的)被害に遭うことが十分考えられます。

この問題は悩ましいことではありますが、石川県輪島市や七尾市のようにふだんからのおつき合いによるネットワークが「いざっ」というとき威力を発揮するわけで、この人間関係をヒントにして大都市での防災に活かす方法を見つけ出すことのほうが現実的だと私は思います。とにかく、すぐに「保護」「福祉避難所」と考えないで、急ぐときほどじっくりゆっくり考えたいものです。

ことし7月15日、ボクは米子市に行くことになっていました。ところが台風4号がゆっくりやってきて、九州南部を横断し、宮崎を抜けて接近、あさ大阪空港からの出雲便は欠航になってしまいました。大阪城近くの自宅から空港までを予約していた介護タクシーの運転手さんが「欠航になったら米子まで格安で行きますよ」と言ってくれていて(ホント安くて大阪市内から米子市まで15,000円プラス高速料金6,000円)、おかげさまで米子の人たちから「雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズやね」と大歓迎されて行事に穴を開けずに済んだのでした。次の日(16日)の午前、ホテルに「ゆめ風」事務局から「新潟方面でまた大きな地震があった模様」と連絡が入りました。

今回の新潟中越沖地震では当初「長野・新潟地震」と報道され、まもなく「長野」は言わなくなりました。おそらく被害が少なかったのでしょう。そして新潟も刈羽原発のある「柏崎市」一辺倒になりました。一日前に台風4号の直撃を受けたはずの鹿児島や宮崎のニュースは何もなかったように報道されなくなりました。たしか浸水や崖崩れの支援活動、募金活動が始まろうとしていたはずです。たいしたことはなかったのでしょうか?「ニュース」は新しい出来事を報道するものでしょうが、いろんな人間がさまざまな想いで暮らす人間社会ではニュースのその後もていねいにフォローしてほしいと思うこのごろでした。

©ゆめ風基金