ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.362007年2月14日発行

防災には、
やっぱり人と人との絆がいちばん。

代表理事 牧口一二

阪神淡路大震災から12年、また新しい年がはじまりました。1月17日には神戸を中心に、被災された人々を偲んで災害を風化させない催しがさまざまな形で行われました。10年を過ぎてもなお継続されているこれらの取り組みに【ゆめ風基金】も励まされ、心強く感じています。

障害者市民にとっては昨年春から冬の季節が到来し、障害者自立支援法とやらの悪法が4月から施行され10月から本格的に実施されたのでした。この法律は「自立支援」とは名ばかり、弱い立場のひとびとをより苦しめるもので、人の力を必要とする度合いが多い人ほどそのサービス料の1割を負担しなければならなくなり、そのような状況の人ほど収入を得る手段が厳しいのです。また、1万円未満の手当て(とても月給なんて言えない)を貰っている人が、その施設の使用料や食費など3万円以上を支払わされ、働いて持ち出しというひどい状況があちこちに現れてきました。このところ、子どもたちの「いじめ」が再燃したかのように報道されていますが、もっとも戒めなければならない政治(政府、官僚)の世界で、公然と弱者いじめが罷り通っているのですから何をか言わんやの状況です。

昨年暮れの「ゆめごよみ風だより」で、10年が過ぎての大ピンチ、実情を訴えさせていただき、【ゆめ風】グッズの販売やリーフレットの活用をお願いしたところ、すぐさま励ましのお便りを多数の人々からいただきました。感謝しつつ対応させていただいています。

ほんとうにありがとうございます。

当然のこととして時が経つほどに熱気は薄れてくるものですが、【ゆめ風】も他の震災後の活動と同じように、粘って粘って粘り抜いていこうと覚悟していますので、これからもよろしくお付き合いいただきますよう心からお願いいたします。

さて、「防災」に力を入れはじめて2年、昨年は『障害者市民 防災提言集』を発刊することができ、ご好評をいただきながらどんどん全国に飛び出している状況ですが、やはり日常のふだんからの付き合いがいかに大切かを再認識しています。「障害者にとって暮らしやすい社会は健常者に住みやすい社会である」と、よく言われていますが、そんな社会(もっと小規模な顔の見える「まち」で考えたい)は「防災にも強いまちである」と改めて痛感しています。ふだんから知らない人に声をかける習慣を身に付けたいと思い、電動車椅子で道をゆくとき、電車に乗っていろんな人と行き交うとき、できるだけ声かけしているのですが、やり過ぎると変に思われたりして・・・・あっそうか いま見知らぬ子どもたちに声をかけると怖がられたり逃げられたりするんだよな、と気づきました。

ということは、いまの子どもたちはとてもとても気の毒な、かわいそうな状況で生きて(生かされて)いるんですよね。ほんとうは知らない人から道を尋ねられたら、その人が分かるところまで案内して教える、それが親切というもの。いまの子どもたちはやりたくても「親切」ができない、なんと残酷な社会に生かされていることか。そんな世の中だからこそ、人と人との絆、つながり、声かけ・・・・を何としても取り戻したいと思います。それがいちばんの防災だと信じて。ことしもよろしくお導きいただきますように。

©ゆめ風基金