ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.352006年12月6日発行

灰谷さんが逝かれて…
「いのち」「わんぱく」「反戦」の人

代表理事 牧口一二

笑顔の灰谷さん
灰谷健次郎さんにたくさんの愛をいただきました。(二〇〇二年神戸長田 ゆめ風であいましょう)

この原稿を書こうとワープロ(まだパソコンが苦手です)を開けたとき、「灰谷健次郎さんが今朝午前4時30分に食道ガンで亡くなられました」と、事務局を通して新聞社から連絡が入った、「お気持ちを…」とのこと。電話による取材は受けないと決めているが、これは違う。顔が似ている、と親しくしてもらっている人の大事だ。このところ快方に向かわれて静養中と思っていたので、言葉を失い動転していたが取材は受けることにした。【ゆめ風基金】は随分お世話になった。催しに何度も顔を出してくださり、子どもたちの鋭い感性を次々と紹介された。また、反戦への熱い想いと滲む怒りを切々と語られていた。いまの世を想うとき、じつに惜しい人の死だ。悲しさと悔しさが入り混じって切なくなった。島でなくなる淡路島を離れ、沖縄の渡嘉敷に居を移されて間もないころ、近くまで行った私が連絡をとって訪れると、眼下の海に素潜りして大きな魚を捕ってきてご馳走してくださったのだった。裸の灰谷さんは(着痩せタイプなのか意外にも)褐色で筋肉質のええ体で、3つ下の私よりずうっと長生きされるはずだった。

9月16日、東京・新宿のカタログハウス地下ホールで、サブタイトルを「歌う力、笑う力、生きぬく力」とした『ゆめ風であいましょう』の催しを行った。「カタログハウスの学校」の1回を小室等さんが提供してくださったわけ。永六輔さんはいつものように開幕30分前から会場を笑いの渦に巻き込まれる。オープニングはゆめ風応援歌の『風と夢』が、小室さんと歌の仲間、及川恒平さん、四角佳子さん、こむろゆいさん、それにゆめ風イベントでは常連の歌手のひとり、政美ジョンミさんを加えたコーラスで流れる。そして舞台はピーコさんに、伴奏はナント元「東京キューバンボーイズ」のピアノ奏者、小泉源兵衛さんが駆けつけてくださる。ピーコさんは「シャンソンはいろんな人生が感じられる」と言われて、ゆめ風の催しではこれを歌おうと決めていた、とおっしゃる「過ぎ去りし青春の日々」ほか3曲を熱唱された。続いて作家で【ゆめ風】応援団のパク慶南キョンナムさんが「生きぬく力」をテーマに、関東大震災のとき「朝鮮人が井戸に毒を入れた」というデマに惑わされ暴徒化した日本人多数に殺された在日朝鮮人は6,000〜7,000人とも言われる(なかには間違えられた日本人も)。そうした状況で、井戸水をガブ飲みし、在日朝鮮人を守りぬいた日本人もいたことを熱っぽく語られた。その熱っぽさに永さんは「このあとは話しにくいでしょう」と筑紫さんを気遣われ、「永さんに気を遣ってもらったのは初めてだ」と筑紫さんは受けられて、「笑う力」をポイントに話された。第2次世界大戦の真っ最中、「ぜいたくは敵だ」、「足りぬ足りぬ工夫が足りぬ」という標語があちこちに貼られたが、そうした抑圧状況のもと、「ぜいたくは素敵だ」と1字加えたり、「足りぬ足りぬ夫が足りぬ」と1字を削ったり、そのユーモアの重要さに触れられた。また「過去と現代をしっかり検証できない者は未来を誤る」と、いまの政治家に猛省を求められた。われら市民もしかり。そのあと再び「歌う力」へ、小室さんは中原中也の詩に作曲された歌を仲間4名できれいにハモられ、永さんと由緒正しい「ラヴァ・カンバック・トゥ・ミー」を披露された。そして李政美さんのコーナー、彼女が生まれ育った葛飾を走る京成線の鉄橋の下に関東大震災で殺された在日朝鮮人の遺骨が眠っている、そのふるさとの曲「京成線」ほか2曲を歌われた。そして、いよいよフィナーレ、「ゆめ風応援歌」のもう1つ『伝えてください』を全員で合唱し、永さんの相撲甚句を背中に聴きながら、長い列は少しずつ短くなっていった。

いま、いのちと防災を考える「中学生の底力」ゆめ風プロジェクトが動き始めた。まず、ゆめ風事務所の近くにあって毎年街頭カンパを届けてくれる大阪市立中島中学校の希望者20数名が受講する5回の講座を組み、実行に移しているところ。毎週金曜日の午後の2時間、ちなみにプログラムを紹介すると、1回目=阪神淡路大震災のとき障害者はどうだったか、をテーマに障害者から語りかけ、そのあとNHK『ご近所の底力』の中学生が救命活動をするシーンを紹介。2回目=日本赤十字社職員による「AEDと心肺蘇生法」。3回目=建築家のボランティア組織による「風呂敷とロープの活用法」。4回目=日本赤十字社のボランティアメンバーによる「災害シミュレーション、担架の作り方いろいろ」。5回目=大阪市ボランティア情報センター職員による「視覚障害を知ろう、盲導犬と手引きの仕方」。6回目=受講した中学生による壁新聞づくり(まとめ)、これにて終了。なお、今回の試みは映画プロデューサー神吉カンキ良輔リョウスケさんによってビデオ撮りされている。

©ゆめ風基金