ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.342006年9月14日発行

なぜ、こうも人の命が
軽〜くなってしまったのか

代表理事 牧口一二

やっと暮らしのそこここを通りぬける風に秋の気配が感じられる候になりました。ことしの夏はことのほか暑い日が続きました、だけど冷害の地域もあったとか。大阪では沖縄より気温の高い日が結構あるのですがご存じだったでしょうか。同じ気温でも大阪の人工的な「熱さ」は不快指数がとても高いのです。でも、長いあいだ住んでると慣れてしまって、どれほど暑苦しいのか分かっていないのかも知れません。

ところで、この夏も悲しい、言葉にならない水の事故がいくつかありました。けれども、それ以上に私たちをやり切れなく切ない思いにしてしまうのは、親が子を、子が親を殺すという事件の、なんと多かったことか。これこそ言葉もありません。

なぜ、こんなに一人ひとりの命が軽くなってしまったのか、毎日、どこかで、殺さないで死なないで済んだはずの事件が起っています。私たち障害者は、肉親による障害児殺し事件、それに同情する地域の減刑嘆願運動の展開、この関連した2つの事件から自らの生命そのものの存在を問いかけて立ち上がりました。障害者市民運動のはじまりでした。

だがしかし、いまの世がなぜ、こんなに頻繁に人殺し事件が起るのか。原因はもはや1つや2つではなく現代社会のさまざまな課題が複雑に絡み合って、時間をかけてじっくり構えれば必ず解けたはずの糸が、あわててあちこちから引っ張り合ったものだから非常に解けにくい状況に陥っている、そんな現状だと思います。

あわてて引っ張った糸のひとつ、「金さえあれば何でもできる」と考える人が増えていること。もうひとつ、「戦争を好む」人たちがそれを公言してはばからしくなってきたこと。この2つの糸は私にも見えてきます。あきらめないで、生命を軽んじる何本かの糸の端を根気よく解きほぐす努力を続けたいと思っています。

私ごとで恐縮ですが、幼いころ戦争を体験していて(1937年生)、はっきり覚えているシーンがあります。いよいよ大阪が空襲で危ないと言われたころ、父は仕事で大阪に残り、姉は小学校の集団疎開で奈良の吉野へ、母と妹と歩けない私は縁故の縁故の縁故のそのまた知り合いを頼って福井県大野郡の大きな農家に疎開しました。そこで聞いた玉音放送、天皇が何を言ったのか、まったく分からなかった(大人になっても???)のですが、大人たちが大広間に集まってきて、ラジオを座布団の上にのせ、正座で聞いていたのですが、まもなくシクシクと泣き出したのです。庭で遊んでいた私には何か異様な空気でした。やがて側にきた母が「赤鬼と青鬼が上陸してきて、女と子どもから食べられる」と言いました。私はとっさに自分から先に食べられよう(母を守ろう)と怖さに震えながら覚悟しました。ラジオを前にして泣き出した大人たちの光景、そして覚悟したあの瞬間を鮮明に記憶しています。あとで分かったのは「鬼畜米兵」のことだったのです。母が本気でそう思っていたのか、子にも分かる例え話のつもりだったのか、大人になってから戦時中の話をするたびに尋ねてみたのですが、母は「そんなこと言ったっけ」と忘れていました。

いまの世を思うにつけ、ついつい自然災害ならぬ人災について書いてしまいました。【ゆめ風基金】はこのところ大忙しで本来の活動に加えて、融資制度「ゆめのたね」の実施、障害者市民のための防災・減災活動へ支援金を贈る公募、審査活動、そしてやっと完成しました『障害者市民防災提言集』の発行、詳しくはそれぞれ以下のページに記していますのでお読みいただきますように。とにかく「ひとつの命」をトコトン大切にするための企画です。ご批判はもちろん、さまざまな反響をいただけるものと、事務局一同ドキドキヒヤヒヤしているところです。

©ゆめ風基金