ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.332006年5月17日発行

被災地を訪ねて回る総会、
第1回豊岡市出石版は大成功!

代表理事 牧口一二

やっと春が来た!そんな気がするこの頃です。それほど豪雪が厳しい冬でした。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。雪国の方々には待ちに待った春ではなかったか、と推測しています。ことしの大阪城公園は、約150本の桃園と公園全域に分布している「染井吉野」がほぼ同じ時期に満開を迎え、ボクは通勤途中に外堀沿いの歩道を電動車椅子でコトコト、右手に桃、左手に桜(まさに両手に花)という優雅な道を歩んでいます。そんな春をやっと実感して気がゆるんだのか少し風邪気味なところ、大声を出す機会があってすっかり喉を痛めて声が出なくなりました。

去る3月21日、被災地を訪ねて回るNPO法人ゆめ風基金の総会、その第1段(あえて「段」を使う)を兵庫県豊岡市出石町で行いました。この年に1度の定期総会は全国に増えつつある「ゆめ風ネット(ワーク)」のメンバーに再会でき、意見交換できる貴重な場で、たのしみにしています。ことしは北は宮城の【ネットみやぎ】から21歳の女性が2人、飛行機を乗り継いで参加、「これも自立への一歩」とか。埼玉は「わらじの会」から髭と帽子の樋上さんたち4名、「駅までリフトカーで迎えにいきましょうか」「いや、なんとかなるでしょ」と地図を頼りにご到着。岐阜からは名物男の戸田二郎さん、豊岡の上田実行委員長たっての願いでエレベーターのないJR豊岡駅で降りたとのこと。コースを決めていたのを変更してまで豊岡駅で降りてくれたのが【ネット石川】からの西田亮子さんたち3名。さて、JR豊岡駅にエレベーターが設置されるのは…いつ?こうした地道な行動の積み重ねがエレベーター設置駅をここまで増やしてきたのです(むろんバリアフリー法の成立や高齢化社会の到来などの後押しもありましたが)。そして【ネットしまね】からはいつも夢見る太田さんと磯さん、【ネットかがわ】からはいつも事務局を助けてくれる竹内さん、この日はなぜか北の方角から出石町入り。ことしの参加者の南の端は福岡の大場さん、台風14号のときは九州北部を奔走してくださいました。加えて、大阪の事務局からは車2台に8名が鮨詰め状態で出石町へ(事務局長の橘高は前日から)。兵庫からは「NPO法人拓人こうべ」の福永さん、総会直前に長年の悲願だった「地域生活支援センター」が神戸市から受託できた、との朗報あり。そしてそして地元【ネットたじま】の上田さんと稲垣さんの凸凹コンビ、作業所グループこうのとりのみなさんには、ほんとうにお世話になりました。おかげで総会には25名、午後からのイベントには豊岡市長も来てくれて450名の大盛況になりました。

参加者で記念撮影(小室さん・牧口代表も)
交流会にて

進行順で後になりましたが、永六輔さん、小室等さんは早くからこの日を予定に加えてくださり、総会後のイベントではいつのもごとくトークと歌に全力投球。永さんは開場40分前からお客さんを爆笑の渦に巻き込まれて、ほとんど舞台に出ずっぱり。小室さんはいつもとひと味ちがった選曲で、しっかり『伝えてください』と『風と夢』も歌われて、CDの販売に大きな力を発揮してくださいました。初代と2代目、お2人の呼びかけ人代表に支え続けられて「いまがある」を、またまた改めて実感するとともに力をいただける幸せを感じています。

また、みんなのお金【ゆめ風基金】をただ「いざというとき」のために貯めるたけでなく、その5%〜10%を活用してみようとの試み、「近畿ろうきん」と提携しての『ゆめのたね』の融資制度もいよいよスタートします。いまのところ近畿圏内に限られての事業ですが、こうした市民による市民のためのまったく新しいお金の流れが全国に広がっていくことを願って、その試金石の役割をしっかり担っていこうと思っています。

©ゆめ風基金