ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.322006年2月23日発行

被災地を訪ねて回る総会の第一段は
【ネットたじま】の豊岡市

代表理事 牧口一二

立春がすぎ、こちら大阪城の梅の蕾もふくらみかけていますが、春は名のみの風の寒い日々が続いています。ことしの寒さはキツかった、が実感ですが、これは年齢のせい?春はもうそこまできています。とくに昨年からの豪雪に見舞われた地域のみなさんは春が待ち遠しいことでしょう。

昨年の暮れからは、雪国のみなさんでさえ驚かれるほどの豪雪でした。屋根の雪下ろし中のお年寄りが、テレビのレンズに向かって「もう、いらんわ」と低い太い声で呟かれるシーンが映し出されて、あっ、僕に向かって、全国の市民に向かっておっしゃってると感じました。ある程度の予測はできるでしょうが、雪害も自然災害のひとつだと痛感する冬になりました。多くの犠牲者、とくに高齢の方々が亡くなられたニュースに豪雪の凄さと怖さをあらためて気づかされています。

「障害者市民防災提言集」につきましては、障害者団体や災害NGO、ボランティア団体のみなさんの参加を得て、おもに政府、自治体に向けての提言を編集しているところです。人のいのちが関わっている問題なので難題が山積みなのですが、【ゆめ風基金】らしく障害者市民の視点からのユニークな提言ができればと、コチコチ頭をほぐし合っているところ、少し時間をかけてもいいものにしようと話し合っています。昨年の「防災アイデアコンテスト」の応募作や、障害者団体に協力いただいたアンケート結果も反映させるつもりです。期待しながら、もうしばらくお待ちください。

もう1つのご報告は、【ゆめ風基金】と近畿労働金庫(近畿地区「ろうきん」)が提携して、障害者市民の日頃の活動を支援する融資制度をスタートさせることにしました。昨年の定期総会で大筋は承認されたもので、【ゆめ風基金】から1,000万円を担保として「ろうきん」に預け、「ろうきん」は全体の限度額を5,000万円まで膨らませて、NPO法人か社会福祉法人の障害者団体に融資を行うものです。小額の資金運用に活用できると、障害者団体から望まれているファンドです。名称を「ゆめのたね」と決め、障害者関連の活動に役立てればと願っています。融資の審査はまず【ゆめ風基金】理事会が行い、その推薦によりプロの「ろうきん」があらためて審査します。もし、貸し付けが焦げ付いたときは担保の1,000万円が削られることになりますが、貸し付け先が顔の見える障害者団体(いまのところ近畿地区に限る)であることと、【ゆめ風基金】は阪神淡路大震災の折、被災地の障害者団体に8,000万円の無利子の貸し付けを行った実績があり、こんどは低利(年利1.95%)ですし、金融のプロが提携するので、危うさを心配するより5倍も活用される点をメリットにしました。これは試金石で(まさにお金を試してますね)、いずれは【ゆめ風ネット】とその地区の「ろうきん」が提携して、全国の障害者団体が活用できるようになればと願っています。

さて、第5回定期総会は3月21日(春分の日)に2年前の台風23号で市内のほとんどが浸水してしまった豊岡市の、少し南に位置する出石町で行います。いま【ゆめ風ネットたじま】のみなさんと事務局で実行委員会を組み、午前の総会と、永さんと小室さんが来てくださることになった午後からの催しの準備を進めています。出石市は「そば」と「陶器」で名高い城下町、前日(月)前々日(日)を使える人は雪解けの静かな町並みを散策されてはいかがでしょう。少し足を伸ばせばコウノトリの豊岡、温泉の城崎、かに料理の香住が、あなたのお越しをまってま〜す、とは実行委員会のみなさんの弁。

©ゆめ風基金