ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.312005年12月8日発行

未来に向けて…障害者が編み出した
自立観をすべての人と共有したい

代表理事 牧口一二

新たな10ヵ年計画がスタートして早5ヶ月、今号の「各地からの風だより」を拝読していても、おおむね賛同してくださっていて力づけられています。これからは「防災・減災」にも注目し、自然災害は致し方ないにしても被害を最小限にとどめ、死者を一人も出さないくふうが出来ないものか、追求していきます。

6月の「これまでの10年〜これからの10年」バトンタッチの催しで、「防災アイデアコンテスト」の発表と表彰をさせていただいたのですが、いま事務局では『ゆめ風・防災提言集』として編み上げるべく、アンケートを実施したり外部の方々に協力を仰ぎながら作業を進めているところです。【ゆめ風】らしい具体的な防災に関する提言ができれば、と奮闘中です。ご期待ください。

そのひとつ、地域の中学生に緊急時に力を発揮してもらおうと「ゆめ風・中学生プロジェクト」を立ち上げるための準備を始めています。なぜ中学生なのか…じつはNHK『ご近所の底力』がヒントだったのですが、昼間の時間帯、地域にいる力持ちは中学生で、高校生、大学生、働き盛りの大人は地域にいない、というわけです。東村山市のある中学校では生徒たちが医師や消防士、資格をとったPTAの人から人工呼吸のやり方や負傷者を担架で運ぶ方法などを教えてもらい、喜々として練習に励んでいました。

これは全国に広がってほしいと思いました。地域にはそれぞれ事情があるでしょうが、さっそく【ゆめ風】でもプロジェクトをつくってみようと取り組み始めました。あなたの地域でもいかがですか、あちこちに「中学生プロジェクト」が生まれ、情報交換できることを夢見ています。

さて、行政の防災計画を見てみますと、助け合いを「自助、共助、公助」と言われはじめて久しいのですが、ことさら「自助」を強調している点が気になります。行政から言われたくありません。「公助」の責任を明確にしてください。

じつはいま、全国の障害者が国会前に1万人以上が集まって抗議した「障害者・自立生活支援法」が国会を通過してしまったところです。この法案も障害者の「自立」を強調しているのですが、これは財源がパンクしたことからの施策で、税金を使わず相互扶助(介護保険への統合)で賄おうとしているのです。で、障害者も自立し(報酬を得て)、サービスを受ける1割を負担せよ、というわけです。もっともらしく聞こえるかもしれませんが、第一、税金が払えるほどの仕事にありつくのが大変です。重度障害者となればなおさらです。そして収入が少ない場合はその家族の収入が加算されての1割負担となるため、サービスを受ける回数を減らすことにもなりかねず、なにが「自立支援」だ、「孤立支援」ではないか、と言われている所以です。

1970年代に入ってからの障害者による市民運動は、重度障害者が生まれ育った自分の地域で、障害がない人との共生を模索してきました。そして、重度でも地域で当たり前に暮らす「自立生活運動」を展開してきました。この自立観は自分一人でできないことを他者に依頼し、暮らしを組み立てるのです。自立度を高くしようと思えば思うほど他者の力(質と量)が豊かになるわけです。なんと未来を感じる夢のある自立観ではありませんか。障害のない人もやってみませんか、一人でできないことも「助けて」と言える素直さと少しの勇気があれば、できてしまうのです。【ゆめ風基金】はこの精神で多くの力を得ています。

来年3月の【ゆめ風基金】総会は、昨年の台風23号で円山川が決壊し、ほぼ全市が浸水した豊岡市にて行なうことになりました。【ゆめ風基金】事務局はもちろん、【ネットたじま】のスタッフも意義深い総会になるよう準備に入ったところです。2006年3月20日(月)は被災地視察と交流会、21日(火・祭)は午前中に総会、午後からオープンにしての催し。もしかして、自然に返されたコウノトリが白い袋に永さんと小室さんをていねいに包んで会場に舞い降りてくれるかも、そんな期待を抱かせる総会です。交通の便などで参加できそうな方は、ぜひお越しください。

©ゆめ風基金