ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.302005年9月17日発行

微力ですが、【ゆめ風基金】をやってきて
「よかった!」が実感です

代表理事 牧口一二

「10年」って長いようで短いようで…とてもふしぎな期間ですよね。この10年間の思いは人それぞれでしょうが、【ゆめ風基金】を始めた私は、当初「この被害を風化させたくない」と直感し、10ヵ年計画にしたもののとても長く感じ、その一方で「計画満了まで生きているかな?」と思ったりしました。永さんの「10年かけるのがとてもいい」にずいぶん励まされての船出でした。

けれども10年が過ぎてみますと光陰矢の如しが実感で、とても速かった気がします。この10年間には国内でも海外でも自然災害が多かったように感じていて(自然災害に関わり始めたからでしょうか)、あの阪神淡路大震災の衝撃と阪神地域の障害者たちの当時の活躍ぶりに触発されて、この運動を始めたのですが、よくぞ【ゆめ風基金】運動を立ち上げていたもんだと思ったことでした。それほど基金は活用されてきたと言うことができます。

この10年で、ほんとうに多くのつながりが生まれました。自然災害を通して外国の障害者団体とも交流ができ、とくに台湾の障害者をお招きして「災害と障害者」をテーマにシンポジウムを開催できたことは大きな喜びでした。国内でも【ゆめ風基金】ネットワークが43カ所になり、先日の東北地域の震度6弱の地震でも仙台のネットから「今のところ大丈夫」といち早く連絡が届きました。少しずつですがネットが充実してきたと感じているところです。

去る6月19日、大阪・中之島の中央公会堂での「これまでの10年ありがとう、これからの10年よろしく」の集いには、おかげさまで1200名を超える参加者が得られ大盛況でした。ただ、私どもの感謝の気持ちからの張り切りすぎ、というか欲張りで…永六輔さん、道上洋三さんのトークと芸。小室等さん、紙ふうせんのお二人の歌とトーク。そしてこの10年間、催しのたびに駆けつけてくれた常連ミュージシャンの歌とトーク。それだけでも豪華な催しなのに、障害者市民のための防災アイデアコンテストの入選者7名によるプレゼンテーション、そのあと審査と表彰式。この10年間の協力者を代表して永さんに感謝状の贈呈式。呼びかけ人代表が永さんから小室さんにバトンタッチされるご報告とご挨拶。そしてナントナント、永さんと谷川俊太郎さんの合作詞に小室さんが曲をつけるという前代未聞の【ゆめ風基金】応援歌が2曲もできちゃいまして、そのお披露目とCD発売…などなど、どれ一つをとってもそれだけで催しが十分に成り立つような計画を盛り込んだため、あわただしいのなんの、ご協力いただいた多くの方々や仲間のみなさんにはきちんとしたお礼を申し上げないままになってしまいました。どうか、お許しください。大成功の影で心残りにしております。

静岡の大富士小学校6年1組の30余名が防災アイデアコンテストに応募してくれ、うち3点が入選ラインだったので、クラス全員に特別賞を差し上げようと決定したところ、すでに中学生になっている彼女ら彼らは恩師と保護者たちと一緒に、あわだたしい日帰り日程になりましたが観光バスで来阪してくれたのでした。これも忘れられない10周年の思い出です。

さて、いよいよ【ゆめ風基金】は第2次10カ年計画に入りました。すでにご報告していますように、これからは新しい呼びかけ人代表、小室等さんのもと、従来の活動に加えて「防災・減災」にも力を注いでいきます。これも10年の活動を顧みて、全国の障害者仲間の多くが「ゆめ風基金の存在は心強い」「ぜひ継続してほしい」との声を寄せてくれたからで、限られたスタッフで微力ですができるだけ期待に応えていきたい、との思いです。そのためにも、より一層【ゆめ風基金】のネットワークを充実させ、大切な基金をほんとうに必要なところへ確実に届けられるよう、心をくだき続けたいと思っています。

夢のような【ゆめ風基金】応援歌は、CDを発売してから大好評で、いま阪神淡路大震災の被災地にある高校の若者たちの間で合唱曲として歌いはじめられています。こうして広がっていくことがとても嬉しく、学校から地域へと歌い継がれていくことを願っています。

【ゆめ風基金】のモットー=「被災した障害者に直接届ける」
これまでの救援金 救援活動費総額 32,590,305円

救援金を届けた被災地は・・

1995年
阪神淡路大震災 障害者救援活動
1998年
北関東集中豪雨 障害者救援活動
1999年
トルコ西部大地震 救援調査活動
トルコ西部大地震 障害者救援活動
台湾大地震 救援調査活動
台湾大地震 障害者救援活動
2000年
有珠山噴火 障害者救援活動
トルコ被災障害児の医療活動
東海集中豪雨で全壊した障害者作業所
2001年
エルサルバドル地震で全壊した障害者作業所
インド大地震 救援調査活動
インド大地震 障害者救援活動
鳥取地震で被害を受けた障害者作業所
阪神淡路大震災被災障害者 復興支援活動「自分らしく生きたい発見プロジェクト」
(当事者のエンパワメントと支援ネットワーク形成)
2002年
阪神淡路大震災被災障害者 復興支援活動
アフガニスタン救援調査活動
アフガニスタン障害者に車いすを贈る運動
台風で全壊した韓国の障害者の生きる場
2003年
名古屋障害者防災ネットワーク形成
阪神淡路大震災被災障害者 復興支援活動
アフガニスタン被災障害者ぶどう畑再建
十勝沖地震障害者作業所復旧
イラン地震救援調査活動
2004年
北陸豪雨災害被災障害者救援活動
台風23号で被害を受けた障害者の生きる場・はたらく場10ヶ所
(豊岡市・出石郡・津名郡・洲本市・丹波市・篠山市・大分県直入郡)
新潟中越地震被災地障害者救援活動(CIL新潟ほか)
2005年
新潟中越地震で被害を受けた障害者の生きる場・はたらく場3ヶ所(十日町市・長岡市)
福岡沖地震で被害を受けた障害者作業所2ヶ所

©ゆめ風基金