ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.292005年5月26日発行

この10年間、思い起こすと
あちこちでお力を借りました

代表理事 牧口一二

いよいよ【ゆめ風基金】10ヵ年計画の満了を迎えました。感無量の気持ちです。阪神・淡路大震災の直後、現地に駆けつけた権代表(権は代役の意、永六輔さんが「権(ごん)呼びかけ人代表」に回られたのに倣って)の河野秀忠と大阪で気をもんでいた私との電話…「えらいことになっとるでぇ。時間かかるわ。まず金や、10億円は要るぞ」「えっ10億円、そんな金どうやって集めるん?せめて5億円ぐらいにしようや」「いいや10億円や、全国に呼びかけたらなんとかなるやろ」「そうか、全国なら10億円やな」…この冗談のような会話から、10ヵ年計画の【ゆめ・風・10億円基金】運動がスタートしたのでした。

無我夢中で賛同者を募る呼びかけ文を書いていました。「希望の場所、自立の家がのうなってしもたんやろ、20年かけて建てた作業所、あっという間につぶれてしもたんやろ。人間は自然の力にかないっこあれへんけど、こんな時こそ人の力を借りよ、それが人間なんやから、ひとりが10年かけて1万円、そんな人が…」

いち早く、永六輔さんが「10年かけるのがとてもいい」と賛同してくださり、呼びかけ人代表を引き受けてくださったのです。お名前をお借りするだけでも大きな力になったのですが、永さんは講演の先々で、著書の中で、本気の本気で【ゆめ風基金】のことを全国あちこちに伝えてくださいました。なお、ご著書4冊の印税は【ゆめ風基金】に振り込まれています。感謝の言葉をいくつ並べても足りません。

おかげさまで、この10年間で1万2千人を超える賛同者が得られ、2億603万円ほどの基金がプールできています。この間に起こった自然災害(国内・海外)、その被災地の障害者に3,200万円をお届けしています。(数字は2005年3月現在)

永六輔さんの10年から小室等さんの10年に引き継がれる節目のいま、まずはこの間にご協力いただいた多くの方々に心からの感謝を申し上げたくて、昨年末の東京での「感謝のつどい」に続いて、大阪・中央公会堂で「感謝のつどい」第2弾を催します。その折、多くの方々を代表して永さんに感謝状を押しつけることにしました。東京では巻き紙に綴ったのですが、今回は「夢・風・永・六・輔」を折り込んだ漢詩の創作を、呼びかけ人の杉本章さん(芦屋女子短期大学教員/本誌28号リレーエッセイ著者)にムリを申しました(次頁参照)。額に入れ謹んで手渡し致します(書は左右津安輝子さん、前衛書家で【ゆめ風】の初期事務局員)。

また、「防災アイデアコンテスト」には317点のご応募があり、審査委員の方々と事務局員で慎重に選ばせていただいた結果、7点と審査委員特別賞として2点を選出しました。7点は中央公会堂でプレゼンテーションしていただき、永さん小室さんも加わって各賞と佳作を決定し、表彰させていただきます。

加えて催し当日は、すでにご報告していました【ゆめ風基金応援歌】のCDが完成し、販売を開始します。永六輔さんと谷川俊太郎さん(賛助会員)の詩を、小室等さんがごちゃ混ぜにして曲を付けるという前代未聞、超ぜいたくな応援歌が2曲もできちゃいました。当日は【ゆめ風基金】の催しのたびに駆けつけてくださるミュージシャンも、参加者と一緒に歌いますが、CDは2曲入ってナント1000円(CD制作の実費のみ、創作や出演はすべてボランティア)、とにかくええ歌ですよ。

こうして10年間を思い起こして綴ってみると、なんと多くの方々の力をお借りしてやってこれたんだなぁが実感です。もちろんここに表現しているのはご協力いただいたほんの一部で、たまたま丸10年を迎えた催しに関わってくださった方々のみで、これほどです。ほんとうに多大なみなさんに支えられた10年でした。心から感謝を申し上げるとともに、どうぞ第2次の10ヵ年もよろしくお願い致します。

©ゆめ風基金