ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.282005年3月7日発行

この10年間、ほんとうに
ありがとうございました

代表理事 牧口一二

ことしに入って早2ヵ月が過ぎました。昨年の後半には、台風23号が大暴れし、その傷跡をあちこちに残しましたが、その後、新潟・中越地域で震度7の大地震が起こり、10万人を超える人々が避難所生活を余儀なくさせられました。なんと自然災害の多い年だったことか、と思いきや、暮れも押し詰まってからスマトラ沖で大地震によって大津波が引き起こされ、多大な犠牲者を出してしまいました。その被害はいまも確定できないほどの規模になっています。やはり、大宇宙の中に漂う小さな星の中で生かされている小さな小さな自分を(私たち人間の存在を)感じないわけにはいきませんでした。あらためて、この運動の重要性を噛みしめています。

いま、私は車いすで歩き回って小・中・高校と学校巡りをしているのですが、生徒諸君には「週に2回ぐらいでええから、自分の心をお月さんに飛ばして、月から地球を見つめてほしいんや」と声をかけています。つまり、時々でいいから「自分を客観的に見つめて」と頼んでいるのです。すると地球という小さな星には多くの「いきもの」が生息していて、その8割が虫たちで、人間に限っても63億2千万ほどが生きているということ。言い換えると、自分以外に63億2千万人が生きていて、いきものは常に動いているので、63億2千万人の中には目がつぶれたり、手や足がちぎれたり、自分の心が思うように使えなくなったりする人がいて当たり前、なんの不思議でもないこと。つまり、障害者の存在は人間がいきものである証拠ということに気づいてもらえるはずなんだ、と語りかけています。

ところで、いま小さな星の地球はとてもとてもキナ臭く、憲法9条が取り沙汰されています。あの9条を小学生なら「いかなる戦争も(自衛戦争も)しない、できない」と素直に読みますが、エリートたちほどひねくれて読むようで、いつのまにか自衛隊を合憲としてしまいました。オピニオンリーダーたちの多くは「もし(どこかの国が)攻めて来たら、どうする!だらしなく無抵抗で殺されるのか」と私たちを脅かします。そんな人は、ぜひ月から地球を凝視してほしい。ほんとうに一人ひとりの生命を大切に考えるなら、どのような形の戦争であれ(双方の市民に)どれほど多くの犠牲が出るか計り知れません。「攻めて来るなら来ればいい」という答えが、犠牲者を最小限にとどめる唯一の道で、これほど自明のことはありません。

さて、昨年末の東京での「これまでの10年ありがとう!これからの10年もよろしく!…感謝の集い」に引き続き、いよいよ6月の大阪・中之島公会堂での「感謝の集い」にて、【ゆめ風基金】10ヵ年計画は完了、大きな区切りを迎えました。1万人を超える、ほんとうに多くの人々に支えられての歩みでした。心を込めて深く深くお礼申し上げます。6月の催しでも昨年の東京での「感謝の集い」同様、みなさんを代表して永六輔さんに事務局一同から感謝状を差し上げ(押しつけ)させていただく予定です。

それで、この日から呼びかけ人代表を永さんから小室等さんにバトンタッチさせていただきます。これに続いて『ゆめ風の応援歌』を発表し、CDの発売をはじめます。この歌は『伝えてください』と『風と夢』の2曲で、どちらも作詞=永六輔+谷川俊太郎/作曲=小室等です。永さんと谷川さん、それぞれの詩をごちゃ混ぜにして歌を作る、という空恐ろしい前代未聞の歌ができちゃったんです(業界の常識を知らないド素人のやること、と言われてマス)。おそらく心を許し合った3人でないと実現しない企画だったと思います。それだけにこの歌を広げたい!世界の隅々まで歌い継がれていきますように。夢のように、風のように。

これからの10年は、従来の「自然災害で被災した障害者を支援する」働きはもとより、「防災・減災」にも積極的に取り組んでいこうと思います。その皮切りの企画として「防災アイデアコンテスト」を公募しましたが、その大賞以下を発表させていただきます。応募作は何らかの形でお知らせしたいと考えています。

さぁ、新たな10年の船出です。どうか、これからもよろしくお願いいたします。

©ゆめ風基金