ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.272005年1月28日発行

真っ暗な濁流の中、
聞こえてきた『上を向いて歩こう』

代表理事 牧口一二

なんということでしょうか、ことしは台風の当たり年になったかと思いきや、新潟の中越地方を震度7の地震が襲い、以後も頻繁に震度6強〜5弱の強力な余震が続いて、新潟の人々は不安な日々を過ごされていることでしょう。一時期は10万人以上が避難されていたようです。そんな中、あの優太くんの生還は、暗きこと多し世相に一条の光を灯してくれました。その奇跡的な生命力は、もしかしたらお母さんとお姉さんの最後の願いが叶ってのことかもしれません。このように大きな被害と悲しみの奥深くで、したたかでいとおしい生命を感じる人間ドラマがあちこちで起こったことと思います。体験された方、落ち着いたときにご報告いただきますように。

事務局ではすぐに兵庫、豊岡、淡路島、香川、京都、新潟、富山のネットと連絡を取り合いました。新潟地震の支援については、自立支援センター新潟と協働してあたることとさせていただき、現地情報収集と被災障害者緊急受け入れのために、急ぎ支援金をお届けしました(詳しくは後のページをご覧ください)。

新潟の大地震ですっかりマスコミ報道が減りましたが、台風23号が近畿や淡路島、四国、広島などに大きな傷跡を残し、とくに豊岡や舞鶴は河川の崩壊によって地域のほとんどが泥水に浸って、復興には長期を要すことが予想されます。

とにかく自然災害は、直接に被害を被った人たちが頑張られるのは仕方ないことでしょうが、むしろ被害者のみなさんには一度ゆっくり心と身体を休ませてもらって、他の人と人とが絆を結び、小さな力をいっぱい集めて一日でも早く復興させたいと思います。なんだか10年前の、【ゆめ風基金】発足のときに思わず書いた呼びかけ文、あのときと同じ気持ちで書いています。

舞鶴でも人間ドラマが展開したようです。由良川があふれ、バスやトラック、乗用車が立ち往生し、バスの37人がカーテンをつないで作ったロープで屋根の上によじ登って難をまぬがれましたが、バスごと流されそうになり、たまたま流れてきた竹棒を使って近くの立ち木とバスをつなぐよう、2人が立ち木に渡ってしがみつき、翌朝に救出されるまでバスの35人と歌をうたって励まし合ったそうです。そのときの歌が『上を向いて歩こう』と『むすんでひらいて』だったとか。そして、ほかにも車が濁流に阻まれて救援を待っていた人が40人以上いて、どこからか聞こえてくる『上を向いて歩こう』に勇気づけられ、恐怖と寒さを耐えたといいます。あらためて歌の力ってスゴイなぁ…を実感しました。

さて、【ゆめ風基金】10年記念の応援歌ができ上がりました。永六輔さん、谷川俊太郎さんがそれぞれ一曲分の作詞をしてくださり、思いがけず二曲もできることになり、小室等さんが二つとも作曲をしてくださいました。

ことし12月4日の東京の集いに完成したCDを間に合わせたかったのですが、いま小室さんがCD制作に向けて、さまざまな協力者を募ってくださっているところ。「この歌ができるまで」のミニストーリーも入れて、来年4月ごろに発売したいと計画しています。どうぞ、ご予約ください。

相次ぐ災害の被害を少しでも少なくするための障害者市民防災アイデアコンテストにもぜひご参加ください(詳しくはホームページをご覧ください。カラーパンフレットもご請求くださいますように)。

©ゆめ風基金