ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.262004年11月3日発行

4月から9月のうごき

雨の中 特設ステージで語る永六輔さん、道上洋三さん、趙博さん

4/5
越谷市のKさん「第8回チャリティーコンサート」の収益金を基金に届けてくださる。
4/7
南河内郡フェスタきねづか実行委員会が今年も基金を届けてくださる。
4/9
八尾ひまわりクラブから基金に。
4/16
ゆめごよみ1万1千部の発送作業。大阪市内扇町公園にある組合事務所をお借りして市従業員組合公園支部Vネット委員会のみなさんと【ゆめ風ボランティア】の応援で1日でおえる。感謝!
安芸五日市のIさん7人分の基金を集まとめて送ってくださる。
4/21
東広島市の医療法人三永会Yさんが基金に。
大阪交通ライフサポートセンターから10万円のご寄付をいただく。
4/25
【ネット宇佐】からカンパが届く。札幌市のあかつき篠路保育園労働組合から基金に。
5/17
東京練馬のHさん500円玉貯金を送ってくださる。
5/20
神戸で9回目の「ゆめまつり風フェスタ」開催。又もや雨。地元商店街、社協、作業所、事業所、のみなさんがこつこつと準備したおまつりなのに、雨で又もや縮小。屋内でのプログラムは予定通り。地元高校生ボランティアが張り切ってサポートしてくれる。嬉しい。屋外プログラムが大幅縮小になったので、永さんの提案で屋内プログラムを1時間早めてスタートさせることになり、お客様は大喜び。永さんの開場トーク炸裂でライブ会場は晴天!笑いあり涙ありの充実した内容に熱気あふれエアコンが効かないほど。永さんが「子どもたちにいのちの尊さ、雄大さを伝えたい」と真剣な面持ちで語っておられたのが印象的でした。道上さんのお話も力がこもって感動的。紙ふうせんほかミュージシャンの方々の素晴らしい歌と演奏にうっとり。みなさんに支えられてこその【ゆめ風基金】であることをしみじみ実感し感謝したゆめまつりでした。
5/31
【ネットかがわ】から灰谷さん講演会収益金が届く。
6/10
第2回理事会開催。防災アイデア・コンテストや10周年事業について話し合う。
6/22
牧口代表TV大阪「ボランティア21」に出演。全国から放送を見たと12人の視聴者が会員になってくださる。
6/25
神奈川県座間市「西村計雄と自称その弟子たち小品展企画委員会」からご寄付、永さんは「自称その弟子」だそうです。
6/30
大阪市従業員労働組合下水道支部から募金箱のカンパが届く。今年から各事務所においてくださるとのこと。感謝。
7/3
仙台「災害を考える集会」で配布してくださるとのことでリーフレットとニューズレターを発送する。
7/13
新潟集中豪雨。救援活動のために情報収集。【ネット石川】と【ネット富山】に連絡をとり被災地の障害者ネットワーク情報を収集。新潟障害者自立生活センターから三条市のNPO「助け合いネットワーク」の情報を得て、早速連絡をとる。電話だけでのやりとりだが、地域に密着した着実な活動を重ねておられることがわかる。登録障害者の安否確認を早々に済ませていた。さすが草の根拠点の動きは早い。
7/16〜25
香川県木田郡三木町で「夏硝子展」が開催され、会場に【ゆめ風基金】募金箱をおいてくださる。感謝。
7/30
神戸市東灘区の劇団青い森さん東京公演の際にリーフレットを配ってくださるとのお申し出、感謝。
8/5
出雲のミュージシャン妹尾さんから基金に。【ゆめ風基金】を紹介してくださるとのことでリーフレット1000部発送。
8/9
【ネットみやぎ】から集会のカンパが届く。
9/6
豊岡市の呼びかけ人Iさん6人分をまとめて送ってくださる。
9/8
長野市大門町の本陣寺子屋実行委員会から永さん講演料を届けてくださる。
9/9
【ネット有田】から募金箱のカンパが届く。
9/16
神戸阪神間の障害者事業所ネットワーク「ゆめ風企画」からカンパが届く。
9/17
岡山県立高梁高校2年2組のみなさんから募金が届く。
9/21
三鷹市の「グループのびやか」のお店に置いてくださった募金箱カンパが届く。

スペースの都合ですべてのご活動を紹介できませんでした。ご支援に心より感謝いたします。

北陸豪雨災害障害者救援活動に22万円の支援

建物内の床をはずし、その下から、

泥だし作業をする大阪市従公園支部Vネット委員会のみなさん

7月半ばに新潟・福井を襲った豪雨災害では、新潟県の死者15人、福井県の死者3人、行方不明者3人という惨事となりました。その内実に19人が60歳以上の高齢者でした。家屋の被害はそれぞれ全壊68世帯・66世帯、半壊5437世帯・1315世帯、床上浸水2222世帯・4052世帯となりました。

【ゆめ風基金】では、今回の水害で障害者・高齢者救援活動を行った災害ボランティア「震災がつなぐ全国ネットワーク」(事務局=被災地NG0協働センター)に被災地障害者センターと共に22万円の活動支援金を届けました。

全国ネットワークは直後から被災地に入り、社協と共に災害ボランティアセンターを設立し、救援活動を行いました。特に障害者の情報が入りにくいので、安否確認とニーズ掘り起こしを各戸訪問の中で遂行しました。

課題としては、障害者、ひとり暮らし高齢者、寝たきり高齢者情報の把握と、福祉拠点との連携、災害ボランティアセンターのコーディネート機能の強化、福祉サービス従事者との連携などが挙げられるのではないかとの報告が届いています。

豪雨が過ぎ去った後は、泥出し作業という重労働が延々と続きます。暑い時なので、消毒も念入りにしなければなりませんし、悪臭も並大抵ではありません。力仕事の担い手不在の家は途方にくれます。

作業着で頭にはタオルを巻き、長靴をはいてゴミ袋をもつ委員会の面々
救援活動を行なうVネット委員会

【ゆめ風基金】応援団である大阪市従業員労働組合公園支部Vネット委員会は、新潟県三条市の障害者NPOたすけあいネットワークと連携して、8日間泥だし消毒作業を中心に救援活動を行いました。同じく応援団の大阪交通ライフサポートセンターも福井の被災地で障害者高齢者家庭の個別訪問救援活動を行いました。

NPOたすけあいネットワークでは今も400世帯の仮設住宅の訪問見守り活動を続けています(この度のご縁で【ゆめ風ネット】に加わってくださることになりました)。

©ゆめ風基金