ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.262004年11月3日発行

10ヵ年の区切り迎えて企画あれこれ

代表理事 牧口一二

今年は地球自体とそれを取り巻く大自然がたいへん怒っているようです。6月ごろから大型の台風が次々にやってきて9月末までに21号、そのほぼ半数が列島のあちこちに被害の爪痕を残しました。河川の破壊による浸水、集中豪雨による崖崩れのニュース、そして死者や行方不明者の人数が報告される度に思うのですが、最高の水量や風力を予測し、その危険度を算出して対処できないものなのでしょうか。自然のエネルギーはいつも私たちの想像をはるかに超えている、のでしょうか。

そしてまた、関西地方では震源地で震度5弱の大揺れが2度、2回目のほうが強くて「余震」ではない「前震」というものを知りました。「そら、東南海地震がきた!この程度で済んでよかった」と思ったのですが、それとは別らしく、あーぁとため息。東南海はもっと大きいとの予測です。自然界の営みを畏れない、あまりにも身勝手な人間の刹那的行為に、地球はほんとうに怒ってしまったのでしょうか。そういえば、地底のマグマも世界のあちこちで噴出しています。

来年6月、【ゆめ風基金】は大きな区切りを迎えます。まず10ヵ年計画の終了、その「感謝の集い」を東京(今年12月4日)と大阪(来年6月19日)で行ないます。それから、すでに報告しましたように、【ゆめ風基金】運動は続けます。いままでの10年を第1次計画とすると、2005年6月〜2015年5月は第2次計画としての船出です。第1次の目的は「被災した障害者を支援する」と「ネットワークづくり」でしたが、第2次はそれらはもとより、加えて「防災・減災」を念頭に活動していきたいと考えています。そして当初からの目標、10億円に向けての募金活動です。

そこで第1次の永六輔さんから第2次の小室等さんへ…呼びかけ人代表のバトンタッチにふさわしい企画として、今年10月1日から来年2月28日にかけて『障害者市民(を軸に)防災まちづくりアイデア・コンテスト』を広く公募します。もちろん障害者でない方も応募できます。そして「なるほど、これはスゴイ!」と思われるアイデア5〜6点を、建築や防災の専門家、福祉や共生社会の推進メンバーなどで選出し、来年6月19日に大阪・中之島の中央公会堂で催す『ゆめ風10ヵ年、感謝の集い』会場にて、選出された作者がプレゼンテーションを行い、永さん、小室さんが加わって審査し、ゆめ風大賞、金賞、銀賞、ろうきん・全労済特別賞などを決定します。

そんなわけで、各地の【ゆめ風ネットワーク】から波紋が広がるように、この企画を多くの方に伝えていただきますようお願いします。応募用紙つきのパンフレットを各ネットにお届けしますのでご活用ください(追加枚数は事務局にご請求を)。

また、前号でお知らせしました「ゆめ風の歌」の進みぐあいですが、小室等さんの作曲が先日でき上がって、その曲が永六輔さんと谷川俊太郎さんに届き、お二人に作詞をお願いしている段階です。「12月4日のカタログハウス(東京・新宿)での『ゆめ風であいましょう 感謝の集い』でご披露できればと思っています。

3人のボランタリーなお気持ちが結集された「ゆめ風の歌」。人々に勇気と夢を運ぶ風として、いつまでも歌い継がれることを想像すると楽しくなってきます。みなさんもどうかお楽しみに。次号で詳細をお伝えできると思います。

【ゆめ風基金】は本当にたくさんのみなさんの支えで、ここまで歩を進めることができました。「ゆめ風基金が支え」と言ってくださる方が全国におられることが、私たちにとって大きな励みとなっています。

これからもみなさんと共に歩んでいければこんな嬉しいことはありません。

©ゆめ風基金