ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.252004年8月27日発行

人の絆のおもしろさを実感してきた9年、
そしてまた…

代表理事 牧口一二

10ヵ年計画で始まった【ゆめ・風基金】はいよいよ最終年となり、来年6月で丸10年になります。目標の10億円にはとても及ばない2億円強の実績であと1年なのですが、金額ではとても表せない多くの人々との出会いがあり、人と人との絆をあらためて感じて、思わず「人間ってええなぁ」と何度つぶやいたことでしょう。そんな9年間の活動でした。みなさん、ありがとうございます。

呼びかけ人代表の永六輔さんをはじめ、さまざまな催しにボランティアとして、そして本気で駆けつけてくださった著名な呼びかけ人のみなさんの姿勢に、事務局の私どもは元気と勇気をもらいました。また、この9年間で基金を提供してくださる方は1万1千人を超え、この中には毎年、毎月と決まって振り込んでくださる方、臨時収入を回してくださった方、そして『ゆめごよみ風だより』が届く度に振り込んでくださった方など、それぞれが自分流の方法で長〜い付き合いをしてくださっています。どれだけ事務局をあずかる私どもをあと押ししてくださったことでしょう。そしてまた、緊急時に被災地の障害者たちとすぐに連絡し合える【ゆめ・風ネット】も各地に広がりつつあり、現在37団体になりました。これからも参加団体を増やして、よりきめ細かな支援体制をつくり出していきます。

NPO法人格を取得して3年、先日3月21日に3回目の総会を開き、各地のネット、14団体から参加がありました。型通りの当年度活動報告・収支決算そして来年度活動計画・収支予算の承認を得て、ポスト10年について話し合いました。いままでの10年を《第1次》とするなら、来年6月からの10ヵ年を《第2次》とすることは既に決まっていますが、その内容はいままでの被災した障害者を支援するだけではなく、防災についても障害者の立場から考え、アイディアを出し合い、発言していこう、との方針が確認されました。

さて、重大なご報告です。10年間にわたり全国のあちこちで【ゆめ・風基金】への参加を本気で呼びかけ続けてくださった永六輔さんが、次の10年から「呼びかけ人代表」の立場を親しい間柄の小室等さんにバトンタッチされることになりました。そして永さんは「副代表ぐらいの立場で続けたい。妻を亡くしたので在宅看護のことに力を注ぎたい」とおっしゃいました。つねに新しい永さん、新たな活動に私たちも何らかの応援ができないか、の気持ちでいっぱいです。

小室等さんは、ちょっと考えて…「永さんがお目付役で残ってくれるなら」と《第2次》からの呼びかけ人代表を引き受けてくださいました。小室さんは私も河野秀忠(【ゆめ・風基金】の言い出しっぺ)も以前から親しくしてもらっていて、しかも永さんも残ってくださる、私どもには願ってもないことです。

さっそく《第2次》出発に向けてのアイディアがひらめきました。永六輔作詞+小室等作曲の【ゆめ・風基金】応援歌を創り売り出そう。そこで永さんにお願いしたところ「そりゃ(賛助会員の)谷川俊太郎さんがいいよ」とのこと。小室さんは谷川さんと仲良しです。というわけで谷川さんにお願いすると「じゃあ、永さんが1番を書いて、ぼくが2番を書く」とおっしゃって…夢が実現の運びに。ただいま小室さんが曲をつくっています。人と人との絆って、このようにして不可能と思えたものを可能にしていくんだなぁと実感しました。今年12月東京での「みなさんへの感謝の集い」で発表、同時にCD発売予定、どうぞご期待ください。

ところで、何ごとも「おざなり」を嫌う永さんは自分の立場について、「副」とか「サブ」はしっくりこないなぁ、と考えて「権(ごん)」がいいよ、と言われました。つまり「権・呼びかけ人代表」というわけ。国語辞典で引くと「ごん(権)」は、①(実に対して)仮(かり)。②官位を示す語に冠して、定員外に権(かり)に置いた地位を表す語。③本来のものに準ずる意を示す語。とありました。確かに意味はその通りだけど、「権」ねぇ、どうなんでしょう?

©ゆめ風基金