ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.242004年6月12日発行

「まず弱者から救おう」は、
障害者の身勝手でしょうか

代表理事 牧口一二

日本に唯一残っていたと思える理想=平和憲法のナント軽いこと軽いこと、ふわふわと形を徐々に変えに変えて、とうとうイラクへ飛んでいきました。イラクの人びとに平穏な暮らしはいつ訪れるのか、そんな暗たんとした情勢の中で新しい年が明けようとしていた矢先、お隣りのイラン南東部で大地震が起りました。犠牲者は4万人規模と報じられています。驚くべき数です。その中に障害者は何千人いたのでしょうか。一瞬に住居が崩壊したようで、まだ瓦礫に埋もれたままの人がいるとも言います。逃げおくれた障害者や高齢者がきっといることでしょう。また、救援を待つ多くの人びとの暮らしは?とても気がかりです。いま、外国の被災地に出向き救援活動を続けている神戸のNGOに、イランの障害者の状況を調べてもらっています。確かに障害者に届く有効な支援先が掴めれば、すぐ対応したいと思います(ふだんお付き合いがないので大したことはできませんが)。

阪神・淡路大震災から9年経ち、また、起こる可能性が高いといわれる東南海地震や南海地震などに備えて、危機管理や防災、減災の検討が(とくにこの時期)なされています。そんな議論の中で「トリアージ」という言葉を知りました。解説によると、大災害のとき限られた医療資源で最大限の生命を救うために医師や看護師などは患者のケガの状態により治療する優先順位づけを迫られる。その優先順位づけをトリアージという、とあります。医療分野ではもっともな話とも言えますが、これを災害時の救命や危機管理に当てはめるのはどうでしょう。ちょっと待てよ、障害者の私には少し危ない考え方やなぁと感じたのです。人間はもっと不思議な存在ではないだろうか、多数より少数を大事にしたり、強より弱を尊重できる力も持ち合わせているからこそロマンがありドラマが生まれるのだ、と私は思います。大災害のとき「まず弱者から救い出そう」は理想論にすぎますか。あるいは障害者は身勝手なのでしょうか。少なくても「弱者は覚悟せよ」なんて言われたくありません。

さて、10ヵ年計画でスタートした【ゆめ・風基金】は今年6月でいよいよ(第1次の)最終年に入ります。まさに<光陰矢の如し>です。ご支援いただいているみなさんからの声、振替用紙の小さな空白に書きこまれた短い言葉や自筆の文字から…その思いがぐっと胸にきて(事務局は)気を引きしめたり、思わず「そうですよね」と共感の独り言をつぶやいたりしています。とくに【ゆめ・風基金】の趣旨からいうと、「戦争が議論されるとき、娘のような重度心(身障害)児の存在は頭にうかびもしないでしょう。生きているのが仕事のような人達のことが皆の共通理解になるようにが私のゆめでしょうか。誠実なお仕事を」との声には励まされるとともに、この運動の原点を思い起こしました。もともと世の中全体が大騒動になったとき障害者が置かれた状況はどうだった、それが【ゆめ・風基金】発足のきっかけでした。いただいた言葉を念頭に活動を続けていきます。

第2次10ヵ年計画は、自然災害が起きた緊急時の支援はもちろんですが、これからは防災や減災も重要なテーマとして考えていきます。やはり「顔の見える関係」というか、ふだんの付き合いが重要だと思うのですが、障害者の立場から健全者も元気になってもらえる発想を生み出せたらいいのですが。そのためにも【ゆめ・風ネット】を顔の見えるところまで細かい網を張りたいのです。昨年はおかげさまで倍増できました。でも、まだまだ加盟してくださる障害者団体を募っていきます。ぜひ、ご協力ください。

©ゆめ風基金