ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.232004年2月9日発行

「たかが野球」されど…
【ゆめ・風】的に眺めると…

代表理事 牧口一二

やっとこさ、どっこいしょで阪神タイガースがリーグ優勝しました。こんな話題、野球に関心ない人やタイガース以外のファンには「何を騒いどるんや」と叱られそうです(思わず星野節に)。ほんと、5万人が一同に応援できるなんてファシズムでもあるわけで…パニック状態になると障害者は恐ろしい目に遭います。私も松葉づえのころ時折、甲子園のライトスタンドで「かっ飛ばせ」をやってたんですが、タイガースが勝った日は球場から駅まで悠々と歩けました。上機嫌の群衆が私の姿に「お〜い、松葉づえの人や、道空けたげやぁ」となったんです。ところが負けた日は「なんでこんなとこウロウロすんねん、危ないやないかぁ」と怒鳴られるしまつ。そんな体験から、負けた日は人波がまばらになるまでライトスタンドで待ってたもんです、友だちとともに。

大群衆が一つの方向に動き出すとき、われら障害者はクワバラクワバラ。地震も戦争もご用心です。でもでも、根っからのタイガースファンの私は、苦節18年の優勝に、8年前の【ゆめ・風基金】発足イベントを静かに涙しながら思い出しました。永六輔さんや「紙ふうせん」のお二人、そして大阪フィルハーモニー楽団にも来てもらっての豪華版でしたが、途中から、いまは亡き2代目ミスタータイガース、村山實さん(【ゆめ・風】の呼びかけ人でした)が駆けつけてくださって・・・村山さんも自宅が被害に遭われていて…フィナーレは会場いっぱい、大阪フィルの演奏で「六甲おろし」の大合唱になったのでした。

もうひとつ(ごめんね)。今度の優勝の理由には、負けても負けても応援し続けたファン気質など、いろいろあるんでしょうが、私は広島カープから来てくれた金本選手の存在を挙げたいのです。個人の成績はいまひとつだったのですが、それだけに存在感が際立ちました。打線のつなぎ役には十分な働きで、彼がいることで他の選手が自分の力以上のものを発揮できたように思います。

大勢で何かを成し遂げようとするとき、強烈なリーダーも必要でしょうが、目立たない脇役や多くの人々の存在がいかに大きな力をもっているか、あらためて感じたタイガースの優勝でした。

ところで、【ゆめ・風】はネットワークを充実させたくて、せめて都道府県に1ヶ所、広い地域では2〜3ヶ所のネットがほしい。自然災害が起ったとき、いち早く、ほんとうに必要な障害者のところに【ゆめ・風基金】が的確に届くには地域のネットの存在が不可欠です。おかげさまで少しずつ充実してきましたが、いつ、どこで、どんな規模の災害が発生するか、それがわからないのが自然災害なので、ぜひとも手薄な地域の障害者団体は名乗り出ていただきますように。近隣の障害者の状況がすぐわかる活動をされている団体がふさわしいのですが、難しい条件はありません。くわしくは事務局にお問い合わせください。

エイTシャツを着て語る牧口さん。

あと1年半ほどで10ヵ年計画は区切りを迎えます。まずは10年の再来年、いままでお世話になった人たちと「感謝を分かち合う」集いを催し、さらなる10ヵ年へと歩を進めたいのです。こんな催しを全国のあちこちでやりたいのですが、そんなお金も力もないのが悔しくてなりません。

©ゆめ風基金