ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.222003年10月8日発行

多くの支援が寄せられる、
それ以前にしたいこと

代表理事 牧口一二

こんにちは!いかがお過しでしょうか。いつも振込用紙の通信欄に書いてくださる短い言葉に、事務局一同、身が引き締まる思いです。

先月の「東北方面で大地震」ニュースにはドキッとしました。テレビ画面からはあの阪神・淡路大震災を思い起こさせる激しく長い揺れが続いて、【ゆめ・風ネット・みやぎ】に連絡しなければ…と思っていたところ、いち早く【ネット・みやぎ】から「ただいま情報を集めています。でも、いまのところ大した被害は出ていない模様。詳しくはあらためて報告します」との連絡が入りました。事務局一同、迅速に対応してくださったことに感謝感激。そして1日後「今回は大丈夫です。ご心配をかけました」と続報が届きました。死者が1人も出ず大した被害もなかったようで、ほんとうによかった!

3月の総会で【ゆめ・風ネット】を充実させることも話し合ったのですが、あらためて【ゆめ・風ネット】の役割の重要性を実感しました。昨年から少し積極的にネット参加を呼びかけて現在30ヵ所になっていますが、まずは都道府県に最低1ヵ所はほしいし、つぎは市町村単位に…と切望しています。ぜひ、各地の障害者団体はネットへの参加を名乗り出てくださいますように。会員の方からの推薦もよろしくお願いします。あまり地域が重ならないよう、理事会で検討・調整させていただきます。詳しくは事務局へお問い合わせください。

振込用紙の声を拝読していて、その行間から「人と人との絆」を何より大切にして支援を続けてくださっている方々の想いがひしひしと伝わってきます。じつは【ゆめ・風基金】を呼びかけた当初から、発案者のひとりで障害者の私は、ちょっと気にかけていることがありました。いざ!という緊急のときには障害のあるなしに関係なく助け合う状況が生まれるわけで、障害者だけを支援の対象にした募金活動は身勝手すぎないか、という思い、何だか健常者を信じていないようで「水くさいなぁ」と言われそうな心配でした。もちろん「障害者だけが助かればいい」なんて考えてはいません。

もともと【ゆめ・風基金】が生まれたきっかけは阪神・淡路大震災で、あのとき障害者が日頃から心配していた「世の中全体がパニックに陥ったとき、われわれはどうなるのだろう?」が、顕著に露呈したのでした。障害者はあらゆる場面で「あと回し」になってしまったのです。障害者の要求は私的なものに映るのでしょうか、「いまは全体が大変な状況なのだから」と取り合ってもらえない事態が続発しました。とくに視覚や聴覚に障害がある人々や知的障害者たちには緊急情報がずいぶん遅れてしまいました。

それらの教訓から「あと回し」にされる、その時にこそすぐ、まずは被災地の障害者たちに【ゆめ・風基金】を活用してもらおうと考えたのです。とりあえず生き延びること、それさえできれば地域の人々はもちろん、全国からも力強い支援が届けられることでしょう(阪神・淡路のときがそうでした)。

私は障害者として「あと回し」を容認していません。ほんとうは世の中全体が大混乱になったとき、まず助け出されるのは子ども、高齢者、そして障害者であってほしい(行政はそうあるべき)、それが人間の社会です。こうした理念(理想・ゆめ)が結局、全人類を救うことになるのだと確信します。いま、全国の人々に【ゆめ・風基金】が支えられているのは、障害者のおかれた状況を十分理解された上での支援であることが、寄せていただく声から感じられて励まされている毎日です。

©ゆめ風基金