ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.202002年10月26日発行

いのち…
自然災害と人災のはざまで思うこと

代表理事 牧口一二

ことしの夏はとても暑かった、が実感です。毎年、夏が来るとそう思うのかもしれませんが、大阪ではやはり記録的にも猛暑だったようで、真夏日が70日を超えて過去最高とのこと。冷房と排気ガスのせいでしょうか。昼すぎに電動車椅子でアスファルト舗道をゆくと照り返し熱も合わせて強烈な暑さ、いったい何度℃あるんやろ、と思いつつトコトコと仕事場通い。そうかと思えば、半袖で特急列車に乗って車内の冷房で夏風邪をひいてしまったり。けっこう大変な夏でした。

そしてまた台風が多い夏でもありました。この原稿を書いているいま、16号が南大東島を襲って沖縄で停滞しています。15号が九州・四国全域に豪雨をもたらせ、朝鮮半島を直撃し、韓国では130名もの犠牲者が出ている、と報じられています。たいへん気がかりで、いま情報を集めているところです。

台風が過ぎ去ったあと、河川の決壊、崖くずれ、家屋の浸水…と、いつも大きな被害が繰り返されます。そんなニュースを聞くたびに、自然災害とはいえ<なんとかならないのか>と怒りを感じてしまうのは私だけではありますまい。いつまで同じ誤りを繰り返しているのでしょうか。それほど大自然の営みは計り知れない、ということかもしれませんが、予測できないとも思えません。いまのところ地震の予知はむずかしいでしょうけれど。

「有事」法案なんていうなら、対策を講じなければならないのは毎年起こっている自然災害のほうなんですがねぇ。自然の営みを人災にしてしまっています。戦争はもともとが人災、なのになぜ止められないのか。広島からのお便りに「有事はいやです。無事がいい」というのがあって、思わず膝を叩いていました。

ところでこのごろ、マスコミのニュース感覚に<アレ?>と思うことが多くなった、と思いません?つまり報道されるニュースの順序や大小のこと。そんなに大騒ぎしなくても…と思える事件がトップニュースになっていたり、これこそ世界中に伝えるべき、と思えるものが三番手ぐらいに扱われたり。自分の価値観や時代感覚のほうを疑ってしまうほどに。たとえば、先月8月9日。広島に続いて長崎で原爆が炸裂した日です。57年前のあの日から被曝の後遺症に苦しみ何年も経ってから亡くなられた人々を含めて長崎の犠牲者は13万人。半世紀以上も経った今年だけでも2564人が亡くなられ死没者名簿に加えられたそうです。

その日の昼すぎ、「田中眞紀子、議員辞職」の臨時ニュース。号外も出たようです。夕刻のNHKは高校野球を中断して、詰めかけた報道陣に自宅前でコメントする眞紀子さんを、まるでスクープのように何度も何度もしつこく流しました。野球の中断は納得できます。しかし、スクープでもない、しかも内容のない会見を、なぜに何度も繰り返す必要があったのか、いやな予感がしました。はたせるかな、午後7時からの「ニュース7」は眞紀子さん辞職がトップニュースで時間も多くを割いていました。それから時間が経過したとはいえ「ニュースステーション」「ニュース23」も同じでした。私が世界中に伝えてほしいと思った長崎の平和宣言は、日ハム騒動とUSJの相次ぐ不祥事に紛れて三番手、四番手のニュースになってしまいました。

なんだかグチっぽい文章になりました。しかし、人の命がもっとも大事にされなければならないはずなのに、昨今の相次ぐ事件はとても命が軽々しく扱われている気がしてなりません。【ゆめ・風基金】は、人間の能力では防ぎ切れない自然災害の被害が対象です。どうしようもないこと、それでも命を支え合いたい。だからエネルギーが湧いてくるのだ、と思っています。

©ゆめ風基金