ゆめ風基金

特定非営利活動法人 ゆめ風基金

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-13-43-106

TEL:06-6324-7702
FAX:06-6321-5662

MAIL:yumekaze@nifty.com

障害者救援活動にご協力ください

障害者救援金
送り先
郵便振替口座
00980-7-40043
ゆめかぜ基金
その他の振込方法

ゆめごよみ風だより

No.182002年2月15日発行

日頃は「個性的」をめざす。
でも非常時は「障害者」になるんですよね。

代表理事 牧口一二

阪神・淡路大震災から7年、復興はどの程度まで進んだでしょうか。三宮などの繁華街では7年前が信じられないほどの賑わいを取り戻しています。これはもともと人間がもっている「たくましさ」「したたかさ」そして「やさしさ」の表われかもしれません。しかし、年を重ねるにつれて障害者の支援活動から見えてきたものがあります。それは社会的強者と弱者の間に生じる復興の格差です。一歩足を路地に踏み入れたとき、まだ震災の傷跡は生々しく残っています。また、人口が元の半分ぐらいの地域もある、と聞いています。元に戻す「復旧」だけでは足りない。以前よりよりよくなってこそ「復興」なのだ、と考えてきた私たちの思いからはまだまだの感がします。

とくに障害者の観点からは「非常時にはよわい」を痛感した大震災でした。世の中全体が大混乱したとき、障害者は後回しとなり不利な状況になってしまいます。それが常日頃から備えておこうと【ゆめ・風基金】の呼びかけになりました。一方で「非日常にはつよい」ことも立証しました。皮肉なことに障害者の毎日の暮らしはまだまだ非日常だったわけで、日頃から「助け合いのネットワーク」を持っていて、地域を助けるという思いがけない働きになりました。これが【ゆめ・風基金】運動の原動力です。

非常時と非日常、自分で書きながらウ〜ンという感じです。「ゆとり」の差でしょうか。とにかく障害者は非常時によわいです。震災当時まだ松葉づえで行動していた私は、ふだんの生活では「障害は個性だ、クセだ」と思い、ヤリクリつけての個性的な暮らしを楽しんでいたのですが、ささいな例ですが、長距離列車では席を譲ってもらうのが忍びなく指定席券を購入する身(ちょっとした極私的美学)。ところが事故で列車が長時間不通になると指定券はホゴ、復旧した列車はすべて自由席となって席の奪い合いがはじまります。身の危険を感じて落ち着くのを待っていると以後の臨時バスへの乗換え、別の電車の手配など、すべての行程が後回しになっていくのです。まぁゆっくりマイペースで生きればいいのですが(非日常)、社会生活を営んでいる以上そうはいかない時もある(非常時)わけで、こんなときは「障害者」を強烈に意識してしまいます。最大の非常時は戦争ということです。

さて、星条旗一色だったアメリカ社会は少し冷静になってきたのでしょうか。人権意識では、はるかに懐が深い(障害者問題など)と思っていたアメリカ、このところの動向は信じられないものでした。ナショナリズムも両刃の剣、とても怖い側面を教えてくれた今回の事件でした。アフガニスタンの障害者たちはどうしているんでしょうか。地雷などで障害者は他の国より多いはず。たいへん気がかりです。自然災害が対象の【ゆめ・風基金】は戸惑っています。アフガンの障害者たちに確かに手渡せるか、も課題です。ぜひ、ご意見をお寄せください。

前号の私の『「テロ」はいけません。戦争はもっといけません』には、「無責任」「誰でも言えること」という批判をいただきました。確かに解決策をもたないまま批判のみをするのはよくありません。しかし、解決の術が思いつかなくても「嫌なものは嫌なのだ」、それだけでも声を発して、お力を借りようと思いました。人為災害は自然災害に比べて防ぐ可能性がはるかに大きいのですから。

©ゆめ風基金